からだの記憶を書き換える

1gでからだは変わる

はじめてピアスをつけた時、なんだか耳が引っ張られるなぁと思った経験はありませんか?

 

たかが数グラムでも、からだはその重さを感じて反応します。

 

だけど、それに慣れてしまうと、はじめに感じた反応(変化)を忘れてしまうのです。

 

忘れてしまうというより、からだが先回りして備えてしまうといった方が正しいかもしれませんね。

 

ピアスに限らず、髪の毛が肌に触れたり、足で小石を踏んだり、

 

ささいなことでもからだは “違い” を感じて反応します。

 

恒常性を求めるからだ

 

以前、からだの恒常性ということについてのエントリーを書きましたが

 

「違和感」というのは、からだの在るべきポジション、在るべき状態と比較して感じるものです。

 

その在るべき状態というのは、私たちが思う

 

腹筋が6つに割れているとか、モデルのように歩くとか、そんなことじゃないんですよね。

 

もっと本能的で、もともとからだに備わっている感覚なんです。

 

感覚は書き換えられる

学校に通うようになり「気をつけ」を習い、その姿勢が「まっすぐ」だと思うまで、正しく立てていたんですよね。

 

それが習慣的になり、いつしか「まっすぐ」というのが「気をつけ」にすり替わってしまい

 

そこからなし崩しに、からだが持っている身体感覚が書き換えられてしまったのです。

 

「気をつけ」の姿勢をとるとき、お尻にぎゅっと力が入ってしまいませんか?

 

そんなにお尻に力を入れて立っている生き物は、おそらく私たちだけではないでしょうか。

 

本当は1グラムの重さ、1ミリの厚みでも感じられる身体感覚を持ち合わせていたのに

 

いつしか「こうでなければならない」とか「こうありたい」という自分本位な考えから、本来「在るべき姿」から遠ざかって、その感覚を忘れてしまったのです。

 

忘れていた感覚を呼び起こす

しかし、頭では忘れてしまったものの、からだの感覚としては記憶の奥底では覚えているのが「本能」であり、備わっている身体感覚です。

 

私たちは、目に見えるものや存在感の大きいものには敏感に反応することができるのに

 

目に見えないものや、存在感の小さなもの(特に小さな数で表されるもの)はあまり敏感に反応することがありません。

 

しかし、その小さな存在や、目で捉えることができないものこそ、私たちのからだ(脳神経系)が無意識下で処理をしている重要な情報だったりするのです。

 

思考を変える

100キロの重さをあげることもすごいですが、1グラムの重さを正確に伝えることも同じようにすごいわけです。

 

ついつい100キロの重さをあげることができる筋肉に目がいってしまうかもしれませんが、

 

1グラムを感じることができなければ、同じように100キロの重さも感じることができないでしょう。

 

そもそも100キロの重さをあげる機会なんて、普通に暮らしていたらありませんけど、1グラムに表される小さなことができなければ、その先のことはできないのです。

 

トレーニングというとなんだか重い方がやった気にはなりますが、

 

(1グラムよりは大きな力ですが)輪ゴムが締める力を使って、無意識下にある身体感覚を呼び起こすことに挑戦してみてください。

1グラム、輪ゴムひとつで、からだは変わります。

 

自分のからだへの意識ひとつで、からだはどんどん快適なものに変化するのを感じてみてください。

 

赤ん坊がからだの自由度を獲得するように、その(忘れていた)感覚に慣れ、さらに磨きをかけて自分のものにしてください。

 

世界を変える、からだのがっこう始めます

動きの基礎を学ぶ

この1月から始まる「からだのがっこう」では、機能解剖学に基づいた動きの基礎を学びます。

 

ただ教えられたことをするのではなく、からだ(の不調)と向き合いながら、主体的に考えて動きの基礎を身につけることを目的としています。

 

私たちは、身長も体重も、生活様式も違うし、傷病歴や不調を感じる時もすべてが異なるのに、腹筋と背筋、あるいはスクワットをしてそれらが良くなるか…考えてみると解ると思うんですが、

 

全ての人が同じことをやって、同じような結果が出ることはありません。

 

まして、自分以外の誰かが、自分のからだを良くしてくれるなんてこともありません。

なので、いつ、何回などと運動のタイミングを決めてもらおうなんて思わないでください。

 

じぶんと向き合いながら、生活の中でからだにとって良くないことは積極的に変えていくことが必要ですし、

全て、自分のからだを通して、感じたことに対して、自分でリアクションできるようになりたいのです。

 

