からだの話:骨盤と呼吸

からだは連動する

骨盤と呼吸が深い関わりを持っているってどれだけの人が思っているでしょうか。

 

呼吸をサポートしているのは呼吸循環器なのに、骨盤が関わってくるなんて…

 

だけど、どう考えても骨盤と呼吸には深い関わりがあるんです。

骨盤と骨盤底筋群

全体としてのシステムとして機能する

例えば、こうしたイメージがあるとわかりやすいと思うのですが、呼吸によって横隔膜が上下することで、骨盤へも影響を与えます。

呼吸に関わる内部空間の変化 pintarestより引用

呼吸によって私たちは、体内に変化が生じます。

 

お風呂に入っているとき、深呼吸をすると浴槽からお湯が溢れますよね?

 

呼吸によって体積に変化が生まれています。

 

水圧によってからだは潰れそうになっているのに、呼吸によって楽々と形状を変え、環境に変化を及ぼすのです。

 

呼吸によってお湯が溢れるのは、呼吸循環器系だけの変化でしょうか?

 

お湯が溢れるとき、胸から上だけのお湯が溢れるのでしょうか?

 

浴槽全体の変化があり、結果としてお湯が溢れたのではないでしょうか。

同じように、からだも胸のスペースだけではなく、からだ全体での変化があったと考えることができます。

 

全体で機能したときの個別の働きはどうなっているのか

 

呼吸をしている時の呼吸器系の動きというのは、なんとなくイメージがつきますが、骨盤はどのように機能しているのでしょうか。

 

そもそも横隔膜が動くのですから、対角にある骨盤底筋群が動くのは当然です。

 

骨盤に付着している筋肉が動くわけですから、骨盤自体も動くということになります。

骨盤は3つの骨から構成されていて、筋肉や靭帯などの結合組織によって連結され、上肢と下肢に力を振り分けるからだの中心の名称ですから、骨盤を構成するそれぞれの骨の機能は互いに異なるのです。

 

全体がシステムとして機能するのであれば、個としての機能がアップデートされると、全体のシステムも同じようにアップグレードするわけです。

 

からだへの本質的な理解を深める

ワークショップでは、「骨盤が歪んでいると…」というような、テレビや雑誌で取り上げている話ではなく、自分のからだのことをもっと知りたいと思う話をしていきます。

ここでしか聞くことのできない、ここでしか体験できない、唯一無二な経験です。

 

骨盤について、それを構成する「腸骨」「恥骨」「坐骨」それぞれの役割と働き、それらがどのように連動してどのようなシステムとして機能しているか、それによってからだがどう変化するか興味がある方は、からだの話に参加してみてくださいね!

 

 

 

新しいシーズンが始まりました!

グループエクササイズとワークショップ

2019年、BODYWISEでは新たにグループエクササイズを始め、今週がその始まりの週でした。

スタジオをオープンしたころから、グループエクササイズはやってないの?とは聞かれていましたが

 

自分自身が納得のいくクオリティを考えていたので、ずいぶんと時間がかかってしまいました。

 

でも時間がかかった分、自信を持っておすすめできるグループエクササイズになっています。

 

金曜日の夜のクラスはすぐに定員に達してしまったのですが、時間の設定が難しいですね。

 

平日の昼間は参加できる方が限られてしまいますし、日曜日の午前中は休みが潰れるからか敬遠されがちに思えます。

それでも「参加したかった」という声をいただくので、新たに4月スタートのクラスを新設しようかと考えています。

 

グループエクササイズは1年かけて、からだを1歳以上若返らせるをコンセプトにしています。

 

ゆっくりじっくり、自分の習慣から、暮らしを作り変えるエクササイズです。

 

よく知られているヨガやピラティスが、型に合わせてからだを動かすエクササイズだとすれば、

 

自分のからだを通して感じたこと経験したことを具体的な形に変えていくためのエクササイズというとわかりやすいのかもしれません。

 

一人一人、からだも暮らしも異なりますから、みんなと一緒というのはちょっと違うような気がするという方には喜ばれると思っています。

 

何がどう違うの??

