からだの感受性を磨く

からだが変わるのに時間はいらない、必要なのは物事に対する正しい理解だ。

[toc]

からだの性質を知る

野生の動物が筋トレをするという話は聞いたことがない。

 

彼らはおそらく自分以外のものになろうと思うことはないだろう。

 

だとすれば、私たちがトレーニングをする必要はあるのだろうか??

 

からだの性質を知ることで、じぶんらしく過ごすことができるのではないだろうか??

 

まだ、じぶんの本当のポテンシャルを知らないのに、何をトレーニングする必要があるのだろうか?

 

きっともっといい方法があるはずだ!

 

からだは水と空気でできている

水分はからだのあちこちに分布していて、もっとも質量を占めているもの。

 

言い換えると、それが私たちの体重の正体ということになる。

 

からだの内側にある水分を支えるのに、外側からの力はあまり役に立たない。

 

支える力として有効なのは、風船のように、内側からパンっと膨らむ力だ。

 

半分より少し多く水が入っている人の形をした水風船を支えるのは、外からの支柱ではなく、内側からかかる圧力だ。

 

そのために呼吸をしている。

 

トーマスマイヤーズ氏も言っていたが、人は呼吸で、血流でリズムを刻む。

 

そのリズムが小さくなると水分を含む全ての循環が滞る。

 

内側からの圧力が構造を広げる

構造が潰れていると十分なスペースがなくなり、呼吸をすることが難しくなる。

 

構造を潰そうとする力は、垂直に加わる重力だ。

 

構造が歪む時間が長くなればなるほど、関節には負荷がかかり続けるので、場合によっては機能障害が起きてしまうことになる。

 

そうならないため、きれいな構造を保つためには、重力に反発する力が大切になる。

 

だが当たり前のように、立ち歩きからだを動かしてきた私たちは、そんなことを気にしたことがない。

 

そして構造が歪んだことは、仕方なく過労や加齢による影響だと自分に言い聞かせてしまう。

 

確かにかかった負荷の総量で、歪みが表面化するわけだが、

 

もし構造を正すことができていたら、その機能障害は起きなかったかもしれない。

 

動きは全体性がある

からだが動くとき、指を動かせば前腕が、前腕が動けば上腕と肩甲帯が動く。

 

肩甲帯が動けば骨盤が動き、骨盤が動けば脚へと動きは伝わる。

 

易々とからだを動かすイメージができるか

からだは繋がっているから当たり前なのだが、その動きが水であるからだのなかを波のように伝わるなんて考えない。

 

誰しもが経験があると思うが、できるというイメージができなければ、からだを動かしてそれを表現することはできない。

 

にも関わらず、どんな風にからだが動くかというイメージはない!

 

だから赤ん坊の時はあんなに柔らかい動きをしていたのに、年を重ねるとできていたはずの動きができなくなってしまう。

4分間のエクササイズでの姿勢の変化 上:エクササイズ前 下:エクササイズ後

それは、年を重ねるとともに経験を重ね、臆病に、あるいは鈍感になってしまうことで動きに多様性がなくなってくるからに他ならない。

 

内側の力に気づく

構造を安定させるために欠くことのできない、内側からの力は中心から末端へとのびる力としても表現される。

深く大きな呼吸をしながら、からだの中心から末端へと力が波のように伝わるように

 

からだを動かせる範囲が、今より拡がることを恐れずに、小さな波紋にのせて四肢へと動きを伝える。

 

小さな動きで、少しずつ。。。

動画を見ながら変化を探すのは難しいかもしれないが、からだで感じている本人たちは変化を感じているから面白い

 

からだを変えるのは簡単だ。

からだの特性に合わせて、小さな成功体験をたくさん作っていくことだ。

 

小さな成功体験をたくさん重ねていくことは、前向きな経験になり、からだの感覚・感受性を豊かにする。

 

感受性豊かなからだは、じぶん以外の何かになろうとするのではなく、ポテンシャルの高いじぶんになろうとする。

いつでもどこでもいくつになっても、不調のないからだで、じぶんの人生を楽しもう!

子どもと一緒にからだを動かして、学びと気づきのある時間を持ってみては?

