出張グループエクササイズ

地元、黒潮町役場の方からご依頼をいただき、出張グループエクササイズを行ってきました。 仕事終わりにもかかわらず、10名ほどの方が参加してくださいました。 お仕事柄、打ち合わせやPCを中心としたデスクワークが多くなりますし …

開脚ができるようになりました

開脚ができるとなんだかカッコいい!そう思う人が多いのでしょうか。 ふと気になってamazonで探すと「開脚ができるようになる」本やDVDがたくさんありました。 DVDでできる!やせる開脚ストレッチ―4週間で体が変わる! …

いくつになってもカラダは良くなる!!

こんにちは、四万十市を中心に活動しているパーソナルトレーナーの小林洋太です。 高知県西部に位置する黒潮町でロコモティブシンドローム予防(機能改善)を目的とし、 ロコモティブシンドロームを予防する、黒潮町独自の企画というこ …

極寒の南国高知でスノーシューイング!!

日本のカリフォルニア、高知!!

冬でもサーフィンができるので南国のイメージがある高知県ですが、ほら!!

びっくりするぐらいの積雪があるんです!!

ここは天狗高原、四国カルストとして知られている高知県と愛媛県の県境。

標高は1400m、100m上昇するごとに気温は0.6℃下がるので平野部との気温差はおよそ8℃。

幻想的な世界が広がる天狗高原、天狗荘でアウトドアエクササイズを共催しました。

アウトドアエクササイズというと「雪山でヨガでもやるの?」という声も聞こえて来そうですが

屋外でからだを動かすために必要な「からだのケア」と季節で楽しめる「アウトドアアクティビティ」のセットで、今回は”疲れにくいからだを作る全身の柔軟性をアップさせるためのエクササイズ”を行いました。

満月の夜に天狗高原の天狗と交信している様子ではなく、股関節周辺の柔軟性(腸腰筋)を緩めている様子。

90分程度話しながらゆっくりからだをほどきましたが、皆さんからだの変化にとても驚いてました!

そうそう、自分のからだのことを知ってあげると簡単にからだは変わるんです◎

終わった後は温泉に入って、たくさん水分を補給してぐっすり眠れたのではないでしょうか?

 

夜はボディケア、翌日は気持ちよく雪原をスノーシュで歩こう!

初日の地吹雪も落ち着き、二日目は朝から快晴!!

これは気持ちよくスノーシューが楽しめそう!!

ピークに続く雪原が広がる場所まで急ぎ足で歩いて

スノーシューを履いて、ピークを目指してGO!!

高知とは思えない腰まである新雪を掻き分けてズンズン進みピークへ到着!

誰の足跡もついていない山頂から見る景色は気持ちが良かったです!

距離にして2kmも歩いていないと思いますが、2時間ほどかかって天狗荘まで到着!ヘトヘトです

ピークを目指すのは体力がいりますが、初心者の方にはセラピーロードと展望台があるエリアがあって

こちらはカメラを持った方やお子様連れのお客さんたちが楽しそうに雪で遊んでいました◎

寒いのが苦手な方には天狗荘の2階にパノラマルームもあるので、こちらで暖かく雪山を楽しんでもらえます◎

今シーズンは難しそうですが、来シーズンはぜひ天狗荘でのスノーシューに行ってみませんか??

春にはセラピーロードを使ったトレイルウォークも考えているのでこちらもお楽しみに◎

念願叶ってアメリカです!!

KINETIKOS主催のアナトミートレイン 筋膜解剖コースに参加しています。

現在はアメリカ、アリゾナ州のフェニックスに滞在中です。

ワークショップでは人のからだには個体差があることを改めて実感し、人のカラダはたくさんの不思議があって探求しても探求しても決して満足することがない冒険のようなものだと感じました。

このまたとない機会を、帰国後のセッションに活かしたいですね!!

 

年末年始の営業について

あっという間に12月も半ばを過ぎて、今年も終わろうとしていますね。

 

2016年みなさんにとってどんな1年だったでしょうか?

