未だ知られざる人間のからだ

私たちはまだ多くを知らない

「無知の知」とは、古代ギリシャの哲学者であるソクラテスの、「知らないことを自覚する」という哲学の出発点に向かう姿勢を簡略して表現した言葉

 

21世紀、テクノロジーが日に日に進歩していても、まだまだ知らないことがたくさんある。

 

(そもそも21世紀だからどうしたという話でもあるけれど)

 

そして今日もまた、からだの魅力に取り憑かれてしまった人を興奮させる「筋膜」についてのとびきりのトピックスが!!

 

ここ数年、筋膜リリース・筋膜はがし などの言葉で、一躍脚光を浴び始めた「筋膜」

 

これも少しでも勉強した人なら、はがすという表現は使わないだろうし、ある日突然 筋膜リリースという言葉を使ったりはしないだろうけれども、世の中は大商業時代。

 

ある時を境に、筋膜ビジネスがニョキニョキと成長してくる。

 

だけれども、筋膜という存在に対して、誰も明確に定義することができないでいる。

 

これまでは存在は知られていたけれど、ないものとして見られていたものなのだから、そのことについての見識やデータなんかはまだまだ揃っていない状態。

 

こうやって今も、骨は筋膜系が起源となっている人体で最大の結合組織であるという新たな論文が発表されるのだから!

確かに、筋骨格系は発生学的には同じ胚に由来しているけれど

 

(どうやって取り出したかわからない)この結合組織としての”骨”を見ると、なるほどなぁと思う。

 

簡単に筋膜なんとかとは言いたくないけれど、筋膜って面白い!

 

新しい知識がどんどん出てきて、これまででわかったと思われていたことが覆ったり、新たな常識で書きかえられたり、これだから人体は面白い!

からだを動かしながら新しい知識を経験していける柔軟な思考で、自分のからだも乗りこなそう!

“体幹と手脚をつなぐ基本的な動き” の応用

前回のポストで紹介したターキッシュゲットアップ

これは全身をバランスよく使うことが必要とされるエクササイズです。

 

負荷をかけることで筋力を培うことはもちろん、負荷をかけずとも全体のコーディネーショントレーニングとしても高い効果を発揮します。

 

今回は負荷を限りなく0に近ずけ、また不安定要素を加えて行いました。

 

負荷(重さ)があることで、からだは反発する力を感じながら動くことができますが、

 

不安定要素を高めることでも、からだは(異なった)負荷として認識します。

 

高いパフォーマンスを発揮しようとすると、どうしても力みが生まれてしまいますが

 

不安定性を負荷にすることにより、からだはリラックスした状態で高いパフォーマンスを発揮することを訓練することができます。

用意するものは蓋つきの紙コップ

 

今回はスタジオ近くで購入したアイスコーヒーのカップを使用しました。

 

コーヒーをぶちまけないよう気をつけてチャレンジしましょう!

体幹と手脚をつなぐ基本的な動き

前回のポストで、からだの不調にはバランスボールは??という提案をさせてもらいましたが

 

からだに不調があると言うことは、基本的な動き方ができていないということです。

 

いやいや!!と言いたい気持ちもわかりますが、この動きできますか?

 

あるいはできそうですか?

 

少なくとも「これは難しい!!」と思うような動作ではないですよね??

 

短い動画ですから、2,3分時間をいただいて少し寝転がれる場所でやってみてください。

これらは「セグメンタルロール」と「ターキッシュゲットアップ」と言われる動きです。

 

セグメンタルロールは赤ん坊が寝返りをする際に行われる動作で、背骨に順々に力を通し、床からの反発という最小限の力で最大限に動きを広げることを目的とした基本的な動きです。

 

ターキッシュゲットアップは、トルコ人がこのように起き上がるかは謎ですがそうした名前がついた動きの名称です。

 

どちらもキツイ!!と感じるようなら、動き方は間違っていると言えます。

 

あるいは明日以降、筋肉痛になるようでしたら赤ちゃんが2足歩行を習得する流れをもう一度学習することを進めます。

 

ということで、セグメンタルロールからターキッシュゲットアップまで一連の流れが楽々できるように動きを反復してください。

レジリエンシー

レジリエンシー という言葉を聞いたことはありますか?