グループエクササイズが「からだのがっこう」でワークショップが「からだの話」なので、どう違うの??ということを聞かれるのですが

グループエクササイズは、エクササイズがメインとなり、からだを動かしながらからだの変化を感じながら、少しずつ知識をつけていくことを想定しています。

 

ワークショップでは、どういったメカニズムでからだが動いているか、動きを科学すること、理解することがメインになり、からだを動かす機会は少なくなります。

 

例えば、グループエクササイズで使うものはトレーニングツールですが、ワークショップで使うものは文献であったり骨格標本だったりします。

 

どちらも動くことには変わりはないのですが、グループエクササイズでは実践的なことを、ワークショップではその裏付けを学ぶと考えてもらえるとわかりやすいのではないでしょうか。

 

ちなみにワークショップのテーマは「骨盤と呼吸」というものでした。

 

骨盤と呼吸の話についてはまた後日改めてエントリーを書きたいと思いますが、

 

からだのことについて3時間じっくり話を聞いてみたいという方は、ぜひワークショップにご参加ください。

「脳」をアップデートすれば1分でからだは変わる

からだが変わるのは一瞬です

からだを大きくしたい!絞りたい!など

 

物理的にどうにかしたい場合、変化はなかなか訪れませんが

 

からだを動かすこと、機能的なことに関して言えば、変化は一瞬で起こりえます。

 

なぜなら筋肉と骨格を動かしているのは、脳-神経系だからです。

難しい漢字でも、覚えるときは一瞬ですよね??

 

初めて通る道でも、帰り道で迷うことなく帰ることができますよね??

 

意識して動かす以上に、感覚から入ってくる情報にからだは支配されていますし。

 

それらを脳は休むことなく処理をし続けて、恒常性を保とうとします。

 

寒いと動きが鈍くなり、暖かいと動きが緩慢になる。

 

これも温度がからだに与える影響です。

 

感覚的なことがからだに与える影響を理解すると、いろいろなことへの理解が深まります。

 

例えそれが本当に理解できていなくても、からだは反応するのです。

 

これは僕のオリジナルアプローチ、三半規管のワークと呼んでいます。

 

ただ筋肉を動かすのじゃなく、脳-神経をハックすることでからだの動きを変える。

 

からだのがっこう@くろしお健康エクササイズクラブ、元気なシニアが集まる運動教室の1年後が楽しみです。

骨盤を締めようとすることで生じる悪循環、おなかはポッコリ膨らんでたい!

腰が痛むのは、骨盤が歪んでるからだ。

きっと骨盤が緩んでるから、歪んでしまったに違いない!

 

そうして、せっせと骨盤を締めるためにあれこれエクササイズをしていませんか?

 

残念ですが、いくら骨盤を締めても腰痛は根本的に良くなりませんし、歪みも治りません。

 

そもそも骨盤を締めるためには、骨盤の底にある筋肉(骨盤底筋)が動かないと締まりませんし

 

骨盤の底を締めようとしても、骨盤の上部は開いてしまいます。

これは骨盤の底にある筋肉を上から眺めた図になります。

 

骨盤は、複数の骨が集まって、すり鉢型をしていますが、すり鉢型の底がぎゅーっと締まっていくと…

 

すり鉢の上の方は逆に開いていってしまいます。

 

もし、骨盤がドラム缶のような円柱状のような形だったとしても同じことです。

 

なぜなら、骨盤は内臓にとってのハンモックのようなものなので、しっかりと重さが伝わった方が “すり鉢状” の骨盤は閉じようとするからです。

 

骨盤の底(骨盤底筋群)に内臓の重さがしっかりと伝わった時、骨盤底筋群はその重みで伸ばされます

 

そもそも、歪みって骨盤だけで起きているのでしょうか

多くの人が、骨盤の歪みを気にするのが不思議でならないのですが

 

骨盤だけが歪むと思っている人は、足が地面についていないのでしょうか。

 

私たちだけでなく、地上で暮らす全てのものには1Gという重力が加わっていて、重さが上から下へと伝わります。

 

そして重さが下に伝わったと同時に、反発する力(斥力)がからだを上がっていきます。

 

地面にボールを叩きつけたら、ボールはぽーんと跳ね返りますよね?

