小学6年生の授業で「人生の作り方」というテーマの話をさせてもらいました

青年海外協力隊で訪れたシリアの今、昔。

2010年ジャスミン革命に始まったアラブの春が中東の民主化ドミノを進めて中東の情勢不安を招きました。

そのことはシリアを舞台にISが勢力を拡大し、事態の泥沼化を推し進めているのですが。

2007年から2009年まで、僕は青年海外協力隊の隊員としてそのシリアで暮らしていました。

今となっては危ない国の一つぐらいの認識かもしれませんが、その当時のシリアは夜中に女性が一人で歩いていても危なくない、日本と変わらない素敵な国でした。

様々な点で人生を大きく変えたシリアでの経験を中心に、僕が見て感じ、経験し、思ったことを四万十市立東中筋小学校の6年生に話をさせてもらいました。

 

どうやって生きるか

おそらく多くの人にとって人生とは不測の事態の連続ではないでしょうか。

自分が思い描いてた、ドラマの脚本にあるような人生を送ることができる人はどれだけいるのでしょう。

思い切ったテーマで話をさせてもらいましたが、僕の話が誰かのことを励ますことができれば有り難いです。

 

何になろう

幼い頃の夢と比べると、今の自分は予想もしないところで暮らしていて、思ってもいないことを言ってたりしてます。

だけど、一つ胸を張って言えることは「今がサイコー!!」だと感じる瞬間があること。

色々難しく考えるのも良いけれど、小学6年生の今から老後の心配をして生きてくことはなんだか変じゃないですか。

僕たちが子どもだった頃、iPhoneで気軽に世界中の人と無料で話すことができるなんて想像すらしていなかったし、(悪い意味ではなく)今ある知識で予想し得る未来など大したことはないってことがなんとなく感じてもらえたのではないでしょうか。

嫌いなことからも逃げるのではなく、嫌いなことも楽しめるよう工夫をしながら、心がワクワクすることをからだで感じながら「好き」と「楽しい」を追求してみようと言う話をしました。

 

どこで暮らそう

なんとなく小学生の頃から広い世界に飛び出したくて、だけど飛び出すのもビビったりしながら、高知を出て、関西を超えて、東京を超えて、アジアを超えてやっとの思いでたどり着いたところが中東にあるシリアと言う国でした。

そして王家の墓があるルクソールの駅で後ろから知人に声をかけられ、世界の狭さもそこで感じました。

世界の、日本のあちこちに知り合いがいたり、訪れた場所があることはテレビや雑誌で見るのと全然違います。

未知なるところへ足を踏み入れるのは勇気がいりますが、怖じることなく自分が感じているワクワクを信じてどんどん広げてみるのも良いかもしれないですね。もちろん自分のペースで。

 

誰といよう

親兄弟と過ごす幼少期、友人が増えて行動範囲が広がり言葉遣いも複雑になってくる思春期、大人になった気になっていた青年期、様々な経験を積み人生の折り返し地点付近だと感じる壮年期、そしてまだ先を知ることのない未来も。

僕たちはひとり一所懸命生きてるように感じるかもしれないけれど、たくさんの人たちと関わって生きている。

昔嫌いだったアイツも、今となっては自分の嫌な部分を投影していたように感じたり。

だって、相手がいなかったら自分を認識することもできないわけで。

そんな自分の周りにいつも誰か要るのが当たり前には思わないでください。

当たり前ではなくて、有り難いんです。

有り難く思えたら、その瞬間に感謝することができたり相手に敬意を抱けたり、そうなると相手の嫌がることをしようなんて思わなくなるでしょう。

それが平和なんじゃないかなと思います。

人種、国籍、宗教なんて違っても言葉を交わせば、きっと僕たちひとりひとりは分かり合えるし、分かり合えなくても顔がわかる相手を攻撃しようとは思わないのではないでしょうか。

そして今、ここに居る私が何をしているかに集中し続けることが大事だと。そんな話をしてきました。

今日話をしてきた四万十市立東中筋小学校の6年生のみんなが、こんな僕を見て生きる勇気みたいなのを感じてもらえることができたら有り難いです。

2015年に素敵なご縁を繋いでくれた四万十市のヒカリネコ舎のBICクンたまきちゃん、矢野川校長先生、驚きの再会を果たすことになった恩師の大野先生、今年も快く迎え入れてくれた東中筋小学校の職員の皆様、6年生のみんな、この場を借りて改めて「ありがとうございました!」

 