不快に感じることは止める、快適になるためにはどうすれば良いか考える・

ストイックに取り組める人もいれば、ゆっくりと確認しながらスローペースで行いたい人もいるでしょう。

それらが個人個人のからだの特性となって、日ごろの暮らしを作りますし、非日常なときにも影響をします。

 

からだの動きは、その人の思考を変え、暮らしを変え、世界をも変えます

 

しっかりじっくり時間をかけて、からだについて、動きについての基本を学んで、

今より自由なからだを手に入れてみませんか。

 

子どもからお年寄りまで、すべての人に有益な動きの基礎を教えています

基礎ほど大事なものはない

不思議なもので、私たちは当たり前のことをついついないがしろにしがちだったりします。

当たり前というのは、基礎的なことをいうのですが、、、

基礎的なことでバリエーションが増えると、それは応用・発展ということになります。

例えば、サッカーで言えばボールを蹴る・止めるというのは基礎的なことで

もっと噛み砕いて考えると、立つ・歩く・走る・ジャンプするなども基礎的なことの基礎になります。

基礎の意味がわかっていなければ、基礎ほど退屈なことはないのかもしれませんが、

ボールを蹴る、止めるという動作について、何通りもの動きの選択肢があればそれだけでプレーの流れを変えることができるのです。

サッカーに限らず、色々なことで慢心から「できたつもり」「できているつもり」になり、派手なことを!!と思ってしまう気持ちも解らなくはないですが、

所詮それは真似事でしかなく、本質を捉えていない形だけのものということになってしまいます。

私たち人間の動きは、基本的な動作である(立つ・歩く・座る)の上に成り立つ、応用的な動きですから

膝が痛い、腰が痛い、首が痛いなど、からだのどこかに支障が出てくるということは、基本的な動作、またはそれ以前の基本的な姿勢、あるいはバランスが崩れているということになります。

 

当たり前に “できているつもり” になっている「からだの動き」ですが、ほんの少しのことで変化します

動くことについて1つのチョイスしかないのでは、応用なんてできるわけはありません。

大切なことは、動きにたくさんの選択肢を持つこと、動きを修正するための感覚を持つことです

子どもが成長に合わせて、色々なことができるようになっていく様子はまさにこのことではないでしょうか。

動作の失敗を恐れるのではなく、失敗から学び続けることはできていますか?

思考を変えて、からだが変わると、動きも変わり、暮らしが変わります。

ランニングをしていて、からだに不調があるということは…

走っている人が多い!

年末年始は、松山で過ごしています。

普段の生活圏と比べると、人口は20倍?!でしょうか。色々な人がいて、色々な店があってなかなかエキサイティングです!

特に気になるのは、ひと・ヒト・人…

初詣に行っても、車で移動をしていても、いろんな人の姿が目に飛び込んでくるのが面白くて、ついついキョロキョロしてしまいます。

年始ということもあるし、愛媛マラソンが近いこともあってか、ランニングをしている人が多いのが目につきます。

近年のマラソンブームにのってというのもあるでしょうし、減量のためというのもあるかもしれません、もちろんそれらは健康のためなのでしょうけれど、

なかには足を引きづりながら走っている人もいたりして、思わず声をかけたくなってしまいます。

 

からだに痛みがあるということは、使い方を間違えているということ

ランニングをしているということは、絶えず地面からの衝撃を受け続けるということですから

基本的な構造が歪んでいては、衝撃がどこかに蓄積していくということです。

(多くの場合、それは膝や股関節周辺、そして腰回りに現れることが推測されます)

全ての動作は基本的な動作である(立つ・歩く・座る)の上に成り立つ、応用的な動きですから

走っていて、からだのどこかに支障が出てくるということは、基本的な動作、またはそれ以前の基本的な姿勢のバランスが崩れているということになります。

 

基礎ができなければ、応用はできない

運動しているときの姿勢は、日頃の姿勢の延長線上にありますから、

仕事中、運転中、食事中…etc 重力に適応できていない姿勢でいるとあれこれ固まってしまうのです。

体幹トレーニングもしてるし、腹筋背筋もしてるし、そんなことはない!!と思うかもしれませんが、実際そうなんです。

歪んだ姿勢(骨格)でコンクリートもしくはアスファルトの地面からの反発を受け続けると…また固まります。

終わった後、固まってしまったことを自覚して、少しでもケアできてたら良いのですが…

これもまた多くの場合、からだが筋肉痛になるのが “効いている” と思い、良しとしてあまり何もしません。

ウォーミングアップも、クーリングダウンもあまりせず、痛いのが効いているという謎の信仰があるように思います。

 