 

もし聞いたことがあるとしたら、相当マニアックな方ではないかと思いますが

 

レジリエンシー (resiliency) はしばしば回復力・復元力などと訳されます。

 

使うシチュエーションで色々と意味合いは変化するかもしれませんが

 

ここでいうレジリエンシー とは細胞そのものの復元力・回復力を表します。

 

からだは60兆の細胞が集まって一つとして動いている生命体です。

 

それなのに特定の部位だけが衰えて、その部分だけを鍛えようなんてのはナンセンスだと思いませんか?

 

隣の組織はどうなんでしょうね?

 

からだ、いや筋肉、それよりもっと小さい単位になって細胞レベルで考えたとき、細胞がカチコチだったら…

 

イヤでしょう??

 

もちもちと弾力のある細胞、強いてはからだで居たい。

 

加齢というのは枯れていくということだから、ずっと赤ちゃんの肌のようにもちもちでは居られないかもしれないけれど、できるだけ弾力性があってみずみずしいからだで居たいと思いませんか?

 

そんなみずみずしく弾力のある細胞(からだ)はどんな動きをするか考えてみてください。

 

少なくともロボットのようにカクカク動くということはないはず。

 

であれば、柔らかく波打つように、からだに力を入れるのではなく

 

力を出して、どんどん外へと出して、外と同調して

 

そして、全体と調和を保って柔らかく動き続けることができると

 

相対的にからだのレジリエンシー は高まっていくわけです。

色々な健康方法があります。

 

筋トレ、ヨガ、ピラティス、エアロビクス、水泳、太極拳、合気道…..

 

どれが正しいとかじゃなく、どれも正しくて

 

どれも自分のからだをどれだけスムースに動かすことができるかを知るためのツールにすぎません。

 

からだが弾むように動き始めると、心も弾むようになってきます。

 

自分のからだが硬くなって疲れているなということを感じたら、

 

ゆっくりと休んだ後、からだをのびのび動かしてみてください。

 

そして水分をたくさん摂ってください。

 

からだを動かすのが難しいなと思ったら、ちょっとアップテンポな音を聴いてみたりするのもいいでしょう。

 

もちろん好きな音楽でもOK!!

 

そしてからだの中の水分を巡らせるように、たくさん息をしながらボヨンボヨンと柔らかく動いてみてください。

 

たくさん息をして、たくさん動いたら、たくさん水分をとって、しっかり休む。

 

そうしていると、からだはレジリエンシー を取り戻し始めます。

 

じぶんになる。

「じぶんになる」ってどういうことだと思いますか?

 

きっとそれは生まれたときの状態に近づくということではないでしょうか。

 

多くの人は、生まれてきたときに肥満であったり、腰痛だったり肩こりだったり何かを患うことなく、元気に生まれてきます。

 

しかし、さまざまな経験をし、色々なものを溜め込み、不調が出てきて、痛みを感じるようになり。

 

それを「加齢」のせいにしたりするようになります。

 

生まれてきたときはそんなことなかったのに。。。

 

そこで「健康を取り戻そう」と努力するかしないかも、その人次第。

 

あるひとは自分で頑張ろうと思うでしょうし、あるひとは薬に頼ろうとするでしょうし、あるひとは開き直ってしまうかもしれません。

 

変わろうと努力する人は、色々なことを調べて、それを試したりするでしょう。

 

ジムに通ってみたり、DVDを買ってみたり、本を読んでみたり。

 

そうすると、なんとかトレーニングとか、なんとかメソッドとかいろんなものがあるということに気づきます。

 

どれも正しいことを言ってて、どれが正解なんだろうと思うことがあると思うんですが

 

結局、なんでもいいんですよね。

 

もちろん正解はあるとは思います。

 

でも全ての人に当てはまる正解なんてないんです。

 

