筋トレってなんなんだ??

筋トレって何なんでしょうね

昔からEMS(低周波)を使って腹筋を鍛えると宣伝しているベルトがありますが、意味はあるんでしょうか。

電気でビクビクさせて筋肉が鍛えられるなら、全身につけたらいいわけですし

 

EMSを使うような接骨院では、その部位の筋肉が鍛えられるようになるはずです。

 

そんなんだったらジムで筋トレするのなんてバカバカしくなります。

 

好きなものを好きなだけ食べて、家で空いた時間に全身にEMSを貼り付けておけばOKなんですから。

 

歳をとって体を動かすのが難しくなっても、EMSをつければいつしか走れるように…

 

そんな甘くはありませんよ。

 

そもそも電気信号がないと動かないような筋肉なんて、筋肉じゃありません。

 

まぁほとんどの人はそんなものに惑わされることはないでしょうけど、ほぼ意味はないでしょう。

 

 

やっぱ筋トレはどれだけ重いものを持ち上げられるかどうか

トレーニングは重量物を使って、筋肉をイジメ抜いてイジメ抜いてイジメ抜いた結果、筋肉が引き締まって…

残念ですが、筋肉が引き締まった状態は、関節も閉まってしまいます。

 

関節が閉じてしまうと、重量物を持ち上げるためのテコ(関節可動域)が縮まってしまいますから、それも違うんじゃないでしょうか。

 

子どもは何もしなくてもドンドン成長しますし、幼少期にゴリッゴリに筋トレをして、そのあとプロテインを飲んでた方ってあなたの周りにいますか?

 

じゃあ筋トレって一体どういうことだ??

もっとシンプルでいいんじゃないでしょうか。

 

思ったとおりに体を動かすための筋肉と神経のつながりを良くする。

 

そのためには神経がからだの隅々まで電気信号を伝えるため、からだを緊張させることなくリラックスした状態でいる。

 

リラックスといっても崩れ落ちるほどのものでなく、どこからからだを押されても転ばないように足や手を出せるよう、状況に合わせて必要最低限の力で姿勢を保ち、

 

じぶんの思ったとおり、あるいは思うより先に反射反応ができるように、ニュートラルなポジションでいること、またその状態をずっと続けることだと思うんです。

 

筋トレ=筋肉を大きくするじゃないですからね。

 

もちろん、筋トレ=筋肉を引き締めるでもありません。

 

次に何が起こるかわからないのに、身構えていてもとっさに動くことはできませんから

 

とっさに動くことができるように適度にリラックスしておく必要があります。

 

どんな時でもからだを固めてしまってはダメなんですよ。

 

呼吸ですら固まって(止まって)しまうとダメなんです。

 

固いお肉は口にしたくないのに、じぶんのからだは固くしようとする不思議。

 

赤ちゃんを、動物を観察してください。

 

モチモチでぷるぷるで柔らかくないですか??

 

筋トレで目指すところは…

からだを色々な方向、方法で動かしながらじぶんの中心(ニュートラルポジション)を探り

 

どんな状況でも、平常心でからだをコントロールして力を発揮することのできる体幹を手に入れる。

 

そんな風になりたいわけです。

 

見た目を良くするために筋トレをしたい人もいるでしょうから、それはそれでいいんですが、それが全てでもないし、それが健康というわけでもありません。

 

水圧と大気圧、からだの内側にも目を向けよう

7割が水分だという、私たちのからだは内側の圧力がかかることでプリッとするのです。

 

その7割にも及ぶ水分は動きがなければ、うまく循環しません。

 

つまり動きがなければ循環はしないし、循環しないからだは水分が均等に分布してくれなくなります。

 

動きが循環を作り出し、循環が柔らかくみずみずしいからだを作り上げ、柔らかくみずみずしいからだからは力強い動きが生まれるのです。

植物と同じように、私たちのからだも水を取り込んだり、排出したりしながら生命を維持しています。

 

難しいことやしんどいことでしか、からだを鍛えることができないのではなくて、

 

子どものころ日没を忘れて遊んだように、楽しみながらからだを動かすことでも

 

健康なからだ、思ったように動かせる機能的なからだを手に入れることができるということを知っておいて損はありません。

 

楽しくからだを動かしながら、今よりずっと機能的なからだに!!

