ボディワーク

コバヤシヒロタ

動作に全体性を持たせる

からだは全体が同時に連動しながら動く。 このことは誰しもが知っているが、感覚として捉えることができている人は... 少ない。しかも相当少ない。 ここで言う、苦手な領域(スペース)は例えば、足の指や、利き手とは反対側の手、股関節や、背筋群、鼠蹊部や腋窩のスペースのことである。
コバヤシヒロタ

シリーズ今日の気づき

今日から始まるシリーズ今日の気づき できるなら、毎セッション毎にアップしたいなぁなんて思います。 合わせて、僕にこんなの聞きたい!!みたいなことあればそんなのも教えてください!! youtubeチャンネルにアップしていくのでどうぞお楽しみに〜!!
コバヤシヒロタ

痛みの科学への実践的洞察:フェルデンクライスの観点から というウェビナーに参加しました。

今回のウェビナーは、治療家や、徒手療法家、理学療法士や作業療法士、トレーナー・インストラクターの方をはじめ、からだに携わるお仕事をしている方、どうしても慢性的なからだの痛みに悩んでいる人は絶対見た方には超オススメです。きっと物事を捉える新たな視点が身について、見るきっかけとなった物事へのブレイクスルーに繋がると思います
コバヤシヒロタ

なんて贅沢な…

自宅で世界に触れることができるってサイコーですね!!ほんと地方在住の身としてはオンラインでシステムができればとてもとても助かります。
コバヤシヒロタ

じぶんのからだの深淵にふれる旅

アフターコロナなのか、with コロナなのかわかりませんが、今私たちに必要なのは安心して深呼吸できる空間ではないでしょうか。呼吸ぐらい安心してしたいじゃないですか。呼吸は唯一コントロールできる自律神経系の働きですから我慢してて良いわけがないのです。開放感と、美味しい食事と、非日常的なロケーションと、自然とのふれあい..
お知らせ

骨盤と股関節がごっちゃになってますね…

きっとみんなが興味のある「骨盤」と股関節に絞ったワークショップ! からだのことを誤って認識していると、本来動くはずの関節が動かなかったり、動かないはずの骨盤を動かそうとしたり...本来のからだの構造(つくり)からするとチグハグな動きがうまれ、結果として何かちょっと違う...みたいなことになるのです...
コバヤシヒロタ

イメージを膨らませることで広がる世界

伝えたいのは想像力豊かに「自由」でいるということ。
お知らせ

体幹を整える運動教室

不調が起きるのは必ず原因があるからです。 使ったら使いっぱなし、鍛えても鍛えっぱなしではなく、からだのケアを覚えて 自分のからだを良い状態に保ち、その上で日々の労働を用いてより良い動き、姿勢、暮らしができるようなからだづくりをしていきましょう!!
コバヤシヒロタ

構造が崩れるということ 番外編

からだの歪みや、左右の非対称性って気になりますよね。それもそのはず、メディアはあの手この手を使って不安を煽ることをしています。が、必要以上にそんなことを気にするのは辞めましょう。私たちのからだは歪んでます。いや、むしろ歪んでいいんです。
タイトルとURLをコピーしました