からだ、きちんと使えていますか

同じ”走る”ものでも、車だと暖気運転をしたり、オイル交換もします、タイヤを気にしたりバッテリーを気にしたり、色々とメンテナンスをするのに、

自分のからだは、なんかよく解らないコンプレッションウェアを着て、ショックを吸収してくれるシューズを履いて、いかにも!!な感じでドレスアップしますが、肝心の自分のからだについてのメンテナンスはあまりしていないのではないでしょうか。

 

結論としては、その人が結果に満足していたらそれでいいんですけどね。

もっといい方法があるのになぁと思ってしまうのです。

 

一年の計は元旦にあり

新年明けましておめでとうございます

さて、今年はどんな1年になるのでしょうか。

 

毎日、新しい1日が始まって、終わって、それが繰り返されて1年という単位になっていますが、

1年の目標というのは立てやすいけれど、時としては忘れてしまったり、おざなりになったりしてしまうことも。

 

そうしたことからも、やはり目標というものは、その都度修正していくものだとも思いますし

1年ごとに新しい目標を立てることもいいですけど、中長期的な目標設定があることも大切だと思います。

中長期的な目標があり、単年度での目標があり、四半期ごと、月ごとでの目標があった方が

自らの成長(目標までの進捗状況)を実感することができますし、修正も可能になってきます。

 

 

時間がすぎるのはあっという間です。

自分以外のことに気を取られすぎて、じぶんの時間を失くさないよう、主体的に生きていくために

初詣に行って、お願い事をするだけじゃなく、

今年の年末にはどうなっていたいのか、来年、再来年、5年後にはどうなっていたいのか

じっくり考えてみるのはどうでしょうか。

気がつけばもう大晦日!!

ゆく年、来る年 12月になったのは、ついこの間だった気がするけれど   バタバタとクリスマスがやって来て、あっという間に年の瀬に。   今年はどんな1年でしたか?   良いことも、良くないこ …

やってもらうだけじゃ何も変わらない。

からだを整えたからもう安心ですか?

からだは常に変化しています、いくらベッドに寝転がって誰かにからだを触ってもらっても、

 

ひとたび立って動き始めると、これまでの習慣で動くので、元に戻ってしまうのです。

 

だってそうじゃないですか?

 

自分以外の誰かに「これが正しい姿勢ですよ!」と言われて

 

「はいそうですか。意識してキープするようにします」なんてちょっと無理じゃないですか?

 

できませんよね。

 

そもそも正しい姿勢を意識できるなら、他人にからだを整えてもらう必要なんてないわけですし

 

仮にそれが電気を流すとか、揉むとか、そんなことで正しい姿勢になれるのなら…ねぇ

 

自分のからだを型にはめようとすることよりも、自分のからだに合った型を作る方が良いんじゃないでしょうか。

 

自転車の乗り方を学んだとき、お箸の持ち方を覚えたとき、違う言語を覚えたとき、野球やサッカーでボールに回転をかける方法を練習したとき、、

 

全部自分のからだで繰り返し繰り返し練習をして、時としてそれはしんどかったりもしたけれど、

 

そのことができるようになりたいからと、からだも頭も使って一所懸命に取り組みませんでしたか。

 

じぶんのからだは、じぶんで管理しないと!

 

管理という表現は好きではないですが、じぶんの体調を管理してくれるのがお医者さんだと思っている方はほぼいないのではないでしょうか。

 

まして近年は医学部の不正入試が話題になってますし、健康そうなお医者さんていないイメージですし…ねぇ

 

 

からだについて双方向の情報交換をしよう

お医者さんをはじめ、からだに関わることをやっている人は、健康づくりに関しての知識では大きなアドバンテージがあると思いますが

 

自分にはアドバンテージがないという理由で、ただそれを「やってもらうだけ」では何も生まれません。

 

先にも言ったように「じぶんでも」取り組むことで、からだに対する知識(からだリテラシー)を高める必要があります。

 

例えば、大学に行きたいからと予備校に通っても、通うだけで目標の大学にいけるだなんて誰も思いませんよね。

 

それと同じです。

 

からだに対する情報を理解するための、最低限のことを身につける必要があるのです。

 

それを身につけることで、からだに対する理解度はさらに高まり、じぶんのからだの特性などがわかってきます。

 

勉強と全く同じです。全ての物事に共通していることだとは思いますが

 

じぶんのからだのこととなると、解ってるつもりになってしまうのです。

 

これではせっかくの時間もお金も、学ぶ機会も失うことになり、与える側と与えられる側という関係性に終わります。

 

そうではなく、与える側と受け取る側として、双方に細かい確認を行いながら、段階をへて理解を深めていくことで

 

「解ったつもり」が「解った」に変わり、じぶんのからだに対する理解度が増すわけです。

 

いかに主体的に取り組むかということは、からだのことだけに限らず、自分のパフォーマンスを高くするために大切な要素になります。

 

 

からだは常に変化しているからこそ、変化に敏感でありたい

私たちのからだは、ほんの少しのことで変わります!