 

そんな楽しみながらからだを変えたい方はこちらもオススメです◎

今年はパッカーンと開脚できるようになろう!

僕が開脚を推す理由

いちばん大きな理由は、一番使えていない場所だからです。

 

開脚をするのにコントロールをする箇所はどこかわかりますか?

 

そう!股関節、つまり Hip Joint です!!

私たち日本人が考えるヒップはお尻かもしれませんが、正しくは股関節です。

 

このようにヒップの位置を間違えていたり、股関節の形や動きを知らなかったりすると

 

動かそうとしても、動かすことができませんから、形状をしっかり覚えておいてくださいね!

 

開脚するのに必要なのは、股関節の動き

股関節周辺には、ざっと見渡しただけでもこれだけの筋肉が関わっています。

 

さらには、後ろ側にある臀筋群や、深層外旋六筋、骨盤底筋群なども加わるので、これらの筋肉群を感じながら動くというのはなかなか難しいのです。

 

上半身と下半身をつなぐ上でとても重要な場所だから、たくさんの筋肉が入り交じっているのですが

 

その重要な場所を動かすことができないってのは、問題だと思いませんか??

 

腕は自由に動かせるのに、、、

不思議なもので、私たちは手(腕)と脚といった風に考えます。

 

しかし、生まれてしばらくしてからは、前脚と後ろ脚を巧みに動かして移動していました。

 

前に進むときに、ほふく前進みたいに前脚(手)の力で引っ張っていましたか??

 

その当時の記憶がなくても、前後の4本の脚を上手に使ってどれが優位になるわけでもなく動かしていたはずです。

 

なのに、いつしか手先の器用さが上がった頃から、だんだんと脚のコントロールが苦手になっています。

 

腕と脚の骨格はほぼ同じ形状なのに、私たちが脚と呼んでいる部分の動きが劣っているなんて…

 

ちょっと運動能力としては退化していると言えるかもしれません。

 

苦手なことに取り組んでみてわかること

開脚するのって、なんだか痛そうで無理だと思いますよね。

 

我流でやればそれは痛みも感じるかもしれません。何より腕ほど動かせないんですから当然です。

 

脚を腕のように動かせるようになるには、長い歳月がかかるかもしれませんが

 

開脚というのは、股関節を滑らかに動かすことでできるようになります。

 

股関節というのは、後ろ脚の付け根のことを指し、多くの人が苦手なのはこの部分を動かすことです。

 

では、前脚の付け根、肩鎖関節または肩甲帯、はどうでしょうか。

 

なかには四十肩、五十肩で動かすのが苦手な方もいますが、股関節ほど苦手な方はいないはずです。

 

つまり、腕(前脚)を動かすように、動かしてあげることが、開脚をするためには大事になります。

前脚の骨盤にあたる肩甲骨は、腕の骨と繋がっていて、後脚の骨盤は、脚の骨と繋がっています。

 

からだのどこかに入っている力を抜いて、力を出すことで苦手を克服することができ

 

これまでどれほど不必要な力を入れていたかに気づくことができます。

 

気づこうと思えばすぐできたのに、ずっとできなかったこと、あるいは苦手だなという意識で避けてきたこと、これらを体験できると、もう前のように固まってしまうことができなくなります。

 

からだの調子を高く保つために

こちらは長い動画ですが、個人セッションに臨む前に開脚をしながらコンディションを整えているものです。

からだの中で一番使えていないということは、サイドブレーキを引いたまま車を運転するようなもの

 

その部分を多少でも感じることができるようになると、からだの中で大きな変化が生まれます。

 

1つは、後ろ脚でテコを使って力を楽に伝えられるようになること。

 

もう1つは、不安定な足場でも安定した状態を維持できるようになること。

 

そして腰痛や、肩こり、便秘などの不調がある方は、比較的短時間でその変化を感じることができます。

 

開脚ができるようになるということは、ただ単純が柔らかいというだけでなくて

 

からだの重さを自由に下へと伝えること、その逆で下からの力を上体へと伝えることです。

 

動きに一体感が生まれてくるので、動作は安定して、力強さが出てくるのです。

開脚をしてみたくなったらぜひ、思い出してくださいね!