ロコクロ体操から考える地方での健康の在り方

地域で取り組むロコモティブシンドローム予防

ありがたいことに4年前から高知県黒潮町で取り組んできたロコクロ体操(ロコモティブシンドロームを予防する潮町独自の体操)が高知県社会福祉協議会の冊子 ”タマテバコ” に取り上げられました、どうもありがとうございます。

 

さてロコモティブシンドロームとは…

運動器[1]の障害や、衰え(関節可動域制限やサルコペニア等の筋力低下など加齢や生活習慣が原因といわれる[2])によって、歩行困難など要介護になるリスクが高まる状態のこと[3]。一言で言えば、運動器機能不全のことである。日本整形外科学会2007年に提唱した呼称(和製英語とされる[4])で、予防啓発を行っている[5]ロコモと略されたり、ロコモティブシンドロームロコモーティブシンドロームロコモーティブ症候群運動器症候群などと呼ばれることもある。 wikipediaより引用

 

高齢化が進みゆく地方で、自治体がこうした健康づくりの取り組みをすることは回り回って医療費の軽減や自立した暮らしを進めるのには有益になるでしょう。

4年の月日をかけて住民の方に認知されたロコクロ体操は現在、ロコクロエクササイズへと進化しました。

運動習慣をつけることが目的だった体操から、さらになんらかの身体機能改善を目的としたエクササイズになり、こうした軽運動を続けていくことで健康でいられることを体感してもらえるのは嬉しい限りですし、将来的にロコクロビクス、あるいはロコクロダンスといったように地域に愛される「体についての智恵を育む」存在になれたらいいなと考えています。

 

都市と地方でひらく健康格差

 

都市部ではフィットネスクラブが多くあり、人々の健康への意識も高いので地方と比べると運動への意識も高いとは思います。

一方で、農林水産業に従事している方が多い地方では、デスクワークが多い都市部とはライフスタイルが大きく異なり、肉体労働をした後に運動をしようと思っても疲れたからだで運動をするのは気力・体力的にも難しく、また運動をしようにもフィットネスクラブなどの場所もなく、また運動指導ができる人材が少なく、よっぽど必要性に駆られて求めなければ”健康づくり・からだづくり”ということに興味を持つことが少ないように思います。

また自動車が生活の中心にあるため、ドアtoドアの暮らしになり運動をする機会がますます減っていくのが現状です。

自然が豊かな地方で暮らしているのに、運動不足で病院にかかることが多く健康的な暮らしが送れていないというのはなんとも本末転倒な気がします。

 

地方で健康・運動への意識を高めるためにはどうすればいいのか

食生活を見直したり運動習慣をつけるよう働きかけると言うのは簡単ですが、実際に落とし込むのは難しいように感じます。

黒潮町を例にあげると、幸いなことに?!地デジ難視聴地域が多くみられる黒潮町では地デジに移行するのを機に自治体が防災無線も兼ね備えたケーブルテレビを敷設整備したことで、IWKTVという黒潮町独自のチャンネルを通してロコクロ体操を1日に複数回放送することで ”からだを動かすことの大切さ” というものを伝えてきました。

また自治体が出張サロンを行い、それぞれの居住地域の方が参加できる広い意味でのレクリエーション活動を行なってきました。サロンの内容は保健に関するものや、栄養や食事に関すること、暮らしのワンポイントアドバイス、運動教室などで、年間を通して同町内を順番に回るというものです。

それぞれの地域性やインフラなど違いはありますが、こうした自治体を中心とした行政が主導となって行なっているものに専門知識を持っている各分野の方々を積極的に取り入れることで、より迅速で先進的なサービスが提供されていくでしょう。また、その地域にいた人や他所から移住してきた人など、地域にいる人材を活かした円滑な連携ができるようなシステムを構築することができると、地方ならではの充実した健康づくりを進めることができるのではないでしょうか。

姿勢を良くしようとして胸を張るのは良くないですよ。

猫背は良くなる

先日、知人のお店で食事をしていたら「先生のところで猫背は治る?」と聞かれました。

答えはもちろん治ります!

