長時間マスクをしてると、首と肩と、特に上半身での不調を感じやすくなります。

コバヤシヒロタ
young man wearing face medical mask pointing to himself with finger looking at camera on white isolated background

11月になったと思ったら、日本上空に強い寒気が流れ込んできて…

このまま一気に冬モードに突入する感じでしょうか?!

緩やかに寒くなるのもアレですけど、急に寒くなるとからだがついて行けなくて、色々不調を感じる方も多いのではないでしょうか。

特に、今年は新型コロナの影響もあって年中「マスク」を着用しているので

そのことから頭が前方へ傾き、肩首周辺の不調を感じる方も多いようです。

からだの中心からズレてくると、少しずつ違和感を感じるのが私たちのからだに備わっている機能です。

恒常性(ホメオスタシス)を維持するために、アラームを鳴らす感じ

というと少しは伝わりやすいでしょうか。

それを誤報ととるか、その時に対応するかで結果は大きく変わってきます。

当然ですよね。

正常だったら、痛みも違和感も不調もなくて良いんですから…

 

マスク…

 

マスク自体は悪くないんですけど、マスクをつけていない時と比べると

 

つけてる時の方が、肩首に対してのストレスは圧倒的に高いんですよね。

 

マスクをつけて、感染予防のリスクを回避しているのと同じ分だけ、マスクをつけてからだにかかっている負荷を軽減させるアクション(セルフケア)をやってあげられると良いですね。

 

 

からだがぐにゃっとマスクに引っ張られて丸まらないようイメージをしてくださいね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました