体幹と手脚をつなぐ基本的な動き

前回のポストで、からだの不調にはバランスボールは??という提案をさせてもらいましたが

 

からだに不調があると言うことは、基本的な動き方ができていないということです。

 

いやいや!!と言いたい気持ちもわかりますが、この動きできますか?

 

あるいはできそうですか?

 

少なくとも「これは難しい!!」と思うような動作ではないですよね??

 

短い動画ですから、2,3分時間をいただいて少し寝転がれる場所でやってみてください。

これらは「セグメンタルロール」と「ターキッシュゲットアップ」と言われる動きです。

 

セグメンタルロールは赤ん坊が寝返りをする際に行われる動作で、背骨に順々に力を通し、床からの反発という最小限の力で最大限に動きを広げることを目的とした基本的な動きです。

 

ターキッシュゲットアップは、トルコ人がこのように起き上がるかは謎ですがそうした名前がついた動きの名称です。

 

どちらもキツイ!!と感じるようなら、動き方は間違っていると言えます。

 

あるいは明日以降、筋肉痛になるようでしたら赤ちゃんが2足歩行を習得する流れをもう一度学習することを進めます。

 

ということで、セグメンタルロールからターキッシュゲットアップまで一連の流れが楽々できるように動きを反復してください。

今年もやります親子参加型ワークショップ

気がつけば今年で5年目を迎えるこの企画

 

親子で 楽しくからだを動かす魔法

 

期間限定ではあるものの、平成から令和へと細く長く愛されているワークショップです。

主催は高知県立幡多青少年の家で、色々と試行錯誤して今年で5年目を迎えます。

先日の打ち合わせで、担当の方が今年のチラシ(案)を持ってきてくれました。

夏休みに入る前に、幡多郡内の小学校で配布と同時に申し込み開始となります。

 

多分、多分ですが今年が最後になると思いますので、みなさま奮ってご参加ください。

有機的なからだで有機的な作物を育て、有機的な暮らしをつくる

有機的な農業と有機的なからだ、有機的な暮らし

ずっと温めていたプロジェクトをこの春からスタートさせます!

今日食べたもので明日のからだは創られる

いつの時代からか、畑で野菜を作るときによく分からない名前の”クスリ”を使うようになり、食べものにも同じようによく分からない名前の”クスリ”を使うようになった。

それは安全性のためと言ったり、生産性を高めるためと言ったりされているが、本当に必要なのだろうか。

生産性を高めるため、根まで枯らすというのが売り文句のグリホサート(除草剤)を使用したものをあえて選ぶだろうか。

私たちのからだは、私たちが食べるもので創られる。

であれば、私たちが食べるものは、私たち自身で作ることができた方が安心だ。

 

土壌を育て、からだも育てる

種を蒔けばなんでも勝手に育つわけではない。

子どもを持って分かることがあるなんて言うが、畑をやってみると分かることがたくさんある。

何かを育てるということは、大きな労力を必要とする。

それを機械に任せ、クスリに頼ると、一見生産性が上がったように思えるかもしれないが、長期的視点から考えると実はそうではない。

事実、日本各地で耕作放棄地は広がり、ほったらかしの山林が増え、人口が減少し地方は困窮している。

地道な作業かもしれないが、からだを動かし、作物を育て、地域を育て、子どもを育てることは未来を創ることだと言えるのではないだろうか。
ある意味で、からだは絶対にじぶんを裏切ることはない。

メンテナンスを怠れば、コンディションは落ち、不摂生はそのままからだに現れる。

エネルギーが不足しても過多になっても、からだを動かすのが難しくなる。

不整地での労働は、体幹が安定していないと困難を極めるため、からだも育むことができる。

からだを動かすことがしんどいと思われているが、楽にからだを動かす方法を探るのがトレーニング的要素を持っている。

からだが大きくても、小さくても、意のままにからだを動かし、働き、休養で回復を促すことができれば一定のパフォーマンスをずっと継続することができる。

幾つになっても経験を重ねている分だけ、からだを動かすことに関しては巧みになることができる。

これはスポーツの第一線で続けることは難しいが、日常生活のなかで続けることは可能だと考えられる。

産後、子育てで疲れたおかあさんのからだに効果のあるエクササイズ

子育てをしているおかあさんのからだのメンテナンス

黒潮町子育て支援センターで、おかあさんのためのコンディショニング教室を行いました。

 

