豊かに暮らすために”くろしお健康エクササイズクラブ” 始めます。

生きるためにいつまでも元気なからだでいること

僕が暮らす町、高知県黒潮町

ここは南海トラフ大地震が起きた場合、34mの津波が押し寄せると想定されています。

近年、津波避難タワーが町の至るところに建設され、海岸線には避難道が整備されました。

行政ができるサービスは限りがあります。

いざ地震が起きたとしても、からだを動かせないと避難することは難しくなります。

ここは高齢化が進み65歳以上の老齢人口が42%にもなっているので文字通り死活問題です。

もちろん元気な方々ばかりですが、いざという時に頼りになるのは自分しかいません。

 

いつまでも同じことを同じようにやっててもダメだ!

これまで黒潮町と連携をして、健康への意識を高めるために体操事業を行ってきました。

ロコモティブシンドロームにならないため、黒潮町独自で考案した”ロコクロ体操”です。

CATVでも配信し、地域への集会所へも伺い、すっかりお馴染みの体操となりました。

しかし、お馴染みになってしまっては意味がありません。

必要なのは体操への慣れではなくて、常に新しい運動刺激が私たちには必要なのです。

正直、体操ができたとしても避難に必要な基礎体力が備わるかというと疑問があります。

行政のやり方では同じ事業の継続は難しいようで、体操からの進展がありません。

 

体操からエクササイズ、そしてトレーニングへ

トレーニングの原理原則として以下のようなことが挙げられます。

漸進性の原理

体力の向上に従って、負荷も徐々に(漸進的に)上げていく必要があるというもの。

可逆性の原理

一定期間トレーニングを実施し効果が得られても、止めてしまうともとに戻ってしまうというもの

トレーニングを行なったところで、すぐさま身体に変化が生まれるわけではありません。

私たちが考えている以上に、ゆっくりと時間がかかるのがトレーニングの成果です。

やってすぐ簡単に成果が出るのなら、甲子園で優勝するのなんて簡単です。

本来、健康づくりなんてものは行政から「やってください、やりましょう!」なんて言われて始めるものではなく、自分から率先して行うものではないでしょうか。

待っていても何も始まらないので、体操からエクササイズ、トレーニングへと

参加してくれる方が、楽しみながら身体が変化するのを実感してもらえるようなエクササイズグループへと進化したいと思います。

 

くろしお健康エクササイズクラブ始まる

構想から7年、ロコクロ体操が始まり5年。

どうしたら幡多に住む方々にわかりやすく伝えられるか、喜んでもらえるかを常に考えてきました。

色々と考えて考えて考えて、動けなくなりそうにもなりました。

明確な根拠はありませんが、大きな流れがあって、「今が」その時だと思うのです。

地震による津波での人的被害を最小限にというのは大きな目標ですが、それだけではありません。

人口1万人ほどの小さな町かもしれませんが、子どもからお年寄り、

農業 林業 漁業と自然を相手に仕事をしている方、建設作業で肉体労働に従事している方、

オフィスでパソコンとにらめっこしている方、からだが痛むのを我慢して介護をしている方、

子育てでからだが疲れている方、病院が遠くてリハビリに通うのを諦めた方など…

たくさんの人が暮らし、いろいろな生活があります。

この自然豊かな場所で、気持ちよくからだを動かすことで、快適に暮らせるようになること、痛みや不調なく健康的に暮らすためのベース(基礎)を伝えることができれば、それがそのままQOL(生活の質)の向上につながるのではないかと思うのです。

まずは自分の暮らす町から、くろしお健康エクササイズクラブ、ぜひご期待ください。

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜セッション3〜

出発まであと1ヶ月

サンティアゴ巡礼の旅の出発まであと1ヶ月を切った。

クライアントは仕事もあり、最初に計画していたようにセッションが進んでいない。

ただ日々のトレーニングはしっかりと行なっているようで、トレーニングの後からだが疲れを感じることなどはないらしい。

これまで運動習慣がなかったにも関わらず、からだに不調などがないのは素晴らしい。

ただ一度だけ、肩がけの小さなカバンを斜めにかけて歩いた日は、ものすごく腰が痛くなり、左右のバランスの悪さがもたらす影響について気づくことができたという。

旅は非日常だ。

まして日本を離れ、約40日の長い旅なので、体調を崩さないようにすることは大切だ。

日々のトレーニングも距離を伸ばして行く必要があるので、その中で体調を自分で管理することを今回のセッションでは行なった。

 

自分でからだを整える

長い旅の中で、日々の疲れを残さないようにすることはとても大切になる。

まして日本からの長距離移動を終え、出発地点に着いたらいきなりピレネー山脈を越えるセクションが待っているとなると、エコノミー症候群はもちろん、移動で凝り固まったからだでは話にならない。

ということで、今回は自分でからだを整えることを重点的に行なった。

セッションにかかった時間は約90分、自分一人で行うセルフケアの方法を伝えた。

写真は、左がビフォー・右がアフターとなっている。

途中暑くなり、服装が変わってしまっているので比較するのが難しいが、

まっすぐ正面を向いた時、足の幅が広がり、そのことで少しデコルテが広がった印象になっている。

横から見ると、前に突き出していた腰が少し後ろへ戻り、つま先加重から踵加重になったことで、ギュッと縮まっていた胸のスペースがふっくらしたことと関連づけられる。

後ろから見ると、肩が広がり、頭頂部が頭上へと引き上げられているのがわかる。からだの背面にある踵が安定したことで、地面からの反発が正しく頭上へと抜けるようになったからだ。