治るという表現は適切ではないかもしれません、からだが正しいポジションになるように一緒に改善していくことで少しづつ元に戻すことができます。

ただ、猫背は背中だけが丸くなるだけじゃないんです。

全身タイツのような1枚の皮膚、その皮膚の下にある筋肉、その筋肉が付着している骨すべてが引っ張りあって結果として背中が丸くなり、からだに不調が生じてくるわけです。

こちらの動画をご覧ください。

ご相談をいただいた方は、仕事で厨房に立つので重心はつま先の方へ動きます。そして腕も首も斜め前方へしなだれる姿勢になり、からだの傾いた姿勢は “変な感覚” になるので、堪えようとする反対向きの力が加わり静止状態が連日続くため力の均衡がとれたまま固まってしまうのです。

長い間着ることのない服に折りシワがつくのとイメージは同じです。からだの表面が変化するともちろんそれに伴いからだの内側の骨にも変化が起こってくるという感じ。

20170222-144328.jpg

オシャレは足元から…ではないですが、オシャレをするための姿勢は足元から。

猫背に限らず、からだの不調を感じる方はご自身の姿勢を気にしてみてはどうでしょうか。

極寒の南国高知でスノーシューイング!!

日本のカリフォルニア、高知!!

冬でもサーフィンができるので南国のイメージがある高知県ですが、ほら!!

びっくりするぐらいの積雪があるんです!!

ここは天狗高原、四国カルストとして知られている高知県と愛媛県の県境。

標高は1400m、100m上昇するごとに気温は0.6℃下がるので平野部との気温差はおよそ8℃。

幻想的な世界が広がる天狗高原、天狗荘でアウトドアエクササイズを共催しました。

アウトドアエクササイズというと「雪山でヨガでもやるの?」という声も聞こえて来そうですが

屋外でからだを動かすために必要な「からだのケア」と季節で楽しめる「アウトドアアクティビティ」のセットで、今回は”疲れにくいからだを作る全身の柔軟性をアップさせるためのエクササイズ”を行いました。

満月の夜に天狗高原の天狗と交信している様子ではなく、股関節周辺の柔軟性(腸腰筋)を緩めている様子。

90分程度話しながらゆっくりからだをほどきましたが、皆さんからだの変化にとても驚いてました!

そうそう、自分のからだのことを知ってあげると簡単にからだは変わるんです◎

終わった後は温泉に入って、たくさん水分を補給してぐっすり眠れたのではないでしょうか?

 

夜はボディケア、翌日は気持ちよく雪原をスノーシュで歩こう!

初日の地吹雪も落ち着き、二日目は朝から快晴!!

これは気持ちよくスノーシューが楽しめそう!!

ピークに続く雪原が広がる場所まで急ぎ足で歩いて

スノーシューを履いて、ピークを目指してGO!!

高知とは思えない腰まである新雪を掻き分けてズンズン進みピークへ到着!

誰の足跡もついていない山頂から見る景色は気持ちが良かったです!

距離にして2kmも歩いていないと思いますが、2時間ほどかかって天狗荘まで到着!ヘトヘトです

ピークを目指すのは体力がいりますが、初心者の方にはセラピーロードと展望台があるエリアがあって

こちらはカメラを持った方やお子様連れのお客さんたちが楽しそうに雪で遊んでいました◎

寒いのが苦手な方には天狗荘の2階にパノラマルームもあるので、こちらで暖かく雪山を楽しんでもらえます◎

今シーズンは難しそうですが、来シーズンはぜひ天狗荘でのスノーシューに行ってみませんか??

春にはセラピーロードを使ったトレイルウォークも考えているのでこちらもお楽しみに◎

アメリカでの筋膜解剖コースを終え無事に帰国しました

アリゾナ、フェニックスにあるトッドガルシア氏のLaboratory of Anatomy Enlightmentでの解剖実習を終え無事に帰国しました。

今回の渡米では近年注目を集めているオレゴン州のポートランドへも足を運び、地方でのまちづくりや人々の暮らしを見て来ました。

10日間スタジオを閉めることになり、ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしましたが、今回の経験をこれからの暮らしに活かせるよう尽力していきますので今後ともよろしくお願い致します。

またアメリカ滞在中に学び、感じ、触れてきたことについてはこのブログを通して発信していきたいと考えていますので、時差こそありますが興味があればご覧頂けたらと思います。

20170130-161951.jpg

念願叶ってアメリカです!!

KINETIKOS主催のアナトミートレイン 筋膜解剖コースに参加しています。

現在はアメリカ、アリゾナ州のフェニックスに滞在中です。

ワークショップでは人のからだには個体差があることを改めて実感し、人のカラダはたくさんの不思議があって探求しても探求しても決して満足することがない冒険のようなものだと感じました。

このまたとない機会を、帰国後のセッションに活かしたいですね!!

 

新年明けましておめでとうございます

2017年明けましておめでとうございます!