 

だって20分でこれだけ変わるのですから!!

 

誰かが何かをやってくれたら楽でいいかもしれませんが、それでは自分のものになるはずがありません。

 

自分から情報を調べ、理解しようとしないと、自分のものにはならないのです。

 

双方向のコミュニケーションを行いながら、からだが変わっていく様子をクライアント(西村惣一さん)の了承を得て一部公開します。

ここで変わったからだを持続させ、さらに高いパフォーマンスに移行しようと思うと

 

ここからさらに復習をし、じぶんのからだにフィットさせていく必要があるのです。

 

じぶんのからだのことですから「やってもらって終わり」じゃないんですね。

 

ダンサー / トレーナー / アクロバット指導と多岐にわたる活動をしている、西村惣一さんもチェックしてくださいね!

 

動画は年末年始、時間のあるときにゆっくり観てください。

 

動画を観ながら一緒にやってみると、からだの変化を感じることができるようになるかもしれませんよ!

からだは自由になりたい

ひとりひとりの暮らしがあるのでからだはそれぞれ違う。

 

なんとかメソッドとか、なんとかテクニックなんてものは、型にはまるためのもの。

 

与えらえれたものは、結果としてドグマに縛られてしまう。

 

クリエイトすることができる私たちのからだには、自発的にからだが動きを伝えられる自由度が大切だ。

 

抽象的になるが、言葉にすると

 

からだに作用する重力に動きを合わせて、動きを中心から末端への延び広がるように

 

力が伝わっていく道のり、筋肉、を感じて、等張性の上を滑らすように重心を動かす。

 

 

刻々と変化する中で、重心がぶれることなく体幹から四肢へと力が伝わる動きは、それを表している。

 

からだは、自分だけのオリジナルな動きを表現し、何かをクリエイトするのが得意だ。

腹筋を縮める動きがからだに与える影響

腹筋が縮まる動きがからだにどのような影響を与えるか、考えてみたことはありますか?

 

まぁ、ほぼ考えることはないですよね。

 

でも、体幹という言葉を聞くと “腹筋” を連想するのではないでしょうか。

 

いつの日か学校で習った腹筋運動が強い体幹を…と信じているからだと思います。

 

その!!腹筋運動の動きこそが、腹筋を縮める動きであって、思っている以上に私たちのからだに強く影響しているのです。

 

冒頭で、腹筋を縮める動きがからだに与える影響ということを言いましたが

 

腹筋を縮めることで、骨盤と頭蓋骨の位置が大きく変化し、それに伴い背骨の状態も変化します。

 

本来、からだはまっすぐに立っていたいので、前にも後ろにも左右どちらかにも傾いていたくないはずですよね。

 

ここでいうまっすぐとは、背骨の状態ではなく、からだの中心が頭頂部から足裏にまで整っている状態のことです。

中心を外れてしまうと、からだがいずれかの方向へと傾いてしまうのですが、

 

私たちのからだはとても賢いので、カウンターをあててバランスを取ろうとします。

 

つまり、四六時中、お腹を硬く縮めていると、その反力は反対側の背中側に現れてくるのです。

 

腰痛や、肩こりをはじめ、坐骨神経痛、痔なんかもそうでしょうね。

 

2015年12月25日、ウォール・ストリートジャーナル紙でも腹筋が時代に合っていないという記事が紹介されています。

 

体幹を強くするための腹筋がどうして…??

 

それはこの動画をみてもらえると、腹筋を縮めることで、骨盤と頭蓋骨の位置が大きく変化し、それに伴い背骨の状態が変化するのがわかると思います。

二足歩行をするためには、その前の四足歩行がしっかりと行える必要があります。

 

その四足歩行をするためには、からだの体重をしっかりと地面へ伝える必要がありますし、前方を見る必要があります。

 

腹筋が縮んでいる状態の方は、背中が丸くすくんでしまって地面にしっかり重さを伝えれてない感じがありますし、顔は下を向いてしまっています。

 

なんだか怯えた犬のような姿勢で、強さは感じられません。

 

腹筋を縮めているのに。。。

 

腹筋運動が悪いというつもりはありませんが、腹筋はもっと動かすことができて良いのではないでしょうか。