 

そもそも骨盤が歪むのなら、当然その終わりの足も歪んでないといけないわけですが、多くの方は骨盤が歪んでいると言われると思考が止まってしまうようです。

骨盤が歪んでいるなら、また接地している足も歪んでいるはずで、むしろ足が正しく地面を捉えることができていないから、骨盤が、そして背骨が、そして肩や首が歪んでしまうのです。

 

足がしっかり地面を捉えることができていないのに、骨盤をギュウギュウに締めてしまえば、股関節は可動域を失い、足はさらに不安定な状態になってしまうわけです。

 

基礎が傾いた家が傾くように、不安定な足元ではからだが安定することは難しくなるので、一層骨盤を締めてしまうわけです。

 

考え方を変えてみましょう!

 

一般的に骨盤を締めるということは、左右2本ある足(軸)を1本になるかならないかぐらいに締めるという行為をさします。

 

昔、学校で習った「気をつけ」の姿勢です。

 

脚の(骨格的な)始まりは股関節ですから、骨盤を締めるという行為で2本ある軸を1本にし、そして不安定になるのです。

股関節は球面で骨盤と接していて、たくさんの筋肉がここを経由してからだを動かしていましたから

 

骨盤を締めるという行為は、からだ安定させるという本来の目的からは大きくズレてしまっています。

 

また骨盤を締めることで、からだの内側にある内臓は重さの伝える先を失ってしまい、宙ぶらりんになって不安定な重心をさらに不安定なものにしてしまうのです。

子どものおなかはポッコリと膨らんでいます。

 

犬や猫、クジラやイルカ、鳥やカエルなどの生き物のお腹もポッコリと膨らんでいます。

からだの内側の重さがしっかりと伝わることで、内側にスペースが生まれ、動きが大きくなるのに、自分からそのスペースを潰してしまっているのはなんとも勿体無い話ではないでしょうか。

きれいに開脚をするためにも、股関節に力を入れてお尻を締めるということはできれば避けたいものですね。

 

お尻はギュッとしているより、ぷりんっとしてた方がかんたんに開脚ができる。

開脚をするということは、股関節を動かすということです。

そのために、股関節の構造について触れていきましたが、股関節の構造についてはなんとなくイメージできるようになったでしょうか。

 

では股関節に対して直接影響を与える筋肉はどんなものがあるのでしょうか

 

まずは大腰筋、背骨からぐーっと骨盤を撫でるように下へと下がり股関節にひっついています。

ついで腸骨筋、これは太く短い筋肉が骨盤の内側から始まって股関節へ。

 これらの筋肉を合わせて「腸腰筋」と呼んだりするのですが、聞いたことはあるでしょうか。

 

余談ですが、テレビや雑誌で筋肉の名前を目にしたり、耳にすることもあると思うのですが、それがどこから始まってどこに続いているのか知らなければ、知識としてはあまり役に立ちません。

東京スカイツリー、エッフェル塔、ピサの斜塔、なまえを聞いたことはあるけど、どうやったらそこへ辿り着けるか知らなければ、その場所へは行くことができないのと似ています。

 

股関節に影響する筋肉はこれだけではありません。

中臀筋と小臀筋、これらは骨盤と股関節を外側で繋いで安定させています。

内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋、大腿方形筋、梨状筋、おそらくここで名前を見ることがなければ一生知ることのないであろう筋肉たちは、骨盤の内側(深部)で股関節と繋がっています。

そして外側広筋、これは股関節と膝を繋いでいます。

 

背骨から始まり、膝まで、10の筋肉が股関節に直接的に影響を与えているということがわかりました。

 

左右を合わせると20になります。手足の指を合わせて20本ですから、それらを同時に動かすのと同じようなもの、20もの筋肉をそれぞれ意識して動かすなんて無理ですよね。

 

手足の指ならまだしも、名前も知らない、場所も知らない、あることすら知らない、動かし方も知らない筋肉を左右合わせて20もなんて無理に決まってます。

 

でも今回1つわかったことがあるのではないでしょうか。

 

股関節は、背骨から膝まで影響を与える大きな関節だということ。

 

大きな力を生み出すことのできる股関節ですが、膝や足首とちがって、関節が球体の動きをします。

 

関節が球面であるということは、安定性を得るためには複数の方向からの支えが必要になるということです。

 

複数の方向というのは、球体へと力を伝える可能性のある全方位のことになるので、日ごろ脚を決まった方向、決まった方法でしか動かさない人は、股関節の安定性が悪いということが言えます。

