「 video 」 一覧

からだに動きの選択肢を増やすことは大切です

トレーニングでは動きに選択肢が増える   動きの選択肢を増やすこともトレーニングです☝️   からだはちょうどいい位置で動きたいんですから、   肩肘に力が入ってたらそり …

頭でも解る、からだでも解る、暮らしが変わる。

【大きな関節・大きな筋肉を動かすことは基礎代謝向上にも繋がり、また運動機能障害を予防するためにも有効です】 黒潮町佐賀地区で、町内の健康ボランティアさんを対象に行われた 「糖尿病予防運動教室」からのワ …

自分のことは自分でやろう! 〜高齢者を対象とした運動教室@高知県黒潮町〜

運動教室に参加する動機… 育った町で春から始まった月イチの運動教室も今日で6ヶ月が経過 この町の住民の半数はオーバー60だけど、畑をしてたり漁に出たりまだまだ元気!! 実際、この運動教室の …

なんとも挑戦的なタイトルのワークショップでした、間違いだらけの体幹トレーニング。

間違いだらけの体幹トレーニング なんとも挑戦的なタイトルのワークショップです。 20年前ぐらいから「コア」とか「体幹」「インナーマッスル」という言葉が出始めました。 長友佑都体幹トレーニング20 po …

コンディショニング セッションの様子

からだの声を聴く セッションでは、マッサージベッドを使うことが多い。 立った状態の方が、からだのバランスの変化を感じやすいのだけれど、 関節を大きく動かしたりするとき、どうしても不安定になってしまうの …

高齢者のためのエクササイズ【股関節の可動域を改善する】

股関節の機能改善 転倒の原因にもなる股関節可動域の低下、脚力の低下ですが、 タオルを使ったエクササイズで、可動域を簡単に改善し、脚力を向上させることが可能になります。 関節可動域が広がることで、脚力も …

続:柔軟性を高めるためのワークショップ

8月のワークショップのお知らせ 7月は『からだが柔らかくなると、幸せな人生が待っている!!』として 硬いからだを柔らかくするためのワークショップを行いました。   ワークでは足元から少しずつ …

ワークショップ:硬いからだを柔らかく。

硬いからだを柔らかくするワークショップ からだを柔らかくするということに特化したワークショップを行いました。 からだが柔らかくというのは、ぐにゃぐにゃの軟体動物みたいになることではなくて、強さとしなや …

姿勢と呼吸、そして自律神経

呼吸は随意運動でもあり不随意運動でもある おそらく多くの方が、呼吸をしているのは肺だと思っていますが、呼吸をしているのは”肺”ではありません。 横隔膜が上下に動くことにより、胸 …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事