「 からだのがっこう 」 一覧

足について④

  これまで “足” についていろいろと話してきましたが、少しは足に興味を持ってもらえたでしょうか? 足の骨が動けなくなるほど固くなってしまうと、うまく衝撃を吸収する …

足について③

足の接地時間が長いということは、地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるわけですが、足が正しく地面を捉えている必要があります。 しかし、外反母趾などのように足の形状が変形していると不安定な礎石 …

足について②

レオナルド ダ ビンチが 「足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」 と述べているように、足は自由に動かせることで正しく機能します。 足が自由に動くというのはどういうことで …

足について

vibram fivefingers®️の取り扱い終了のお知らせの後に、足の話というのはなんともですが… 日ごろあまり脚光をあびることのない「足」が実は凄いんだということを伝えたいと思いま …

背骨について

どんなからだでも背骨(脊椎)がないと機能しません。 免疫系など機能的に見てもそうですが、骨格としてからだの支えになっている点でも同様です。 背骨は足からの力(重力の反発)を伝え、二本の足で立つことを可 …

トレーニングの質を高めるためには…

終わりのないトレーニングは報われない、という記事を書きましたが。 トレーニングは目標達成のために行われるものです。 もちろんトレーニングに多くの時間を費やしてきたからといって、良い結果をもたらす訳では …

ついつい回数や時間で計ってしまいますが…

前回まで、からだのバランスが崩れるのは筋肉が少ないから…ではないという話と 鍛えるのは筋肉ではなく、脳・思考・空間把握能力だという話をしました。 では、脳や思考・空間把握能力はどのように鍛 …

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

前回筋肉が少ないから…ではないという話をしました。 大学で解剖学や生理学など専門知識を学んでも「筋肉を鍛えよう」としていたので、その気持ちも分からなくはないんですが、鍛えるのは筋肉ではない …

筋肉が少ないから…ではないんです。

あなたは片足をあげてどのぐらい安定して立ってられますか?? もし実際にできるシチュエーションだったらぜひやってみてください。 今は動くことができない方は、イメージしてもらっても良いかもしれません。 目 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page