 

え、そんなことないよ!と思うかもしれませんが、安定というのは、固定と違うのです。

 

安定というのは、いつでも球面にかかった力をどこにでも受け流せる状態のことをいいます。

 

一方で、固定というのは、球面にかかった力を一定の方向にしか受け流せない状態のことをいいます。

 

お尻をキュッと縮めていると、縮んだ筋肉によって力の伝わり方を止めてしまうのが想像できます。

 

股関節は、背骨から膝まで影響を与える大きな関節だからこそ、

特的の筋肉を緊張させることなく、全ての筋肉がリラックスした状態で、

つまり、立ったばかりの子どものようにお尻がプリンとした状態でいたいのです。

開脚ができるようになるためには…

これまでに、開脚ができた方がいい理由を上げていきました。

 

開脚ができた方が、いろいろと良いことはありそうだけれども、なかなかできないのが開脚。

 

太ももの裏側だったり、内腿だったりがピーーンと引っ張られて、やる気はあるのに痛すぎて挫折してしまう。。。

 

わかるわかる、わかります。

わかるけれど、それはやり方が間違ってるんです。

 

自分自身、若いころは開脚ができるようになるなんて思いませんでしたし、

 

からだも固くて、それこそ開脚なんてできなくても何も変わらないぐらいに思ってました。

 

今思えば、そんなことだから椎間板ヘルニアで医師から最終宣告を受けることになったわけですが

 

替えの効かないからだのことを思って、真剣にからだと向き合い、試行錯誤を繰り返し、やっとの事で開脚ができるようになりました。

コントロールができなくて、最後めちゃくちゃびっくりしてますが、これが初めて股関節がぐりん!!となった瞬間です。

 

感の良い方はわかったかもしれませんね、そう!開脚というと、脚を広げる印象がありますが、

 

動かしているのは股関節です

 

つまり、開脚をするには股関節の構造を知ることが大切になるのです。

 

努力しなくても開脚ができる場合、股関節の動かし方が上手いということなんでしょうね。

 

では股関節がどのようになっているかを見ていきましょう。

骨盤に、太ももの骨(大腿骨)がしっかりとはまってますよね!

 

これが股関節(Hip Joint)です。

 

まっすぐはまっているのではなく、最後の方がグッと曲がっています。

 

下から突き上げるように骨盤と接点を持つのではなく、少し緩やかな角度をつけて結合してるのは

この骨盤と接しているドーム状の部分へ均等に力を伝えることができるようになるためなんですね。

 

ということは「脚が骨盤からまっすぐに伸びている」と考えていたら、しっかりと股関節を動かすことができていないということになりますから、開脚をするのは難しくなるかもしれません。

さらには大腿骨より下の部分の位置関係までが、変わってくることになるでしょう。

 

開脚をすることとはなんら関係がないように思えるかもしれませんが、このように解剖学的なことからは、からだの構造から動きを紐解くことができるヒントを得ることができるのです。

つまり、足から脚へと伝わってきた力は、きっちりと股関節へと伝わることで、股関節が回転することができるようになり、開脚をすることができるようになるということがわかります。

股関節を動かすということ、日常生活の中でできていますか??

 

開脚ができた方がいい理由とは

嬉しいですね!

今年、年始に書いた”開脚”についてのエントリーに反応が出てきました。

 

健康ブームですし、開脚本も結構売れているようですから、開脚できるようになりたい人は多いのかもしれませんね。

 

でも、開脚できるようになりたい動機って何なんでしょうか。

 

なんかかっこいいから??

 

なんとなく開脚できることに憧れているから??

 

開脚できた方がパフォーマンスが向上しそうだから??

