バイブプレート に乗るとからだが変わるわけとは…

まちあそび人生ゲーム

NPO法人出雲まちあそび研究所の方が考案した

「じぶんの住む街を舞台に、まちを遊ぶ」体験型イベントに参加しました。

 

30代以上の方は、誰もがいちどは遊んだことがある、あのボードゲームのリアル版で

 

ルーレットを回して、出た目のマスへ進み、そこでのイベントを体験するというもの。

 

 

VibePlateにのって歪み改善

BODYWISEに立ち寄った方にはバイブプレート に乗ってもらう「からだの歪み改善モニター」体験をしてもらいました。

からだが歪んでいると、動作に支障が生まれるので

 

脚上げ(もも上げ)と立位体前屈を行なって、じぶんのバランス能力と柔軟性をチェックし、

 

エクササイズの前後で、それらの動作が支障なく行えるようになるか(良い方向へ変化するか)を体感してもらいました。

 

小さなお子さんから、孫と一緒に参加してくれたおばあちゃんまで、たくさんの方に参加していただき、からだの変化に驚いてもらえたと思っています。

 

からだで感じる力を

本来、体幹トレーニングというのは、不安定な状況でも、からだから安定して四肢へ動きを伝えるようになるためのものです。

 

しかし、実際に親しまれている「体幹トレーニング」は、からだの一部を硬くして、からだを緊張させてしまうようになっています。

 

これでは不安定な状況で、からだを安定させることはできません。

 

体幹トレーニングとはStability Trainingで、安定性を得るための訓練ですから

 

からだを硬くすると、動きづらさが先に立ち、安定からはかけ離れてしまいます。

 

不安定な状況では、からだを固めるのではなくリラックスさせることで、重さを伝えることができるようになり安定性が向上します。

 

安定性とは(遠心力と求心力)のように動作に対称性がないと成り立たないので、

 

柔軟性を高めるために、ストレッチを長時間するとか

 

バランス能力を高めるために、左右の筋力差を均等にするとかではなく

不安定な足場でウエイトを上下することが、動作の対称性を高め、脚上げや前屈などのパフォーマンス(動作)を向上させることに繋がったのです。

 

なんとかを鍛えよう!とか、特別何かを考えることをしなくても

 

からだは感じたことに反応する力を持っています。

 

ずっと平坦な場所で生活をしていたり、からだを極端に動かさない仕事をしていたり、からだで感じる変化が少ないと、からだはどんどん鈍化してゆきます。

 

からだに動作を学習させて、どんどん進化し、いつでもじぶんにフィットしたからだでいたいですね!

 

からだの感受性を磨く

からだが変わるのに時間はいらない、必要なのは物事に対する正しい理解だ。

[toc]

からだの性質を知る

野生の動物が筋トレをするという話は聞いたことがない。

 

彼らはおそらく自分以外のものになろうと思うことはないだろう。

 

だとすれば、私たちがトレーニングをする必要はあるのだろうか??

 

からだの性質を知ることで、じぶんらしく過ごすことができるのではないだろうか??

 

まだ、じぶんの本当のポテンシャルを知らないのに、何をトレーニングする必要があるのだろうか?

 

きっともっといい方法があるはずだ!

 

からだは水と空気でできている

水分はからだのあちこちに分布していて、もっとも質量を占めているもの。

 

言い換えると、それが私たちの体重の正体ということになる。

 

からだの内側にある水分を支えるのに、外側からの力はあまり役に立たない。

 

支える力として有効なのは、風船のように、内側からパンっと膨らむ力だ。

 

半分より少し多く水が入っている人の形をした水風船を支えるのは、外からの支柱ではなく、内側からかかる圧力だ。

 

そのために呼吸をしている。

 

トーマスマイヤーズ氏も言っていたが、人は呼吸で、血流でリズムを刻む。

 

そのリズムが小さくなると水分を含む全ての循環が滞る。

 

内側からの圧力が構造を広げる

構造が潰れていると十分なスペースがなくなり、呼吸をすることが難しくなる。

 

構造を潰そうとする力は、垂直に加わる重力だ。

 

構造が歪む時間が長くなればなるほど、関節には負荷がかかり続けるので、場合によっては機能障害が起きてしまうことになる。

 

そうならないため、きれいな構造を保つためには、重力に反発する力が大切になる。

 

だが当たり前のように、立ち歩きからだを動かしてきた私たちは、そんなことを気にしたことがない。

 

そして構造が歪んだことは、仕方なく過労や加齢による影響だと自分に言い聞かせてしまう。

 

確かにかかった負荷の総量で、歪みが表面化するわけだが、

 

もし構造を正すことができていたら、その機能障害は起きなかったかもしれない。

 

動きは全体性がある

からだが動くとき、指を動かせば前腕が、前腕が動けば上腕と肩甲帯が動く。

 

肩甲帯が動けば骨盤が動き、骨盤が動けば脚へと動きは伝わる。

 

易々とからだを動かすイメージができるか

からだは繋がっているから当たり前なのだが、その動きが水であるからだのなかを波のように伝わるなんて考えない。

 

誰しもが経験があると思うが、できるというイメージができなければ、からだを動かしてそれを表現することはできない。

 

にも関わらず、どんな風にからだが動くかというイメージはない!