親子で楽しくからだを動かす魔法

今日は12月8日に幡多青少年の家であるワークショップの最終チェックへ

 

 

今年度は最後ということで、今年度の反省と次年度の計画も多少話をしてきました。

 

これまでもそうでしたが「他ではできないこと」を提供できたらいいなと思ってます。

 

姿勢がいいと、からだは動かしやすい

ちなみに今年は「姿勢はからだの動かしやすさにどのような影響を与えるのか」についての考察を行いました。

 

結論から言うと、関係は大いにあります!

 

そしてその姿勢の変化は繰り返すことで、安定化してくることも予想されます。

 

掲載許可 幡多青少年の家 平成30年度主催事業 親子で楽しくからだを動かす魔法 より

 

つまり、いい姿勢でいることは「いつもからだが動かしやすい状態」だと言うことです。

 

近年、子どもたちの姿勢の悪さや運動能力の低下についての話をよく耳にしますが

 

[子どもの体力・運動能力の推移]文科省webページより引用

 

これらを予防改善するためには、子ども自身もそうですが、子どもの成長を見守る親御さんにも “どうすれば良いのか” ということを知ってもらうことが大切です。

 

このワークショップでは、からだを動かすことの楽しさを知りながら、からだの変化に気づき運動能力・体力の向上を図ることを目的としています。

 

 

お子さんと一緒にからだを動かして、学びと気づきのある時間を持ってみてはいかがでしょう。

 

参加枠には、まだ若干の余裕がありますのでご応募お待ちしております。
お申し込み・お問い合わせは幡多青少年の家「楽しくからだを動かす魔法」係まで

ワークショップのご案内

11月のワークショップスケジュール

11月18日(日) @四万十市産業祭

❶子育てをしていてからだに疲れが溜まっていると感じる方(肩こり・腰痛など)
❷スポーツや武道を楽しんでいる方(筋力アップ・バランス能力向上)
❸農林水産業をしている方(セルフケア・疲労回復)

料金は各500円で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

11月21日(水) @四万十市立中村小学校
●小学生を対象にしたランニングワークショップ

中村小学校の児童
*参加には条件があります

11月23日(金) @土佐清水市
●脂肪燃焼運動教室

料金は無料で、土佐清水市在住で”国保”加入者のみご参加いただけます
詳細は土佐清水市役所 健康推進課までお問い合わせください

 

11月23日(金) @土佐清水市
●気持ちよく暮らすためのセルフケアエクササイズ教室

料金は2000円(シニア割あり)で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

11月25日(日) @Conditioning Studio BODYWISE
●間違いだらけの体幹トレーニング
*日頃トレーニングをしている方や、専門的な知識を持っている運動指導者向け
*他のワークショップとは異なり、より少人数で専門的な内容になっています

料金は4000円で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

 

最初にあたまが固まり、次にからだが固まる、そうして不調が生み出される。

自分のからだのことを知ることで “不調” はずっと良くなる

気になる超大型の台風24号の影響もなく、土佐清水でのグループワークも無事に開催できました。

エクササイズをしているようには見えないかもしれませんが、グループワーク中の一コマです。

不調を”快調”に変えていきたいのですから、まずは今のからだの状態を知ってもらいたいのです。

私たちはひとりひとり、からだの造りが違います。

それぞれに異なるからだを、快方へと向かわせたいのですから、各々がじぶんのからだにしっかりと責任を持って動いてもらう必要がありますよね?

なので、立っている状態、座っている状態、寝ている状態さまざまな条件の下、からだがどういった状態にあるのか、それが前後でどう変わるのかを観察するところから始まりました。

 

からだを感じる

グループワークでは”触覚”に集中し、じぶんのからだがどのように”感じている”かを中心に進めました。

ウエイトを使ったり、抵抗を使ったりしてトレーニングをするのも良いですが…

ウエイトや抵抗がなくても、からだは力を発揮することができるわけですから、その重さがないとトレーニングができないって、なんか変じゃないですか?

そもそもじぶんのからだにも”重さ”があるんですから。

じぶんのからだを自在に操ることができないのに、じぶん以外のものを上手に操ることなんてできるのでしょうか??