 

また開脚についてはエントリーを書きたいと思います。それではまた。

 

からだの記憶を書き換える

1gでからだは変わる

はじめてピアスをつけた時、なんだか耳が引っ張られるなぁと思った経験はありませんか?

 

たかが数グラムでも、からだはその重さを感じて反応します。

 

だけど、それに慣れてしまうと、はじめに感じた反応(変化)を忘れてしまうのです。

 

忘れてしまうというより、からだが先回りして備えてしまうといった方が正しいかもしれませんね。

 

ピアスに限らず、髪の毛が肌に触れたり、足で小石を踏んだり、

 

ささいなことでもからだは “違い” を感じて反応します。

 

恒常性を求めるからだ

 

以前、からだの恒常性ということについてのエントリーを書きましたが

 

「違和感」というのは、からだの在るべきポジション、在るべき状態と比較して感じるものです。

 

その在るべき状態というのは、私たちが思う

 

腹筋が6つに割れているとか、モデルのように歩くとか、そんなことじゃないんですよね。

 

もっと本能的で、もともとからだに備わっている感覚なんです。

 

感覚は書き換えられる

学校に通うようになり「気をつけ」を習い、その姿勢が「まっすぐ」だと思うまで、正しく立てていたんですよね。

 

それが習慣的になり、いつしか「まっすぐ」というのが「気をつけ」にすり替わってしまい

 

そこからなし崩しに、からだが持っている身体感覚が書き換えられてしまったのです。

 

「気をつけ」の姿勢をとるとき、お尻にぎゅっと力が入ってしまいませんか?

 

そんなにお尻に力を入れて立っている生き物は、おそらく私たちだけではないでしょうか。

 

本当は1グラムの重さ、1ミリの厚みでも感じられる身体感覚を持ち合わせていたのに

 

いつしか「こうでなければならない」とか「こうありたい」という自分本位な考えから、本来「在るべき姿」から遠ざかって、その感覚を忘れてしまったのです。

 

忘れていた感覚を呼び起こす

しかし、頭では忘れてしまったものの、からだの感覚としては記憶の奥底では覚えているのが「本能」であり、備わっている身体感覚です。

 

私たちは、目に見えるものや存在感の大きいものには敏感に反応することができるのに

 

目に見えないものや、存在感の小さなもの(特に小さな数で表されるもの)はあまり敏感に反応することがありません。

 

しかし、その小さな存在や、目で捉えることができないものこそ、私たちのからだ(脳神経系)が無意識下で処理をしている重要な情報だったりするのです。

 

思考を変える

100キロの重さをあげることもすごいですが、1グラムの重さを正確に伝えることも同じようにすごいわけです。

 

ついつい100キロの重さをあげることができる筋肉に目がいってしまうかもしれませんが、

 

1グラムを感じることができなければ、同じように100キロの重さも感じることができないでしょう。

 

そもそも100キロの重さをあげる機会なんて、普通に暮らしていたらありませんけど、1グラムに表される小さなことができなければ、その先のことはできないのです。

 

トレーニングというとなんだか重い方がやった気にはなりますが、

 

(1グラムよりは大きな力ですが)輪ゴムが締める力を使って、無意識下にある身体感覚を呼び起こすことに挑戦してみてください。

1グラム、輪ゴムひとつで、からだは変わります。

 

自分のからだへの意識ひとつで、からだはどんどん快適なものに変化するのを感じてみてください。

 

赤ん坊がからだの自由度を獲得するように、その(忘れていた)感覚に慣れ、さらに磨きをかけて自分のものにしてください。

 

世界を変える、からだのがっこう始めます

動きの基礎を学ぶ

この1月から始まる「からだのがっこう」では、機能解剖学に基づいた動きの基礎を学びます。

 

ただ教えられたことをするのではなく、からだ(の不調)と向き合いながら、主体的に考えて動きの基礎を身につけることを目的としています。

 

私たちは、身長も体重も、生活様式も違うし、傷病歴や不調を感じる時もすべてが異なるのに、腹筋と背筋、あるいはスクワットをしてそれらが良くなるか…考えてみると解ると思うんですが、

