「脳」をアップデートすれば1分でからだは変わる

からだが変わるのは一瞬です

からだを大きくしたい!絞りたい!など

 

物理的にどうにかしたい場合、変化はなかなか訪れませんが

 

からだを動かすこと、機能的なことに関して言えば、変化は一瞬で起こりえます。

 

なぜなら筋肉と骨格を動かしているのは、脳-神経系だからです。

難しい漢字でも、覚えるときは一瞬ですよね??

 

初めて通る道でも、帰り道で迷うことなく帰ることができますよね??

 

意識して動かす以上に、感覚から入ってくる情報にからだは支配されていますし。

 

それらを脳は休むことなく処理をし続けて、恒常性を保とうとします。

 

寒いと動きが鈍くなり、暖かいと動きが緩慢になる。

 

これも温度がからだに与える影響です。

 

感覚的なことがからだに与える影響を理解すると、いろいろなことへの理解が深まります。

 

例えそれが本当に理解できていなくても、からだは反応するのです。

 

これは僕のオリジナルアプローチ、三半規管のワークと呼んでいます。

 

ただ筋肉を動かすのじゃなく、脳-神経をハックすることでからだの動きを変える。

 

からだのがっこう@くろしお健康エクササイズクラブ、元気なシニアが集まる運動教室の1年後が楽しみです。

産後、子育てで疲れたおかあさんのからだに効果のあるエクササイズ

子育てをしているおかあさんのからだのメンテナンス

黒潮町子育て支援センターで、おかあさんのためのコンディショニング教室を行いました。

 

子育てをしていると、授乳や抱っこで前かがみの姿勢が多くなります。

 

そのために背骨がぎゅっと丸くなり、肩と骨盤が前に引っ張られて傾いてしまうので、

 

腰や肩の不調を感じるようになります。

 

背骨に対して垂直な力(重力)を”正しく”感じて、姿勢を正すことができるように、

 

子育ての合間でできるコンディショニングを紹介しました。

ついつい、子どものことに意識が向いてしまって、じぶんのからだのことは後回しになってしまいがちではないでしょうか。

 

産後は特にホルモンに左右され、子どものことを優先してしまうのは仕方がないことなのかもしれませんが、じぶんのからだの不調をそのままにしておくと、その先の不調の原因を作ることにもなります。

 

子どもの成長を見守るためにも、女性として母親として、じぶんのからだのケアもしっかりしておきたいものです!

 

子育てや女性のからだのことを、男性の私が語るのもなんだか気後れするので、

 

興味がある方は、産婦人科医でスポーツドクターの高尾美穂先生のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか。

私も、昨年ワークショップに参加してお話を聞きましたが、興味深い内容に目からウロコがこぼれ落ちっぱなしでした。

 

このおかあさんのためのコンディショニング(子育て支援センターとしては”リラックス体操”と表現しています)は、来月もありますので、お誘い合わせのうえご参加ください。

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)

くろしお健康エクササイズクラブ

ロコクロ体操から5年が経過した2018年

 

フィットネスクラブや公営の運動施設のない黒潮町土佐佐賀で始まった

 

くろしお健康エクササイズクラブ

 

ただ運動するだけじゃなく、楽しみながらからだを動かして、からだについての知識もつける

 

そんなからだ育成型のグループエクササイズを行ってます。

 

今年は1年かけて、1歳以上若返ろう!!

 

というテーマで、からだの整え方、からだの鍛え方、からだの動かし方を学んでいきます。

 

参加者の平均年齢は、、、オーバー60!!!

 

ですが、みんな積極的で年齢を感じさせない若い方が多いのがまた面白い!!

 

クラスは運動半分、おしゃべり半分ですが、1回でもしっかりからだが変化しています。

クラスでの運動を、習慣として生活に落とし込んでいくのが難しいのですが

 

1時間でのからだの変化を感じることで、少しは生活の中であれこれやってもらいやすくなると思っています。

しなやかで柔らかいからだは若さの証!!

 

この変化を定着させるために、楽しみながら家でもからだを動かしてもらえるといいですね!

 

1年後、どれだけからだが変化しているのか今から楽しみです!

筋トレってなんなんだ??

筋トレって何なんでしょうね

昔からEMS(低周波)を使って腹筋を鍛えると宣伝しているベルトがありますが、意味はあるんでしょうか。

電気でビクビクさせて筋肉が鍛えられるなら、全身につけたらいいわけですし

 

EMSを使うような接骨院では、その部位の筋肉が鍛えられるようになるはずです。

 

そんなんだったらジムで筋トレするのなんてバカバカしくなります。

 

好きなものを好きなだけ食べて、家で空いた時間に全身にEMSを貼り付けておけばOKなんですから。

 

歳をとって体を動かすのが難しくなっても、EMSをつければいつしか走れるように…

 

そんな甘くはありませんよ。

 

そもそも電気信号がないと動かないような筋肉なんて、筋肉じゃありません。

 

まぁほとんどの人はそんなものに惑わされることはないでしょうけど、ほぼ意味はないでしょう。

 

 

やっぱ筋トレはどれだけ重いものを持ち上げられるかどうか

トレーニングは重量物を使って、筋肉をイジメ抜いてイジメ抜いてイジメ抜いた結果、筋肉が引き締まって…

残念ですが、筋肉が引き締まった状態は、関節も閉まってしまいます。

 

関節が閉じてしまうと、重量物を持ち上げるためのテコ(関節可動域)が縮まってしまいますから、それも違うんじゃないでしょうか。

 

子どもは何もしなくてもドンドン成長しますし、幼少期にゴリッゴリに筋トレをして、そのあとプロテインを飲んでた方ってあなたの周りにいますか?