生活もからだも、ひとりひとり全然違うんですから。

 

これだけやっておけば健康になれるみたいなのは幻想です。

 

だからラ*ザップみたいなパーソナルトレーニングが流行ったんでしょう。

 

個人に合わせて、体調管理をして、食事制限をしてストイックに…

 

そりゃ他人にゴリゴリに管理されたら誰でも変わりますよ。

 

それで変化がないのなら、隠れてこそこそやってるってことなんです。

 

あるいは管理から外れたら、タガが外れたように元に戻る。

 

結局自分のからだとどれだけ向き合うかってことなんです。

 

自分の生活、カンタンにいうとどんな食事をして、どれだけ消費しているかということ。

 

どれだけ不自然なものを口にして、どれだけ不摂生をしているかということ。

 

無意識のうちに、暮らしの中でからだに癖ができていることに気づくということ。

 

目を背けたいことからも目を逸らさず、しっかりと鏡の中に映るじぶんと向き合うこと。

 

痛みというからだの声に耳を傾け、その原因を探ろうとすること。

 

そうして自分のからだに責任を持ち、からだが快適に動けると感じる方向へ導くことが必要になります。

 

厳しく追い込むんじゃないですよ!!

 

快適に動けると感じる方向へと移行するんです。

 

健全なる精神は健全なる身体に宿るという表現がありますが

 

からだがリラックスしていると、ひとに優しく接することができます。

 

逆に、ひとに優しくできないとき、からだには力が入っています。

 

怒っているとき、怒られているとき、お腹に力が入って息をこらえています。

 

動物もお腹がぎゅっと縮まった姿勢は、全く気持ちが落ち着いていません。

 

からだをぎゅうぎゅうに締め付けて、心もぎゅうぎゅうに締め付けるのではなく

 

心もからだも心地よく、快適に過ごせるよう、自分のからだの声に耳を傾ける

 

そのためにはトレーニングが必要かもしれません、瞑想も必要かもしれません、常に揺れ動く自分のからだと心を観察し、その挙動に対して対処するそして、自分で揺れをコントロールして、より快適な状況を創り上げるということが

 

コンディションを高く保つということではないでしょうか。

 

コンディションを高く保つことができると、常に高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

それがスポーツでもアートでも、仕事でもなんでも高いパフォーマンスを発揮し続けることがどれだけ難しいのかは知っているハズです。

 

私たちはからだの外側の世界から絶えず何らかの刺激(ストレス)を受けています。

 

その刺激により、からだが反応し、その反応によって「私」という意識が変容するので、からだを最高のパフォーマンスができる状態(コンディション)に保っておくことが大切になります。

 

強さを勘違いして、大きな重い鎧をつけてじぶんを欺くのではなく、

 

等身大のじぶんとずっと向き合い続けることのできる、感度の高いからだでいることを考えてみませんか?

 

誰に何を教わることもなく、生まれてから2本足で立てるようになったわけです。

 

重力を感じながら、どうやったら自由に行動範囲を広げられるか一所懸命考えながら、少しずつ自由を獲得してきたことを思い出してください。

 

一所懸命にじぶんのからだを動かしてきましたよね。

 

それがいつしか、からだを動かすのがしんどい…に変わってたりしませんか?

 

敏感に刺激に反応して、柔軟にからだを動かすこと思い出してください。

 

死ぬまで替えが効かないのがからだです。

 

からだを見ず、からだを魂の棺桶にすることがないように。

 

どうしたら「じぶん」が快適にいられるのか、感じ、動くことやっていきましょうね。

 

 

自分の体重を使ったトレーニング

トレーニングの一コマ

からだを自由に操ることができることはとても大きな要素だ。

 

しっかり立っているつもりでも、ポジションが変化するとからだを支えられないということは、そもそも立てていないということになる。

 

2本足から、4本の手足でからだを支えるのだから脚の負担は減り、自由度は上がるはずだ。

 

にも関わらず、脚の自由度が下がり、からだを支えることができなくなるようでは体重に押しつぶされることになる。

 

重りを使ったトレーニングも効果的だが、からだを100%に使いこなせるようになってからでもイイのではないかと思う。

 

 

 

 

高齢者の転倒予防エクササイズから、トレーニングの本質を考える

からだは全体が連動して動き、不測の事態においてもとっさに反応できる鋭敏さが必要だ。

 

 

何のためにそれを行なっているのか?