 

全ての人が同じことをやって、同じような結果が出ることはありません。

 

まして、自分以外の誰かが、自分のからだを良くしてくれるなんてこともありません。

なので、いつ、何回などと運動のタイミングを決めてもらおうなんて思わないでください。

 

じぶんと向き合いながら、生活の中でからだにとって良くないことは積極的に変えていくことが必要ですし、

全て、自分のからだを通して、感じたことに対して、自分でリアクションできるようになりたいのです。

 

不快に感じることは止める、快適になるためにはどうすれば良いか考える・

ストイックに取り組める人もいれば、ゆっくりと確認しながらスローペースで行いたい人もいるでしょう。

それらが個人個人のからだの特性となって、日ごろの暮らしを作りますし、非日常なときにも影響をします。

 

からだの動きは、その人の思考を変え、暮らしを変え、世界をも変えます

 

しっかりじっくり時間をかけて、からだについて、動きについての基本を学んで、

今より自由なからだを手に入れてみませんか。

 

やってもらうだけじゃ何も変わらない。

からだを整えたからもう安心ですか?

からだは常に変化しています、いくらベッドに寝転がって誰かにからだを触ってもらっても、

 

ひとたび立って動き始めると、これまでの習慣で動くので、元に戻ってしまうのです。

 

だってそうじゃないですか?

 

自分以外の誰かに「これが正しい姿勢ですよ!」と言われて

 

「はいそうですか。意識してキープするようにします」なんてちょっと無理じゃないですか?

 

できませんよね。

 

そもそも正しい姿勢を意識できるなら、他人にからだを整えてもらう必要なんてないわけですし

 

仮にそれが電気を流すとか、揉むとか、そんなことで正しい姿勢になれるのなら…ねぇ

 

自分のからだを型にはめようとすることよりも、自分のからだに合った型を作る方が良いんじゃないでしょうか。

 

自転車の乗り方を学んだとき、お箸の持ち方を覚えたとき、違う言語を覚えたとき、野球やサッカーでボールに回転をかける方法を練習したとき、、

 

全部自分のからだで繰り返し繰り返し練習をして、時としてそれはしんどかったりもしたけれど、

 

そのことができるようになりたいからと、からだも頭も使って一所懸命に取り組みませんでしたか。

 

じぶんのからだは、じぶんで管理しないと!

 

管理という表現は好きではないですが、じぶんの体調を管理してくれるのがお医者さんだと思っている方はほぼいないのではないでしょうか。

 

まして近年は医学部の不正入試が話題になってますし、健康そうなお医者さんていないイメージですし…ねぇ

 

 

からだについて双方向の情報交換をしよう

お医者さんをはじめ、からだに関わることをやっている人は、健康づくりに関しての知識では大きなアドバンテージがあると思いますが

 

自分にはアドバンテージがないという理由で、ただそれを「やってもらうだけ」では何も生まれません。

 

先にも言ったように「じぶんでも」取り組むことで、からだに対する知識(からだリテラシー)を高める必要があります。

 

例えば、大学に行きたいからと予備校に通っても、通うだけで目標の大学にいけるだなんて誰も思いませんよね。

 

それと同じです。

 

からだに対する情報を理解するための、最低限のことを身につける必要があるのです。

 

それを身につけることで、からだに対する理解度はさらに高まり、じぶんのからだの特性などがわかってきます。

 

勉強と全く同じです。全ての物事に共通していることだとは思いますが

 

じぶんのからだのこととなると、解ってるつもりになってしまうのです。

 

これではせっかくの時間もお金も、学ぶ機会も失うことになり、与える側と与えられる側という関係性に終わります。

 

そうではなく、与える側と受け取る側として、双方に細かい確認を行いながら、段階をへて理解を深めていくことで

 

「解ったつもり」が「解った」に変わり、じぶんのからだに対する理解度が増すわけです。

 

いかに主体的に取り組むかということは、からだのことだけに限らず、自分のパフォーマンスを高くするために大切な要素になります。

 

 

からだは常に変化しているからこそ、変化に敏感でありたい

私たちのからだは、ほんの少しのことで変わります!