子育てをしていると、授乳や抱っこで前かがみの姿勢が多くなります。

 

そのために背骨がぎゅっと丸くなり、肩と骨盤が前に引っ張られて傾いてしまうので、

 

腰や肩の不調を感じるようになります。

 

背骨に対して垂直な力(重力)を”正しく”感じて、姿勢を正すことができるように、

 

子育ての合間でできるコンディショニングを紹介しました。

ついつい、子どものことに意識が向いてしまって、じぶんのからだのことは後回しになってしまいがちではないでしょうか。

 

産後は特にホルモンに左右され、子どものことを優先してしまうのは仕方がないことなのかもしれませんが、じぶんのからだの不調をそのままにしておくと、その先の不調の原因を作ることにもなります。

 

子どもの成長を見守るためにも、女性として母親として、じぶんのからだのケアもしっかりしておきたいものです!

 

子育てや女性のからだのことを、男性の私が語るのもなんだか気後れするので、

 

興味がある方は、産婦人科医でスポーツドクターの高尾美穂先生のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか。

私も、昨年ワークショップに参加してお話を聞きましたが、興味深い内容に目からウロコがこぼれ落ちっぱなしでした。

 

このおかあさんのためのコンディショニング(子育て支援センターとしては”リラックス体操”と表現しています)は、来月もありますので、お誘い合わせのうえご参加ください。

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)

子育てをしているおかあさんのためのボディワーク

妻が出産をしてわかったことですが、、、

 

子育てって大変です。

 

もちろん、サポートによって環境は大きく変わるとは思いますが

 

産後すぐから数時間おきの授乳に始まり、これまではお腹の中にいた子どもを両腕で抱っこしたり(ぐにゃぐにゃで3000グラムほどの重さを全て預けてくる)

 

睡眠不足やら、肉体疲労やら、、、ほんと大変です。

 

男性にはなかなか理解できないことかもしれませんが、ほんと大変です。(←現在進行形)

もちろん、掛け替えのない時間を過ごすことができて、素晴らしい経験もできるのですが

 

孤育てなんていう言葉もあるように、周りからのサポートがないとさらに大変さが増します。

 

なかでも妻を見ていて思うのは、姿勢の変化からくる、体調(からだ)の変化です。

 

うつむきながら授乳をして、子どもを抱っこをするということが約1年続くので、背中(特に胸のあたりから)が丸くなるのです

 

シュッとした姿勢が、こんな感じになるわけです。

さいわい、腰痛にはなっていませんが、からだがしんどいことには変わりありません。

 

これまであった一人の時間も減り、からだを動かすことが時間的にも、体力的にも、精神的にも難しくなるようで、からだのサポートは欠かせないなと思います。

 

妻をサポートしながら得た経験を、同じような子育て世代のおかあさんたちとシェアできたらと思って

 

昨年、一昨年と黒潮町子育て支援センターと四万十市教育委員会から依頼を受けて「子育てをしているお母さんたちを対象にした運動教室を」という話を受けて、運動教室を行いましたが

今年も黒潮町で子育てをしているお母さんのためのコンディショニング教室を行います。

 

ご都合がつくようでしたら、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

参加費は “無料”で、日程は以下のようになっています。

 

1月10日(木)10:00〜11:00

@黒潮町子育て支援センター

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)

 

 

 

 

バイブプレート に乗るとからだが変わるわけとは…

まちあそび人生ゲーム NPO法人出雲まちあそび研究所の方が考案した 「じぶんの住む街を舞台に、まちを遊ぶ」体験型イベントに参加しました。   30代以上の方は、誰もがいちどは遊んだことがある、あのボードゲームの …

からだの感受性を磨く

からだが変わるのに時間はいらない、必要なのは物事に対する正しい理解だ。 からだの性質を知る 野生の動物が筋トレをするという話は聞いたことがない。   彼らはおそらく自分以外のものになろうと思うことはないだろう。 …

子どもと一緒にからだを動かして、学びと気づきのある時間を持ってみては?

親子で楽しくからだを動かす魔法 今日は12月8日に幡多青少年の家であるワークショップの最終チェックへ     今年度は最後ということで、今年度の反省と次年度の計画も多少話をしてきました。   …