健康維持のため、転倒予防のため、競技能力を高めるため、などなど…

 

エクササイズやトレーニングという言葉は様々なシーンで耳にしたり、口にしたりするが

 

全てのエクササイズは「何か目的があり」それを達成するために行われるべきものである。

 

また、からだは意識せずとも全体が連動して動くものである。

 

動きに全体性があるということは、腕の筋肉だけを動かしたり、太ももだけを動かしたり、腹筋だけを縮めることに何の意味があるのだろうか?

 

目的の達成のために行われるものが、エクササイズ(またはトレーニング)であるならば

 

一般的に筋トレと言われる(スクワットや腕立て伏せのような)機械的に同じ動きが、その目的を達成することに繋がるのかよく考えてみてほしい。

 

転倒予防のために太ももの筋肉を…といってスクワットを何百回と繰り返したところで

 

両足がしっかりついた状態で、股関節をひざ関節を同時に曲げながら、転倒しそうになる転ぶ場面なんて、生きている間に遭遇することはほぼないだろう。

 

この世の中は重力によって支配されている

質量があるものは、引力(重力子)の作用によって下へ下へと引っ張られる。

 

つまり大地に根を張る植物と同じように、私たちは大地に足をつけて暮らしている。

 

大地に足をつけてと書いたが、重力子により地表へと質量が伝わりながら生活させられているというのがより正確な表現だ。

 

このことから考えると、脚を思うように動かせない人は、当然のように上体を思うように動かすことができない。

 

言い換えるなら、からだの重さを脚へと伝えることができていないので、その反発を伝えることができないということだ。

 

 

効果的なエクササイズとは…

いろんな場面での運動指導、エクササイズ、トレーニングがあるが、基本となるのは脚、つまり基礎の安定なくして運動能力の向上、運動機能の改善はない。

 

繰り返すようだが、足を十分に動かすことができなくなるということは、停滞を意味する。

 

停滞すると、からだの巡りも悪くなる。

 

巡りが悪いというのは代謝の低下でもあり、回復力の低下でもあり、免疫力の低下でもある。

 

私たちのからだの60%が水分だと言われているが、その水止まることで様々な弊害が生まれてくる。

 

楽に立つことができない人に、楽に歩くことができるわけがないし、走ることなんて尚更だ。

 

楽に自分のからだを支えることができない人に、楽にからだを動かすことができるわけがない。

 

苦労をして、からだを孤立してトレーニングをしたとしても、足を自由に動かすことができないのであれば、下半身との連動は絶対に生まれることはない。

 

例えば、面白くもないスクワットを「転倒予防」だと称して、何のためかもわからず、考えさせることもせず、ただテレビや雑誌の2次情報として伝えたところで、本当に転倒を予防できる可能性は限りなく低い。

 

トレーニングやエクササイズは「目的を達成するため」に行われるべきものであり

 

それらは、筋肉と神経系の関係性が瞬時に向上し、すぐにからだで感じることができる変化を促すプロセスである。

 

筋肉が大きくなる量的変化は、瞬時に現れる変化を感じながら継続した結果、見られる変化である。

 

つまり、瞬時で変化を感じることができず、しばらく毎日続けてやっていると筋肉の質量が増えるからそれまで頑張って続けて行きましょう!なんてものはエクササイズでもトレーニングでもない。

 

そもそも実感の伴わない、楽しくないことは続けることすらできないし

 

その変化を感じるまでの期間がどのぐらいあるのかわからないのに、毎日続けることなんてできない。

 

