からだの歪みの正体とは…

からだの見方

もし「骨盤が歪んでる」と言われたとき、あるいは「骨盤が歪んでる」と思うとき

 

それは何に対して、どんな風に、歪んでいるか考えたことはありますか?

 

もし正面からだけを見て、歪んでると思ったのだとしたら、歪みを改善することができないばかりか、そのの原因を永遠に理解できないままかもしれません。

 

でも実際、私たちは目を使ってみることで違いを認識しているので、多くの場合、正面から見て右と左が違っているから「あぁ歪んでいる」と思うのではないでしょうか。

 

からだは本当に前から見るだけでいいのか?

からだの正面だけを見ると、その映像に映るものは2次元的なものです。

 

しかし、実際の私たちのからだは、奥行きがあって、前後が同じようにはできていません。

 

少なくとも前から見るなら、対角にある後ろ側も見ないといけませんし

 

奥行きが生まれるなら、横向きからもからだを捉えることができなければ、立体的な全体像はつかめません。

横は左右があり、少なくとも4方向からの視点によってからだを認識することで、初めて全体の歪みを捉えることができます。

 

もっというと、前後左右に加えて、上下が加わって初めて全体が把握できるということになります。

からだを固めていると…

からだの歪みとひとことに言いますが、からだが歪まないで居られることはあるのでしょうか?

例えば、歩く前にタンスの角で足の小指をぶつけてしまったら…

 

例えば、歩いているときに右側で大きな荷物を持つ習慣があったり…

 

関節をはじめとする、柔らかい結合組織はぎゅっと形を変えてしまいます。

 

文字通り、形を変えるということは、からだをいくらでも変化できるということなので、からだを固めるということは、形を変化させることを止めるということです。

このようにからだは立体的な形をしていて、力を前後左右上下に移動させることができるので

 

からだを固めるということ、特に筋肉を固めるということは重心の移動ができなくなるということになりますから

 

重心移動ができない動く物体は、動く(歩く)たびに、その反力がからだの中にひずみとして残ってしまうということが言えるのです。

 

つまり、それが「歪み」の正体です!

からだに力が加わり、行き場を失った力は、筋肉を縮め、骨と骨の距離を近づけ、その骨をあるべき場所から少し位置を変え、中心から末端へと伝わるのです。

 

からだの見方を2次元的に見ていたばかりに…

 

縮めなくていい箇所を縮めてしまい、緩んでいなくていい場所を緩めてしまっていたのです。

 

目は確かに大切な感覚器官だけですが、目からの情報だけで全てが正しく判断できるか…と言えば、必ずしもそうではないのです。

 

右腰が上がっている、左肩が下がっている、右脚が長い、左側に偏頭痛があるなどなど…

 

一見、なんの関連もなさそうなことも、からだを立体的に、全体で捉えることができると、その関連性がわかってきます。

 

自分の最期まで付き合っていくからだのこと、どれだけ知っていますか?どれだけケアができていますか?

からだの話:骨盤と呼吸

からだは連動する

骨盤と呼吸が深い関わりを持っているってどれだけの人が思っているでしょうか。

 

呼吸をサポートしているのは呼吸循環器なのに、骨盤が関わってくるなんて…

 

だけど、どう考えても骨盤と呼吸には深い関わりがあるんです。

骨盤と骨盤底筋群

全体としてのシステムとして機能する

例えば、こうしたイメージがあるとわかりやすいと思うのですが、呼吸によって横隔膜が上下することで、骨盤へも影響を与えます。

呼吸に関わる内部空間の変化 pintarestより引用

呼吸によって私たちは、体内に変化が生じます。

 

お風呂に入っているとき、深呼吸をすると浴槽からお湯が溢れますよね?

 

呼吸によって体積に変化が生まれています。

 

水圧によってからだは潰れそうになっているのに、呼吸によって楽々と形状を変え、環境に変化を及ぼすのです。

 

呼吸によってお湯が溢れるのは、呼吸循環器系だけの変化でしょうか?

 

お湯が溢れるとき、胸から上だけのお湯が溢れるのでしょうか?