 

じゃあ筋トレって一体どういうことだ??

もっとシンプルでいいんじゃないでしょうか。

 

思ったとおりに体を動かすための筋肉と神経のつながりを良くする。

 

そのためには神経がからだの隅々まで電気信号を伝えるため、からだを緊張させることなくリラックスした状態でいる。

 

リラックスといっても崩れ落ちるほどのものでなく、どこからからだを押されても転ばないように足や手を出せるよう、状況に合わせて必要最低限の力で姿勢を保ち、

 

じぶんの思ったとおり、あるいは思うより先に反射反応ができるように、ニュートラルなポジションでいること、またその状態をずっと続けることだと思うんです。

 

筋トレ=筋肉を大きくするじゃないですからね。

 

もちろん、筋トレ=筋肉を引き締めるでもありません。

 

次に何が起こるかわからないのに、身構えていてもとっさに動くことはできませんから

 

とっさに動くことができるように適度にリラックスしておく必要があります。

 

どんな時でもからだを固めてしまってはダメなんですよ。

 

呼吸ですら固まって(止まって)しまうとダメなんです。

 

固いお肉は口にしたくないのに、じぶんのからだは固くしようとする不思議。

 

赤ちゃんを、動物を観察してください。

 

モチモチでぷるぷるで柔らかくないですか??

 

筋トレで目指すところは…

からだを色々な方向、方法で動かしながらじぶんの中心(ニュートラルポジション)を探り

 

どんな状況でも、平常心でからだをコントロールして力を発揮することのできる体幹を手に入れる。

 

そんな風になりたいわけです。

 

見た目を良くするために筋トレをしたい人もいるでしょうから、それはそれでいいんですが、それが全てでもないし、それが健康というわけでもありません。

 

水圧と大気圧、からだの内側にも目を向けよう

7割が水分だという、私たちのからだは内側の圧力がかかることでプリッとするのです。

 

その7割にも及ぶ水分は動きがなければ、うまく循環しません。

 

つまり動きがなければ循環はしないし、循環しないからだは水分が均等に分布してくれなくなります。

 

動きが循環を作り出し、循環が柔らかくみずみずしいからだを作り上げ、柔らかくみずみずしいからだからは力強い動きが生まれるのです。

植物と同じように、私たちのからだも水を取り込んだり、排出したりしながら生命を維持しています。

 

難しいことやしんどいことでしか、からだを鍛えることができないのではなくて、

 

子どものころ日没を忘れて遊んだように、楽しみながらからだを動かすことでも

 

健康なからだ、思ったように動かせる機能的なからだを手に入れることができるということを知っておいて損はありません。

 

楽しくからだを動かしながら、今よりずっと機能的なからだに!!

 

そんな楽しみながらからだを変えたい方はこちらもオススメです◎

子育てをしているおかあさんのためのボディワーク

妻が出産をしてわかったことですが、、、

 

子育てって大変です。

 

もちろん、サポートによって環境は大きく変わるとは思いますが

 

産後すぐから数時間おきの授乳に始まり、これまではお腹の中にいた子どもを両腕で抱っこしたり(ぐにゃぐにゃで3000グラムほどの重さを全て預けてくる)

 

睡眠不足やら、肉体疲労やら、、、ほんと大変です。

 

男性にはなかなか理解できないことかもしれませんが、ほんと大変です。(←現在進行形)

もちろん、掛け替えのない時間を過ごすことができて、素晴らしい経験もできるのですが

 

孤育てなんていう言葉もあるように、周りからのサポートがないとさらに大変さが増します。

 

なかでも妻を見ていて思うのは、姿勢の変化からくる、体調(からだ)の変化です。

 

うつむきながら授乳をして、子どもを抱っこをするということが約1年続くので、背中(特に胸のあたりから)が丸くなるのです

 

シュッとした姿勢が、こんな感じになるわけです。

さいわい、腰痛にはなっていませんが、からだがしんどいことには変わりありません。

 

これまであった一人の時間も減り、からだを動かすことが時間的にも、体力的にも、精神的にも難しくなるようで、からだのサポートは欠かせないなと思います。

 

妻をサポートしながら得た経験を、同じような子育て世代のおかあさんたちとシェアできたらと思って

 

昨年、一昨年と黒潮町子育て支援センターと四万十市教育委員会から依頼を受けて「子育てをしているお母さんたちを対象にした運動教室を」という話を受けて、運動教室を行いましたが

今年も黒潮町で子育てをしているお母さんのためのコンディショニング教室を行います。

 

ご都合がつくようでしたら、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

参加費は “無料”で、日程は以下のようになっています。

 

1月10日(木)10:00〜11:00

@黒潮町子育て支援センター

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)

 

 

 

 

からだの感受性を磨く

からだが変わるのに時間はいらない、必要なのは物事に対する正しい理解だ。 からだの性質を知る 野生の動物が筋トレをするという話は聞いたことがない。   彼らはおそらく自分以外のものになろうと思うことはないだろう。 …

子どもと一緒にからだを動かして、学びと気づきのある時間を持ってみては?

親子で楽しくからだを動かす魔法 今日は12月8日に幡多青少年の家であるワークショップの最終チェックへ     今年度は最後ということで、今年度の反省と次年度の計画も多少話をしてきました。   …

背骨を動かす

背骨を動かすと、からだを楽に動かせる   「背骨を動かす」と言うと「??」となるかもしれません   「背中??普通に動かせるし!」と思うかもしれません 背中を動かすとは違いますよ、「骨」、背骨、からだ …