「 投稿者アーカイブ:bodywise 」 一覧

私たちのからだに欠かせない “水”

からだはバランスを取り戻すと本来の機能を取り戻す これは薄い膜の中には水が入っているだけのトマトの形状をしたおもちゃです。 もし外側にある膜が緊張して伸びきらない状態であれば、衝撃を全て伝えることはで …

からだに不調をきたす原因は…

からだに不必要な力を入れることでインバランスが崩れる 私たちは体重を地面に伝えて暮らしています。 地面は伝えられた力と同じだけ反発した力を伝えています。 物理ではこれを引力と斥力と呼びます。 二つの物 …

基本となるのは姿勢、そして立つ歩く座る動作が楽に行えるかどうか。

そのトレーニング、本当に必要ですか? 私自身、トレーナーという立場ですが、子どもの成長を見ていると 「本当にトレーニングは必要なのだろうか?」という考えになります。 だって彼らは何のトレーニングもせず …

エクササイズをするときに陥りやすいこと

いちばん大切なのは”基礎” クライアントから「どのタイミングで上級のレッスンを受ければいいか?」という相談を受けました。 ヨガやピラティス、エアロビクスなど色々なエクササイズが …

土佐清水市での健康運動教室

昨年に引き続き、今年も土佐清水市で運動教室をさせていただくことになりました。 対象になるのは、検診での結果が芳しくなかった方で国保の加入者です。 対象者は限定されてしまいますが、ご自身のからだと健康に …

からだの持つちから:病むことは力

麻疹のパンデミックが言われる中で思うこと からだが持つ回復力について書きましたが、からだには生命を維持するためのホメオスタシス(恒常性)が備わっています。 ホメオスタシスとは、生物(および鉱物において …

からだの持つちから

【レジリエンシー : 回復力】 からだは約60%の水分を細胞の内外に蓄えています。 瑞々しいからだは弾力を持つことで復元性を保ちます。 動きがなくなると水分の循環が滞り、鮮度が落ちます。 からだに力を …

四万十市 親子スポーツ健康教室

子育て世代向け “親子スポーツ健康教室” 四万十市教育委員会 主催の “親子スポーツ健康教室” で保護者の方を対象とした運動指導をさせていただくことにな …

開脚ができるようになって思うこと

それは私たちは自分のからだについて何も知らないということ。 開脚をするのに必要なことは、柔軟性であることは間違いありません。 しかし、その柔軟性はどのように習得できるかはあまり考えられていない気がしま …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page