 

浴槽全体の変化があり、結果としてお湯が溢れたのではないでしょうか。

同じように、からだも胸のスペースだけではなく、からだ全体での変化があったと考えることができます。

 

全体で機能したときの個別の働きはどうなっているのか

 

呼吸をしている時の呼吸器系の動きというのは、なんとなくイメージがつきますが、骨盤はどのように機能しているのでしょうか。

 

そもそも横隔膜が動くのですから、対角にある骨盤底筋群が動くのは当然です。

 

骨盤に付着している筋肉が動くわけですから、骨盤自体も動くということになります。

骨盤は3つの骨から構成されていて、筋肉や靭帯などの結合組織によって連結され、上肢と下肢に力を振り分けるからだの中心の名称ですから、骨盤を構成するそれぞれの骨の機能は互いに異なるのです。

 

全体がシステムとして機能するのであれば、個としての機能がアップデートされると、全体のシステムも同じようにアップグレードするわけです。

 

からだへの本質的な理解を深める

ワークショップでは、「骨盤が歪んでいると…」というような、テレビや雑誌で取り上げている話ではなく、自分のからだのことをもっと知りたいと思う話をしていきます。

ここでしか聞くことのできない、ここでしか体験できない、唯一無二な経験です。

 

骨盤について、それを構成する「腸骨」「恥骨」「坐骨」それぞれの役割と働き、それらがどのように連動してどのようなシステムとして機能しているか、それによってからだがどう変化するか興味がある方は、からだの話に参加してみてくださいね!

 

 

 

新しいシーズンが始まりました!

グループエクササイズとワークショップ

2019年、BODYWISEでは新たにグループエクササイズを始め、今週がその始まりの週でした。

スタジオをオープンしたころから、グループエクササイズはやってないの?とは聞かれていましたが

 

自分自身が納得のいくクオリティを考えていたので、ずいぶんと時間がかかってしまいました。

 

でも時間がかかった分、自信を持っておすすめできるグループエクササイズになっています。

 

金曜日の夜のクラスはすぐに定員に達してしまったのですが、時間の設定が難しいですね。

 

平日の昼間は参加できる方が限られてしまいますし、日曜日の午前中は休みが潰れるからか敬遠されがちに思えます。

それでも「参加したかった」という声をいただくので、新たに4月スタートのクラスを新設しようかと考えています。

 

グループエクササイズは1年かけて、からだを1歳以上若返らせるをコンセプトにしています。

 

ゆっくりじっくり、自分の習慣から、暮らしを作り変えるエクササイズです。

 

よく知られているヨガやピラティスが、型に合わせてからだを動かすエクササイズだとすれば、

 

自分のからだを通して感じたこと経験したことを具体的な形に変えていくためのエクササイズというとわかりやすいのかもしれません。

 

一人一人、からだも暮らしも異なりますから、みんなと一緒というのはちょっと違うような気がするという方には喜ばれると思っています。

 

何がどう違うの??

グループエクササイズが「からだのがっこう」でワークショップが「からだの話」なので、どう違うの??ということを聞かれるのですが

グループエクササイズは、エクササイズがメインとなり、からだを動かしながらからだの変化を感じながら、少しずつ知識をつけていくことを想定しています。

 

ワークショップでは、どういったメカニズムでからだが動いているか、動きを科学すること、理解することがメインになり、からだを動かす機会は少なくなります。

 

例えば、グループエクササイズで使うものはトレーニングツールですが、ワークショップで使うものは文献であったり骨格標本だったりします。

 

どちらも動くことには変わりはないのですが、グループエクササイズでは実践的なことを、ワークショップではその裏付けを学ぶと考えてもらえるとわかりやすいのではないでしょうか。

 

ちなみにワークショップのテーマは「骨盤と呼吸」というものでした。

 

骨盤と呼吸の話についてはまた後日改めてエントリーを書きたいと思いますが、

 

からだのことについて3時間じっくり話を聞いてみたいという方は、ぜひワークショップにご参加ください。

グループレッスン からだのがっこう いよいよ来週から始まります!