 

だって20分でこれだけ変わるのですから!!

 

誰かが何かをやってくれたら楽でいいかもしれませんが、それでは自分のものになるはずがありません。

 

自分から情報を調べ、理解しようとしないと、自分のものにはならないのです。

 

双方向のコミュニケーションを行いながら、からだが変わっていく様子をクライアント(西村惣一さん)の了承を得て一部公開します。

ここで変わったからだを持続させ、さらに高いパフォーマンスに移行しようと思うと

 

ここからさらに復習をし、じぶんのからだにフィットさせていく必要があるのです。

 

じぶんのからだのことですから「やってもらって終わり」じゃないんですね。

 

ダンサー / トレーナー / アクロバット指導と多岐にわたる活動をしている、西村惣一さんもチェックしてくださいね!

 

動画は年末年始、時間のあるときにゆっくり観てください。

 

動画を観ながら一緒にやってみると、からだの変化を感じることができるようになるかもしれませんよ!

からだは自由になりたい

ひとりひとりの暮らしがあるのでからだはそれぞれ違う。

 

なんとかメソッドとか、なんとかテクニックなんてものは、型にはまるためのもの。

 

与えらえれたものは、結果としてドグマに縛られてしまう。

 

クリエイトすることができる私たちのからだには、自発的にからだが動きを伝えられる自由度が大切だ。

 

抽象的になるが、言葉にすると

 

からだに作用する重力に動きを合わせて、動きを中心から末端への延び広がるように

 

力が伝わっていく道のり、筋肉、を感じて、等張性の上を滑らすように重心を動かす。

 

 

刻々と変化する中で、重心がぶれることなく体幹から四肢へと力が伝わる動きは、それを表している。

 

からだは、自分だけのオリジナルな動きを表現し、何かをクリエイトするのが得意だ。

腹筋を縮める動きがからだに与える影響

腹筋が縮まる動きがからだにどのような影響を与えるか、考えてみたことはありますか?

 

まぁ、ほぼ考えることはないですよね。

 

でも、体幹という言葉を聞くと “腹筋” を連想するのではないでしょうか。

 

いつの日か学校で習った腹筋運動が強い体幹を…と信じているからだと思います。

 

その!!腹筋運動の動きこそが、腹筋を縮める動きであって、思っている以上に私たちのからだに強く影響しているのです。

 

冒頭で、腹筋を縮める動きがからだに与える影響ということを言いましたが

 

腹筋を縮めることで、骨盤と頭蓋骨の位置が大きく変化し、それに伴い背骨の状態も変化します。

 

本来、からだはまっすぐに立っていたいので、前にも後ろにも左右どちらかにも傾いていたくないはずですよね。

 

ここでいうまっすぐとは、背骨の状態ではなく、からだの中心が頭頂部から足裏にまで整っている状態のことです。

中心を外れてしまうと、からだがいずれかの方向へと傾いてしまうのですが、

 

私たちのからだはとても賢いので、カウンターをあててバランスを取ろうとします。

 

つまり、四六時中、お腹を硬く縮めていると、その反力は反対側の背中側に現れてくるのです。

 

腰痛や、肩こりをはじめ、坐骨神経痛、痔なんかもそうでしょうね。

 

2015年12月25日、ウォール・ストリートジャーナル紙でも腹筋が時代に合っていないという記事が紹介されています。

 

体幹を強くするための腹筋がどうして…??

 

それはこの動画をみてもらえると、腹筋を縮めることで、骨盤と頭蓋骨の位置が大きく変化し、それに伴い背骨の状態が変化するのがわかると思います。

二足歩行をするためには、その前の四足歩行がしっかりと行える必要があります。

 

その四足歩行をするためには、からだの体重をしっかりと地面へ伝える必要がありますし、前方を見る必要があります。

 

腹筋が縮んでいる状態の方は、背中が丸くすくんでしまって地面にしっかり重さを伝えれてない感じがありますし、顔は下を向いてしまっています。

 

なんだか怯えた犬のような姿勢で、強さは感じられません。

 

腹筋を縮めているのに。。。

 

腹筋運動が悪いというつもりはありませんが、腹筋はもっと動かすことができて良いのではないでしょうか。