反対側から見ても、前に傾いていた重心が後方へと戻り、突き出していた腰が戻っていることがわかる。

 

何を基準に自分でからだを整えるのか

私たちは地上で1Gという大気圧を受けて(引力に引っ張られて)暮らしている。

地球上で暮らし、私たちに質量(重さ)がある以上、重力からは逃れることができない。

しかし言い方を変えると、重力をうまく利用することで楽にからだを動かすことができる。

つまり、この重力下で楽に動くことができる位置をからだで感じることが判断基準になるのだ。

 

からだがどういう状態なのかを意識する

私たちは繰り返す日常の中で、無意識のうちに行動パターンを自動化して楽をしようとする。

子どもの頃はあんなに大変だった自転車の運転も、慣れたら最初の苦労をさっぱり忘れてしまうし、どうやってバランスを取りながら乗っていたかなんて考えることもない。

これが、人間のすごい能力でもあるのだが、このことに気づいている人は意外と少ない。

気づいていないと、間違った力の伝達をしていてもそのままになる。

間違った力の伝え方は、間違ったからだの使い方に起因していて、結果として「痛み」や「不快感」としてフィードバックされる。

そのフィードバックに対して、改善を施さなければ、結果はさらに悪くなる。

悪くならなかったとしても、良くなることはない。

不調や痛みについて答えはからだが知っている。2/22の記事へ

旅は非日常と言ったが、旅に出るまでは日常が連続している。

出発までの残された時間、疲れを残さないようにトレーニングに勤しみながら

感覚に意識を向け、からだの使い方を今より「快適な状態」へとアップデートしていくことが、巡礼の旅を快適にするかに大きな影響を与える。

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜筋膜のネットワークへのアプローチ〜

からだを整えるということ

からだを整えるというと整体に行くというのが一般的なイメージだろうか。

整えるというのは左右対称にするイメージかもしれないが、私たちのからだは立体的であるし、そもそも利き手があるので左右非対称だけでは不十分だ。

プラクティショナー(施術者)は左右はもちろん、前後・上下を含めて「重力」に対してバランスよく整え、且つ動いている時もそのバランスが整っている状態を作り出す。

ベッドに寝転がりからだが静止している状態で整っても、動いている状態で整っていなければ意味がない。

動いている時、動力を伝える下半身から上半身へと、力が安定して伝わってこそなのだ。

あるいは職業病とされるように、日ごろの動きが独自の癖を生み、特殊な状況下で特異的な動きのパターンを作り出していることもある。

だから、からだが正しいポジションで動けるようにトレーニングが必要になる。

様々な動作の中でからだを安定して動かすことができるように、整える必要があるのだ。

 

重力と筋膜ネットワーク

筋膜という言葉がだんだんメディアで紹介され、認知度を上げてきた。

様々な筋膜にアプローチする手法は数多あるが、ロルフィング®️は別格に思える。

そのロルフィング®️ *注釈を考案したアイダ・ロルフ氏は “重力は最良のセラピスト”だと述べた。

私たちは地球上どこにいても、どんな姿勢でも重力からは逃れることができない。

映画Zero Gravityでもあったように、重力に負けてしまうと地面に這いつくばってしまう。

私たちは重力に潰されないよう、反発する力をうまく利用することで二本足で立ち暮らしているが、赤ちゃんがだんだん行動範囲を広げて行くプロセスは、まさに重力への適応の始まりだ。

その重力への適応をサポートしているものは、全身に張り巡らされている筋膜組織で重力を感じることだ。

からだの組成を考えると、私たちのからだの大部分を占めているのは水分だ。

水は器に入っていないと下へ下へと流れていってしまうが、何か器に包まれていれば流れ落ちることなく同じ場所にとどまることができる。

この器こそが筋膜組織の正体だ。

ただし、筋膜は伸び縮みして柔らかく強さや復元力などを兼ね備えたゴムのようなものなので、叩きつけても割れない水風船のようなものなので、形を変えない硬い器は想像しないで欲しい。

つまり、筋肉とはからだの中の一つの仕切られた空間、その中にあるモノのことで、その筋肉を包みからだを複雑に繋いでいるのが筋膜のネットワークのことを指し、

その筋膜のネットワークを駆使することで、私たちは誰に教えられるわけでもなく、重力に適応して寝返りをし、ハイハイをし、つかまり立ちをして1年が経つころにやっと2本の足で立ち上がり、歩くことを始めるのだ。

*註釈 ルフィング®️って何?という方は、ぜひロルファーの藤本靖さんの著書を読んで欲しい。

体感力を高める

サンティアゴ巡礼の旅のサポートでは、徒手療法(マニュアルセラピー)で筋膜ネットワークにアプローチしながら、エクササイズを通して正しい動きを身につけ、どのようにからだを使えば省エネルギーで動けるようになるかを感じる力を養うのが目的となる。

また、長い旅の行程でからだに不調を感じた場合に、自分で対処できるようにする(セルフケア)ことも合わせて行なっていく。