1年かけてからだをアップデートするグループエクササイズ

 

からだのがっこう

 

金曜日のクラスは定員に達しましたので、これにて受付終了とさせていただきます。

木曜日と日曜日のクラスについては、受付を継続します。

 

からだのがっこうってなに?と思う方もいると思います。

 

「がっこう」という名が入っていることから想像できるように、からだのメカニズムなど「動き + 知識」を学び、1年間かけてからだを変えていくプログラムです。

あたまとからだで理解度を上げていくため、集中して2週連続でクラスを行い、

 

次回までの課題を持ち帰って自宅でも復習し、じぶんのからだに新たな習慣として定着させ、

 

新たなテーマへと移ります。

 

1月のテーマは「からだを整える」

 

2月は整えたからだの「関節可動域を広げる」ことを行い、12ヶ月経ったときには新たな自分になっています。

 

いくつになっても、からだは変化します。

 

それも変化は一瞬で。

その変化を持続させることができるかどうか、それを決めるのが「知識」なのです。

 

言われたことを、言われたときだけ再現できるのは当たりまえです。

 

言われたことを理解し、自分のからだにフィットさせるためには「知識」を含め理解する以外に方法はありません。

 

話半分、動き半分。

 

こんなことで変わるのか??とにわかには信じ難いかもしれませんが、変わります!!


不調のないからだになって、じぶんの人生を積極的に楽しみたい方へ

 

来たる2020年が、あなたが想像だにしない時間になりますように!!

 

からだのがっこうでお待ちしています。

産後、子育てで疲れたおかあさんのからだに効果のあるエクササイズ

子育てをしているおかあさんのからだのメンテナンス

黒潮町子育て支援センターで、おかあさんのためのコンディショニング教室を行いました。

 

子育てをしていると、授乳や抱っこで前かがみの姿勢が多くなります。

 

そのために背骨がぎゅっと丸くなり、肩と骨盤が前に引っ張られて傾いてしまうので、

 

腰や肩の不調を感じるようになります。

 

背骨に対して垂直な力(重力)を”正しく”感じて、姿勢を正すことができるように、

 

子育ての合間でできるコンディショニングを紹介しました。

ついつい、子どものことに意識が向いてしまって、じぶんのからだのことは後回しになってしまいがちではないでしょうか。

 

産後は特にホルモンに左右され、子どものことを優先してしまうのは仕方がないことなのかもしれませんが、じぶんのからだの不調をそのままにしておくと、その先の不調の原因を作ることにもなります。

 

子どもの成長を見守るためにも、女性として母親として、じぶんのからだのケアもしっかりしておきたいものです!

 

子育てや女性のからだのことを、男性の私が語るのもなんだか気後れするので、

 

興味がある方は、産婦人科医でスポーツドクターの高尾美穂先生のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか。

私も、昨年ワークショップに参加してお話を聞きましたが、興味深い内容に目からウロコがこぼれ落ちっぱなしでした。

 

このおかあさんのためのコンディショニング(子育て支援センターとしては”リラックス体操”と表現しています)は、来月もありますので、お誘い合わせのうえご参加ください。

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)

からだのがっこう、お申し込みはお早めに!!

お申し込みはお早めに

今月から始まるBODYWISEのグループエクササイズ “からだのがっこう”

 

どんなことをやるのか気にしている方もいると思いますが、どんなことをやるのか動きを言葉にして具体的に説明するのは難しいのです。

 

正しい動きを学ぶことで、からだの調子が良くなる

 

この言葉にピン!!と来たら、参加してもらって損はさせません。

特に、オススメ(RECOMMENDED)に当てはまる方や、これまでいろんなトレーニングをしてきたけれど、成果を感じていないという方には、満足していただけると思います。

 

逆にあまりオススメしないのは、痩せるのが目的という方。

 

痩せるとか痩せないじゃなく、見ている方向が違うので、満足していただけないと思います。

 

とは言っても参加をお断りすることもありません。

 

このグループエクササイズのクラスは1年間という時間をかけて、じぶんのからだを育てることが目的です。

グループエクササイズの時間だけで完結するのではなく、じぶんの生活に落とし込むことで、より変化を確実なものにしていきます。

 

