「 hirotakobayashi 」 一覧

トーマス・マイヤーズ ワークショップ 〜女性の骨盤と人生のサイクル〜

テンセグリティ構造に基づく身体アプローチ テンセグリティとは、バックミンスターフラーが提唱した概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語である。   平昌オリンピックで …

からだに対する誤った認識

2018/04/01   -BODYWISE, hirotakobayashi

脂肪は揉んでも消えません 今日の取材で筋肉と脂肪の話しになったとき、担当のライターさんから真顔で聞かれた 「脂肪は揉んでも消えないんですか?」 なんでも、手袋して揉むと痩せるーという理学療法士が書いた …

とあるセッションを振り返って

あなたの意識はどこに向いていますか? 私たちはからだの前側に「目」がついている。 当たり前のことを言っているが、魚は側面にあり、ワニなどは上にある。 私たちが生きていく上で重要になってくる(刺激)情報 …

自分のリズムを知ることは大切ではないですか?

桜と田植えと海水浴が一緒に味わえる、高知の春 今年の桜の開花は高知が一番早かったようですね。 そして桜が咲いたかと思うと、あっという間に夏日に突入! あちこちで台風前に収穫をする超早場米の田植えが終わ …

間質:筋膜組織についての新たな発見

新しい「器官」としての筋膜 米ニューヨーク大学などの研究チームが、体内の「間質」と呼ばれる空間の構造と分布に関する詳細を研究し、「人体の新しい器官を発見した」として、27日の学術誌に論文を発表した。( …

生きるということ

2018/03/28   -BODYWISE, hirotakobayashi

一所懸命、今を生きていますか 昨年、アリゾナにあるトッドガルシアのラボ “lofae” で冷凍献体での人体解剖を行いました。 5日間、敬意と尊厳をもって献体と向き合い、初めて人体の内側にふれました。 …

自分と世界の境界線を…なんていうとマニアックすぎますね。

体幹が整うと、からだは本来の姿に戻っていく 和の所作で整える体幹コンディショニングも今月でvol.3となりました。 このワークショップでは、僕がからだを通して経験したことをギュッと凝縮してお伝えしてい …

知識がないから、非科学的なことも信じてしまう。

全体で動いている人のからだ からだは考えなくても全部が同時に動いていますよね。 あたりまえの事のように思うかもしれませんが、実は全く理解できていないかもしれません。 例えば、腰が痛くてからだに不調を感 …

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜セッション3〜

出発まであと1ヶ月 サンティアゴ巡礼の旅の出発まであと1ヶ月を切った。 クライアントは仕事もあり、最初に計画していたようにセッションが進んでいない。 ただ日々のトレーニングはしっかりと行なっているよう …

気になるワードを記事から検索

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi
友だち追加

ワークショップのお知らせ

ワークショップのお知らせ

和の所作で整える体幹コンディショニングvol.1

和の所作で整える体幹コンディショニング

和の所作で整える体幹コンディショニング
次回は”腹横筋”がテーマです。
●日時 4月28日(土)  14:00 〜 15:30

クービック予約システムから予約する

Facebook page