 

その足はしっかり大地に根を張っているか

もし、何かを始めるにあたり共通であるはずの認識に違いがあったらどうなるでしょう。

もう少し突っ込んでいうなら、前提条件が個人によって異なっていると結果も異なるということ。

例えば、1×1= 1というのは、誰でもわかることですが、1が本当に1なのか疑うことを多くの方はしないのではないでしょうか。

もし、その1が1.1を四捨五入していたとしたら…

1.1×1.1で、解は1.21になり、先に求めた解と比べて0.21の差が開いてしまいます。

今回のワークで確認すべき前提条件としては、「きちんと立つことができているのか」でした。

きちんと足の真ん中で立てているのか、その上に脚が伸びて、骨盤に行き着き、背骨を登り、頭蓋骨が上に乗っかっていて、腕はハンガーにぶら下がっているようにリラックスしているのか…など。

どうしてこんなことをするのか??

それは私たちにとっては「立つこと」は当たり前すぎて、さほど意識することがない動作ですが、

かの昔、つかまり立ちをしてやっとの思いで立った時は脚が震えて、足を出すことすら躊躇ってしまう動作だったのです。

そしてその当たり前にしている「立つ」にも大きな個人差があるからです。

家の柱が少しでも傾いていると、家は徐々に傾いていきます。

工事現場でクレーン車の土台が傾いたり、浮いたりするとバランスを崩し倒れることになります。

では私たち人間はどうでしょうか。。。

部分だけに目を向けるのではなく、全体として捉えて、全体で感じたことについて修正することで、部分へも修正を伝える。

そうして慣れ親しんだ自分の動きのパターン(癖)を知り、傾向を知った上で暮らしの中で自ら修正をしていく必要があるのではないでしょうか。

 

思考を変えれば、からだは変わる

決まったエクササイズを決まった回数・決まったセット数、形だけを真似したところで、それはただのパフォーマンスです。

私たちは考える生き物で、思考が行動を作り出し、行動が習慣を作り出します。

習慣を改めようとすると、思考から変えていく必要があり、そのためには習慣を作っている行動の前提条件(重力に合わせて)立つことができているかということを疑う必要があるのです。

常識を疑うことで見えてくる物事がある。

与えられるだけではなく、発見する楽しみがある。

そんな暮らしとからだを豊かにすることができるワーク、次回は10月6日の開催です。

ぜひ興味のある方はお誘い合わせの上、お越しください。

からだの不調は筋トレなんかしなくても良くなります!!

土佐清水市でのグループエクササイズのお知らせです

台風24号が接近していますが、、、

今週の土曜日は土佐清水市にある市立体育館でグループエクササイズを行います。

荒天の場合のみ、状況を判断して中止なる場合がありますので予めご了承ください。

からだの不調は筋トレなんかしなくても良くなります!!

むしろ誤った方法で筋トレなんかをしたりすると逆に悪くなることすらあります。

自分のからだのことを知らないでトレーニングをするのは、

地図を持たないで知らない街を歩くことと同じようなもの、、、

まずは一番良く知っている誰かに聞くことが近道だと思いませんか??

 

肩・腰・膝などからだに不調があって困っている方は、ぜひお誘い合わせの上ご参加下さい。

当日参加も可能ですが、受付をスムーズに行えるのでwebからのご予約をお願いいたします。

クービック予約システムから予約する

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ

気がつけばもう9月はもくぜん!!

この夏は暑かったけど、暑かった分だけ秋の訪れが早くなるのでは、、、?

涼しくなった分、あたまもからだも動かしやすくなりますね!

この秋からのワークショップ&グループエクササイズをお知らせします。

9月8日(土)10:00〜/13:30〜(2部制) 土佐清水市 脂肪燃焼運動教室

こちらは土佐清水市にお住まいで、国民健康保険加入者を対象とした運動教室です。

検診の結果によって、市から運動教室の案内状が届いていると思いますが、

それ以外の方で、参加を希望される方は土佐清水市健康推進課へお問い合わせください。

 

9月8日(土)15:30〜17:00 からだのバランスを整える運動教室

運動をより効果のあるものにするための「自分でからだを整える」ワークショップです。

対象は特にありません、からだを動かすことができる方であればどなたでもご参加いただけます。

お申し込みはお電話のみとなっておりますので、予めご了承ください。

 

9月9日(日)13:30〜16:30 間違いだらけの体幹トレーニング

”体幹”という言葉が流行っていて、なんとなく分かった気になっていませんか?