お申し込み状況  (2019/1/08 時点)

金曜日のクラスが、残り1枠、木曜日のクラスは残り3枠、日曜日は5枠となっています。

 

特に金曜日のクラスで参加を考えていた方はお早めにお申し込みください。

 

 

子育てをしているおかあさんのためのボディワーク

妻が出産をしてわかったことですが、、、

 

子育てって大変です。

 

もちろん、サポートによって環境は大きく変わるとは思いますが

 

産後すぐから数時間おきの授乳に始まり、これまではお腹の中にいた子どもを両腕で抱っこしたり(ぐにゃぐにゃで3000グラムほどの重さを全て預けてくる)

 

睡眠不足やら、肉体疲労やら、、、ほんと大変です。

 

男性にはなかなか理解できないことかもしれませんが、ほんと大変です。(←現在進行形)

もちろん、掛け替えのない時間を過ごすことができて、素晴らしい経験もできるのですが

 

孤育てなんていう言葉もあるように、周りからのサポートがないとさらに大変さが増します。

 

なかでも妻を見ていて思うのは、姿勢の変化からくる、体調(からだ)の変化です。

 

うつむきながら授乳をして、子どもを抱っこをするということが約1年続くので、背中(特に胸のあたりから)が丸くなるのです

 

シュッとした姿勢が、こんな感じになるわけです。

さいわい、腰痛にはなっていませんが、からだがしんどいことには変わりありません。

 

これまであった一人の時間も減り、からだを動かすことが時間的にも、体力的にも、精神的にも難しくなるようで、からだのサポートは欠かせないなと思います。

 

妻をサポートしながら得た経験を、同じような子育て世代のおかあさんたちとシェアできたらと思って

 

昨年、一昨年と黒潮町子育て支援センターと四万十市教育委員会から依頼を受けて「子育てをしているお母さんたちを対象にした運動教室を」という話を受けて、運動教室を行いましたが

今年も黒潮町で子育てをしているお母さんのためのコンディショニング教室を行います。

 

ご都合がつくようでしたら、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

参加費は “無料”で、日程は以下のようになっています。

 

1月10日(木)10:00〜11:00

@黒潮町子育て支援センター

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)

 

 

 

 

世界を変える、からだのがっこう始めます

動きの基礎を学ぶ

この1月から始まる「からだのがっこう」では、機能解剖学に基づいた動きの基礎を学びます。

 

ただ教えられたことをするのではなく、からだ(の不調)と向き合いながら、主体的に考えて動きの基礎を身につけることを目的としています。

 

私たちは、身長も体重も、生活様式も違うし、傷病歴や不調を感じる時もすべてが異なるのに、腹筋と背筋、あるいはスクワットをしてそれらが良くなるか…考えてみると解ると思うんですが、

 

全ての人が同じことをやって、同じような結果が出ることはありません。

 

まして、自分以外の誰かが、自分のからだを良くしてくれるなんてこともありません。

なので、いつ、何回などと運動のタイミングを決めてもらおうなんて思わないでください。

 

じぶんと向き合いながら、生活の中でからだにとって良くないことは積極的に変えていくことが必要ですし、

全て、自分のからだを通して、感じたことに対して、自分でリアクションできるようになりたいのです。

 

不快に感じることは止める、快適になるためにはどうすれば良いか考える・

ストイックに取り組める人もいれば、ゆっくりと確認しながらスローペースで行いたい人もいるでしょう。

それらが個人個人のからだの特性となって、日ごろの暮らしを作りますし、非日常なときにも影響をします。

 

からだの動きは、その人の思考を変え、暮らしを変え、世界をも変えます

 

しっかりじっくり時間をかけて、からだについて、動きについての基本を学んで、

今より自由なからだを手に入れてみませんか。

 

気がつけばもう大晦日!!

ゆく年、来る年 12月になったのは、ついこの間だった気がするけれど   バタバタとクリスマスがやって来て、あっという間に年の瀬に。   今年はどんな1年でしたか?   良いことも、良くないこ …