 

だから赤ん坊の時はあんなに柔らかい動きをしていたのに、年を重ねるとできていたはずの動きができなくなってしまう。

4分間のエクササイズでの姿勢の変化 上:エクササイズ前 下:エクササイズ後

それは、年を重ねるとともに経験を重ね、臆病に、あるいは鈍感になってしまうことで動きに多様性がなくなってくるからに他ならない。

 

内側の力に気づく

構造を安定させるために欠くことのできない、内側からの力は中心から末端へとのびる力としても表現される。

深く大きな呼吸をしながら、からだの中心から末端へと力が波のように伝わるように

 

からだを動かせる範囲が、今より拡がることを恐れずに、小さな波紋にのせて四肢へと動きを伝える。

 

小さな動きで、少しずつ。。。

動画を見ながら変化を探すのは難しいかもしれないが、からだで感じている本人たちは変化を感じているから面白い

 

からだを変えるのは簡単だ。

からだの特性に合わせて、小さな成功体験をたくさん作っていくことだ。

 

小さな成功体験をたくさん重ねていくことは、前向きな経験になり、からだの感覚・感受性を豊かにする。

 

感受性豊かなからだは、じぶん以外の何かになろうとするのではなく、ポテンシャルの高いじぶんになろうとする。

いつでもどこでもいくつになっても、不調のないからだで、じぶんの人生を楽しもう!

まちあそびリアル人生ゲーム

商店街を舞台に人生ゲームで遊ぼう!

誰もが一度は遊んだことがあるんじゃないかと思う”人生ゲーム”

 

12月22日、その人生ゲームを実際の街でやってしまおうというイベントをやります

 

舞台となるとは、土佐の小京都として知られる四万十市中村の商店街

ルーレットを回して、出た数字だけ進み、普段はなかなか入らない面白い店を見つけたり

 

参加チームのメンバーで盛り上がったり、子どもと一緒に楽しめる面白そうなイベントです。

 

子どもと一緒に、住んでいる街を再発見!

今日は、このイベントに関わっているたくさんの方々が集まって最後の打ち合わせがありました。

主体となって動いてくれているのは「四万十玉姫の会」の方々で、それをサポートする形で県や市をはじめNPOなどの機関、そして本家本元のタカラトミーも加わっています。

 

このイベントの趣旨としては、商店街に人が集まるというのはもちろんですが、

 

昭和に育った私たちが子どもの頃、商店街である夜店や屋台に行くのが楽しみだったように、

 

商店街という場所で楽しい思い出を親子で作って、自分の住んでいる街を再発見してほしいというものです。

 

 

参加受付は先着300チーム、空きがあれば当日申し込みも可能です!

 

最近ではニュースやwebメディアでも話題になっていましたね

冬休みになったお子さんとその友達を引き連れて参加してみてはいかがでしょう!

 

ボディワイズも参加店になっていて、当日はこれまでにやったことのない新しいことにチャレンジしたいと思いますのでお楽しみに!!

 

あ!! ゲームが終わって上位チームには豪華商品が当たるみたいですよ!!

子どもと一緒にからだを動かして、学びと気づきのある時間を持ってみては?

親子で楽しくからだを動かす魔法

今日は12月8日に幡多青少年の家であるワークショップの最終チェックへ

 

 

今年度は最後ということで、今年度の反省と次年度の計画も多少話をしてきました。

 

これまでもそうでしたが「他ではできないこと」を提供できたらいいなと思ってます。

 

姿勢がいいと、からだは動かしやすい

ちなみに今年は「姿勢はからだの動かしやすさにどのような影響を与えるのか」についての考察を行いました。

 

結論から言うと、関係は大いにあります!

 

そしてその姿勢の変化は繰り返すことで、安定化してくることも予想されます。

 

掲載許可 幡多青少年の家 平成30年度主催事業 親子で楽しくからだを動かす魔法 より

 

つまり、いい姿勢でいることは「いつもからだが動かしやすい状態」だと言うことです。

 

近年、子どもたちの姿勢の悪さや運動能力の低下についての話をよく耳にしますが

 

[子どもの体力・運動能力の推移]文科省webページより引用

 

これらを予防改善するためには、子ども自身もそうですが、子どもの成長を見守る親御さんにも “どうすれば良いのか” ということを知ってもらうことが大切です。

 

このワークショップでは、からだを動かすことの楽しさを知りながら、からだの変化に気づき運動能力・体力の向上を図ることを目的としています。

 

 

お子さんと一緒にからだを動かして、学びと気づきのある時間を持ってみてはいかがでしょう。

 

参加枠には、まだ若干の余裕がありますのでご応募お待ちしております。
お申し込み・お問い合わせは幡多青少年の家「楽しくからだを動かす魔法」係まで