一般的にからだは20歳までに成長がピークを迎え、そこからは緩やかな下降曲線を辿るといわれているので、高齢者になれば尚のこと、先が見えないもののために努力をすることは困難である。

 

からだ全体が連動して動き、不測の事態においてもとっさに反応できる鋭敏さが必要になる。

無意識下でもとっさに反応ができるために行うものがエクササイズであり、トレーニングであって、日々変化のないルーティンワークがそれなのではない。

シチュエーションが毎回微妙に変わり、毎回微妙な修正をし、より無意識下でも勝手に反応ができるまでになると、安定した足元からは床反力(斥力)が、脚を伝って骨盤へと伝わり、背骨を伝って全身の隅々へと瞬時に駆け上がる。

自分で考えながら動く、思考と行動を同時に行うものこそ、私たちの暮らしを豊かにしてくれる本質的な動きではないだろうか。

 

「脳」をアップデートすれば1分でからだは変わる

からだが変わるのは一瞬です

からだを大きくしたい!絞りたい!など

 

物理的にどうにかしたい場合、変化はなかなか訪れませんが

 

からだを動かすこと、機能的なことに関して言えば、変化は一瞬で起こりえます。

 

なぜなら筋肉と骨格を動かしているのは、脳-神経系だからです。

難しい漢字でも、覚えるときは一瞬ですよね??

 

初めて通る道でも、帰り道で迷うことなく帰ることができますよね??

 

意識して動かす以上に、感覚から入ってくる情報にからだは支配されていますし。

 

それらを脳は休むことなく処理をし続けて、恒常性を保とうとします。

 

寒いと動きが鈍くなり、暖かいと動きが緩慢になる。

 

これも温度がからだに与える影響です。

 

感覚的なことがからだに与える影響を理解すると、いろいろなことへの理解が深まります。

 

例えそれが本当に理解できていなくても、からだは反応するのです。

 

これは僕のオリジナルアプローチ、三半規管のワークと呼んでいます。

 

ただ筋肉を動かすのじゃなく、脳-神経をハックすることでからだの動きを変える。

 

からだのがっこう@くろしお健康エクササイズクラブ、元気なシニアが集まる運動教室の1年後が楽しみです。

産後、子育てで疲れたおかあさんのからだに効果のあるエクササイズ

子育てをしているおかあさんのからだのメンテナンス

黒潮町子育て支援センターで、おかあさんのためのコンディショニング教室を行いました。

 

子育てをしていると、授乳や抱っこで前かがみの姿勢が多くなります。

 

そのために背骨がぎゅっと丸くなり、肩と骨盤が前に引っ張られて傾いてしまうので、

 

腰や肩の不調を感じるようになります。

 

背骨に対して垂直な力(重力)を”正しく”感じて、姿勢を正すことができるように、

 

子育ての合間でできるコンディショニングを紹介しました。

ついつい、子どものことに意識が向いてしまって、じぶんのからだのことは後回しになってしまいがちではないでしょうか。

 

産後は特にホルモンに左右され、子どものことを優先してしまうのは仕方がないことなのかもしれませんが、じぶんのからだの不調をそのままにしておくと、その先の不調の原因を作ることにもなります。

 

子どもの成長を見守るためにも、女性として母親として、じぶんのからだのケアもしっかりしておきたいものです!

 

子育てや女性のからだのことを、男性の私が語るのもなんだか気後れするので、

 

興味がある方は、産婦人科医でスポーツドクターの高尾美穂先生のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか。

私も、昨年ワークショップに参加してお話を聞きましたが、興味深い内容に目からウロコがこぼれ落ちっぱなしでした。

 

このおかあさんのためのコンディショニング(子育て支援センターとしては”リラックス体操”と表現しています)は、来月もありますので、お誘い合わせのうえご参加ください。

 

2月19日(火)10:00〜11:00

@黒潮町佐賀保育所

 

お問い合わせ先黒潮町子育て支援センター(大方中央保育所内) 
高知県幡多郡黒潮町入野5695 電話 0880-43-0512
開所時間 9:00~17:00 (土・日・祝日はお休みです)