今月12日より25日まで、かねてより楽しみにしていたアメリカでのセミナーに参加してきます。

アナトミートレインの著者でもあるトーマスマイヤース氏と彼の研究パートナーDr.トッド ガルシア氏が案内をする解剖のワークショップ!

このセミナーに参加できる高揚感を伝えやすい言葉にするのはめちゃくちゃ難しいのですが…

例えるなら、サッカー好きの人にとってのWorld Cupの決勝戦ぐらい絶対に見たいプレミアムチケットであり、”筋膜”についての学びをより深めるためには非常に興味深いチャンスなんです。

そして面白いことに、場所はフェニックス!

なんとも酉年のスタートとしてはバッチリすぎる予感!

多くのことを学び吸収して、たくさんの方々とシェアできることを楽しみにしています。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

小林洋太

 

楽なからだと付き合うために、からだのことを知ることから始めよう!!

からだが良くなるために必要なこと

サッカー選手になりたかったら、人よりたくさんサッカーをすればいい!

料理評論家になりたかったら、人よりたくさん料理を食べればいい!

お金持ちになりたかったら、人よりお金のことを詳しく知っていればいい!

だったら、理想のからだになるためには、からだのことを人より詳しく知ることから始まるはず!

腰が痛くて仕事に支障が出てる方、体型に悩みがある方、競技成績が伸びなくて悩んでいるアスリートの方

自分のからだのことどれだけ知っていますか??

 

知識と感覚からからだを学ぶ

からだを動かすことが好きで、からだのことが好きだったから、トレーナーという仕事をしています。

だけど、実は大学での勉強は退屈でした。

講義はどれもワクワクして面白いんです!だけど、活字と図だけではどうしても意識が遠のく。

そう!知識としてのものが動きと直結しづらかったんです。

知識としての情報を、からだで表現しようとしても初めてやる場合は上手にできません。

目玉焼きの作り方の工程をいくら熟知していても、一度も調理をしたことがない人にはその通りになんて作れないはずです。

僕が行っている3つのワークショップ

  • からだのがっこう
  • 楽しく体を動かす魔法
  • からだ寺子屋 

この3つでは、動きを通してからだに対する知識を体系的に学び、暮らしに活かせる情報をお伝えしています。

そして、より個人に合わせたボディワークを行うためスタジオでは個人セッションを行っています。

 

常識は変化する

その昔、運動中に水を飲むことは悪いとされていました。

日本では筋トレの象徴のようになっている腹筋運動も、US NAVY(海兵隊)ではからだに悪いとされ除外されました。

科学が進化し、わからないことが少しずつ解明され、情報は詳細化されどんどん進化しています。

詳細な情報から得られるフィードバック(からだの反応)はより迅速に変化を促します。

科学が進化したおかげで、僕たちは伝書鳩からスマートフォンにまでコミュニケーションツールを進化させ、できたツールがiPhoneに代表される今では暮らしに欠かせないアイテムに変化したのと同じですね!

最先端のトレーニング理論やトレーニング方法、自分に合ったからだとの付き合い方など、からだのことに興味を持ったらぜひ一度ワークショップ・セッションにご参加ください!

 

 

からだのアンチエイジングは自分でやりましょう!!

天神橋商店街ぶらっと寄り道ツアー

先日、中村天神橋商店街の”ぶらっと寄り道ツアー”に参加させていただきました

img_5512

スタジオにいらしたのは6名でしたが、どなたも「こんなところに…」と驚いてましたね

CMを一切していないので、まぁまぁこんなもんかとは思いますが。

ひとのからだに携わることを生業としているものとしては、からだが変わるのは当たり前ですし

そもそもこれだけ変わった、こんな風になったというのは言う必要もないかなと思っていて。。。

そんなこんなで初めてスタジオ(ジム)に訪れたみなさまに、簡単にできるセルフケアをお伝えしました。

 

簡単セルフケア、まずはストレッチポール

img_5511

スタジオへ来る前はリース作りをしてきたとかで、今回は肩首回りを軽くしてもらうことに。

ポールに乗ってゆらゆらと♫手を動かして、腕を動かして、首を傾けて…ハイッ!!!!

終わった後はみなさまスッキリして帰っていただけたようです◎

 

今回使ったツールはこちらでどうぞ

今回使ったのはLPNのストレッチポールMX!!

改良される前の商品(ストレッチポールEX)に似た素材の「ヨガローラー」や「フォームローラー」なんかはホームセンターやスポーツ用品の量販店にも売ってますが、乗った感じが違うので断然ストレッチポールMXをオススメします!!