 

理由は色々あっていいと思いますが「なんとなく…」という類の理由では、なんだかちょっともったいないかなと思います。

 

開脚ができるといい理由

一番の理由としては、からだを支えている下半身のコントロールができるようになることではないでしょうか。

二足歩行をしている私たちは、上半身と下半身のつながりが明確になることで安定感を得ることができます。

 

腰が痛くなるのは、腰部の筋肉をぎゅっと硬くしてしまうからに他なりません。

 

上下での力の受け渡しがスムースに行うためには、腰部〜臀部の筋肉を固くしてしまうことはマイナスです。

 

上層階に上がるために、中層階で必ず乗り換えないといけないエレベーターはあまり役に立ちませんよね。

 

筋肉は必ず「伸び縮み」できないと、その役割を果たせないので、腰部から臀部(骨盤周辺)を固めてしまうと本来の機能を発揮できないのです。

 

つまり、固めるだけではコントロールしているとは言えず、からだをうまく使えているとは言えないのです。

 

うまく使えていないということは、爆発的な力を発揮することも、安定させることもできていないということになります。

競走馬の世界では、臀部〜腰部にかけて(つまり後脚の付け根)がしっかりしている方が早く走れると言われています。

 

競走馬に限らず、私たちもアスリートをはじめ運動をする場合、脚がしっかりしている方がパフォーマンスがあがります。

 

こうした点からも、骨盤周辺を思い通りにコントロールできるようになるためには、開脚ができた方が良いということになります。

 

開脚をするために必要なことは…

からだを安定させ、爆発的な力を生みだすために開脚が有効なことはわかりました。

では開脚をするためには、どんなことが必要なのでしょうか。

グループレッスン からだのがっこう いよいよ来週から始まります!

1年かけてからだをアップデートするグループエクササイズ

 

からだのがっこう

 

金曜日のクラスは定員に達しましたので、これにて受付終了とさせていただきます。

木曜日と日曜日のクラスについては、受付を継続します。

 

からだのがっこうってなに?と思う方もいると思います。

 

「がっこう」という名が入っていることから想像できるように、からだのメカニズムなど「動き + 知識」を学び、1年間かけてからだを変えていくプログラムです。

あたまとからだで理解度を上げていくため、集中して2週連続でクラスを行い、

 

次回までの課題を持ち帰って自宅でも復習し、じぶんのからだに新たな習慣として定着させ、

 

新たなテーマへと移ります。

 

1月のテーマは「からだを整える」

 

2月は整えたからだの「関節可動域を広げる」ことを行い、12ヶ月経ったときには新たな自分になっています。

 

いくつになっても、からだは変化します。

 

それも変化は一瞬で。

その変化を持続させることができるかどうか、それを決めるのが「知識」なのです。

 

言われたことを、言われたときだけ再現できるのは当たりまえです。

 

言われたことを理解し、自分のからだにフィットさせるためには「知識」を含め理解する以外に方法はありません。

 

話半分、動き半分。

 

こんなことで変わるのか??とにわかには信じ難いかもしれませんが、変わります!!


不調のないからだになって、じぶんの人生を積極的に楽しみたい方へ

 

来たる2020年が、あなたが想像だにしない時間になりますように!!

 

からだのがっこうでお待ちしています。

産後、子育てで疲れたおかあさんのからだに効果のあるエクササイズ

子育てをしているおかあさんのからだのメンテナンス

黒潮町子育て支援センターで、おかあさんのためのコンディショニング教室を行いました。

 

子育てをしていると、授乳や抱っこで前かがみの姿勢が多くなります。

 

そのために背骨がぎゅっと丸くなり、肩と骨盤が前に引っ張られて傾いてしまうので、

 

腰や肩の不調を感じるようになります。

 

背骨に対して垂直な力(重力)を”正しく”感じて、姿勢を正すことができるように、

 

子育ての合間でできるコンディショニングを紹介しました。

ついつい、子どものことに意識が向いてしまって、じぶんのからだのことは後回しになってしまいがちではないでしょうか。

 

産後は特にホルモンに左右され、子どものことを優先してしまうのは仕方がないことなのかもしれませんが、じぶんのからだの不調をそのままにしておくと、その先の不調の原因を作ることにもなります。

 

子どもの成長を見守るためにも、女性として母親として、じぶんのからだのケアもしっかりしておきたいものです!

 

子育てや女性のからだのことを、男性の私が語るのもなんだか気後れするので、

 

興味がある方は、産婦人科医でスポーツドクターの高尾美穂先生のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか。

私も、昨年ワークショップに参加してお話を聞きましたが、興味深い内容に目からウロコがこぼれ落ちっぱなしでした。

 

このおかあさんのためのコンディショニング(子育て支援センターとしては”リラックス体操”と表現しています)は、来月もありますので、お誘い合わせのうえご参加ください。

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)