国内外いろいろなことがあり、情勢は移り変わり、時の流れは年々早くなっていきますし

年末年始はさらに忙しくなりますが、からだの感覚に素直に、快適な暮らしが送れるよう

普段より少しだけ自分のからだに意識を向けてあげてくださいね◎

 

年内のスタジオの営業は28日(水)まで、年明けは6日(金)からとさせていただきます。

まだセッションに空きはありますので、からだのメンテナンスを!と思った方はぜひスタジオにもお越しください。

スタジオまで行きたいけれど、時間もなくて…という方は

12月23日に四万十町(窪川)の岩本寺で「からだ寺子屋」のイベントを開催しますのでそちらにもぜひ◎

会場は広く、フードやクラフトなんかもありますので、クリスマスのプレゼント探しにもいいかもしれませんね◎

楽しくからだを動かす魔法の秘密❷

高速、あるいは高負荷でも安定して四肢を動かせるようなプログラムデザインをもとにした前半の様子はこちら

 

アイソメトリックトレーニングで力の向きを知る

ワークショップの後半では、力の向きを感じてもらうためにカラダ全体を使ってのトレーニング

th_pb120041

ふたり組のペアになり、一人は後ろから全力で押しすすめようとし、もう一人はそれを全力で堪えるだけ。

サッカーやバスケットボールでもこうしたシーンは見られるし、相撲なんてからだの向きは違うけれど力の方向は正にこれですね!

th_pb120039

なんとなく「力を出す」感覚がわかったところで、次は力を伝えるためのトレーニング

th_pb120072

そしてそれぞれの力のバランスが取れるポイントになると、カラダはプランクと言われる姿勢になってます。

このトレーニングでも、プランクでも大切なことは「カラダを固くするのではない」ということです。

見るだけ、読むだけ、聞くだけではわからないあれこれもあるので、わからない方は身の回りのトレーナーさんや運動指導者に聞いてみてくださいね◎

 

爆発的な力を出すためのプライオメトリック

力を出し、伝える間隔がなんとなく掴めるようになってきました。

前半の俊敏性を活かすアジリティトレーニング、からだのスムースな連動を促すコーディネーショントレーニング、そして力の向きを感じるためのアイソメトリックと、様々なアプローチでコアと四肢のつながりを感じてきたので次はいよいよ、爆発的な加速を生み出すためのプライオメトリックな要素を取り入れたトレーニングです

th_pb120057

①からだがぶれないように注意を払いながら、片足で大きく前方にジャンプをし、着地で休むことなくすぐに次の一歩を出す、ホップステップジャンプ♪という感じで足を交互に切り替えてジャンプする

②①が上手に出来たら、着地のときにさらに遠くにジャンプできるようにグッと沈み込むようにする

th_pb120058

みんな力をうまくコントロールし、バランス良く緩急をつけられるように意識して上手に行えていましたよ

 

楽なポジションでリラックスして、緩急を自在に力を出力できるようになる

初めてやる慣れない動作ばかりで「あれ?!」と思うようなことはありましたが、大切なことは「フォームを覚えさせる」ためのトレーニングではなく「自分のカラダの使い方が上手になること」です

th_pb120065

からだの使い方が上手くなってくると、力を出す方向がわかり、楽なポジションがわかります。

昨日より今日、今日より明日と、より良いパフォーマンスをするためには、自分のからだの感覚をフルに生かした反復練習が必要なのも納得ですね!

ワークショップの最後、速く走れるようになった実感があるか子供たちに尋ねたところ全員が手を上げてくれました!

th_pb120079

楽しく、そして楽に走り方が変わることを感じてもらえたことは嬉しいですね

金メダルは1日にしてならず。

ではないですけど、日々なんとなくぼーっとトレーニングをするんではなく、考えながら、感じながら、たくさんの失敗も試行錯誤で乗りきって、わからなくなった時は人に聞いたり、ワークショップに参加したりして

自分の思い描く人生を送るために必要なからだを手に入れてくださいね

th_pb120074