ちなみに、お腹が割れるほどに固くするのは体幹トレーニングではありません。

では、どんなのが体幹トレーニングなのか、、、

気になる方はwebからお申込みください→→→クービック予約システムから予約する

 

9月15日(土)12:30〜14:00(午後) しなやかなからだを作る運動教室

9月29日(土)10:00〜11:30(午前) しなやかなからだを作る運動教室

*実施時間は、多少前後する可能性があります。

土佐清水市での仕事が増え「運動教室を行って欲しい」というご要望を多数頂きましたので

9月は試験的に、土佐清水市の運動教室で使っているセラバンドを使っての運動教室を行います。

「からだを鍛えると整える」が同時に行えて、からだについての学びを深めることができるクラスです。

お申し込みはLINE@、もしくはお電話で承ります。

友だち追加

 

10月からは幡多青少年の家で、子どもと保護者を対象としたワークショップも開催します。

詳細が決定し、お申し込みの受付体制が整い次第、告知させていただきます。

この秋はぜひ、いつもとは違ったスポーツの秋にしてみませんか?

みなさまのご参加、楽しみにお待ちしております。

子育てをする際に注意したいこと

赤ちゃんは完璧な存在

赤ちゃんは完璧な存在です。

とはいえ、一人では何もできませんから、親や周りのサポートなしには生きることはできません。

ただ、誰に教えられることなく背骨を安定させ(首が据わり)、手足を自由に動かし、

はいはいや掴まり立ちを経て二本の足で歩き、人間らしく振る舞うようになるのですから

完璧と言わざるを得ないでしょう!

 

赤ちゃんはどのようにして自由を獲得するのか

私たちは二足歩行をすることで、大きな脳と両手を動かす自由を手に入れました。

大きな脳を持ち合わせたことで、出産が難しいものになりましたが、

このことで私たちは本能に加えて、鋭い観察力と高い環境適応能力を備えることができました。

赤ちゃんはただじっと寝ているだけのように思えるかもしれませんが、

生まれた時から自分のそばにいる大人の動きをよく観察し、だんだんと動作の種類を増やし、行動範囲を拡大し大人に近づこうとしているのです。

言葉遣いや仕草など、良いところも悪いところも全てのことを吸収してしまうのが赤ちゃんです。

 

自然なプロセスを大切に

時代とともに、新しいものや新しいことが増えてきます。

ひと昔前はテレビや書籍が情報収集のツールでしたが、今ではスマートフォンひとつで何でもできるようになりました。

知りたい情報へのアプローチ方法は増えましたが、同時に与えられる情報も増えました。

なかには「便利さ」を前面に押し出して、さも新しいスタンダードと言わんばかりのプロモーションをしてくるものもあります。

便利であることが悪いとも思いませんが、

子どもの立場としては、、、できるだけ自然に近い状態であってほしいのではないでしょうか。

首が据わる、腰が据わる、寝返りをうつ。

これらの動作は親が教えるものではなく、機が熟したときに赤ちゃんが自発的にする動きです。

その背景には頚椎が安定する、脊椎が安定して動くなど、赤ちゃんの発育発達の過程が明確に関わっています。

例えば、ムリに座らされて、内臓がぎゅっと圧迫されていたとしたら、、、

早く成長してほしい気持ちになるのもわからなくはありませんが、赤ちゃんは話すことができません。

からだも動きも、かたちがどんどん変化する時期だからこそ、動きを制限するのではなく

安全が確保された範囲内で、自由に動ける環境を創り出してあげてください。

 

子どもの発育のことを知りたければ、解剖学者の養老孟司さんに大きな影響を与えたとも言われる三木先生の著書が、わかりやすくてオススメです。