土佐清水市で脂肪燃焼運動教室を行いました!

このまま夏が終わることなくずっと続きそうな景色を眺めながら 今日は土佐清水市で脂肪燃焼運動教室を行ってきました。 「ウォーキング × 筋トレ= 脂肪めらめら」とても効きそうなキャッチコピーです。 そのキャッチコピーに惹か …

出張グループエクササイズ

地元、黒潮町役場の方からご依頼をいただき、出張グループエクササイズを行ってきました。 仕事終わりにもかかわらず、10名ほどの方が参加してくださいました。 お仕事柄、打ち合わせやPCを中心としたデスクワークが多くなりますし …

いくつになってもカラダは良くなる!!

こんにちは、四万十市を中心に活動しているパーソナルトレーナーの小林洋太です。 高知県西部に位置する黒潮町でロコモティブシンドローム予防(機能改善)を目的とし、 ロコモティブシンドロームを予防する、黒潮町独自の企画というこ …

年末年始の営業について

あっという間に12月も半ばを過ぎて、今年も終わろうとしていますね。

 

2016年みなさんにとってどんな1年だったでしょうか?

国内外いろいろなことがあり、情勢は移り変わり、時の流れは年々早くなっていきますし

年末年始はさらに忙しくなりますが、からだの感覚に素直に、快適な暮らしが送れるよう

普段より少しだけ自分のからだに意識を向けてあげてくださいね◎

 

年内のスタジオの営業は28日(水)まで、年明けは6日(金)からとさせていただきます。

まだセッションに空きはありますので、からだのメンテナンスを!と思った方はぜひスタジオにもお越しください。

スタジオまで行きたいけれど、時間もなくて…という方は

12月23日に四万十町(窪川)の岩本寺で「からだ寺子屋」のイベントを開催しますのでそちらにもぜひ◎

会場は広く、フードやクラフトなんかもありますので、クリスマスのプレゼント探しにもいいかもしれませんね◎

楽しくからだを動かす魔法の秘密❷

高速、あるいは高負荷でも安定して四肢を動かせるようなプログラムデザインをもとにした前半の様子はこちら

 

アイソメトリックトレーニングで力の向きを知る

ワークショップの後半では、力の向きを感じてもらうためにカラダ全体を使ってのトレーニング

th_pb120041

ふたり組のペアになり、一人は後ろから全力で押しすすめようとし、もう一人はそれを全力で堪えるだけ。

サッカーやバスケットボールでもこうしたシーンは見られるし、相撲なんてからだの向きは違うけれど力の方向は正にこれですね!

th_pb120039

なんとなく「力を出す」感覚がわかったところで、次は力を伝えるためのトレーニング

th_pb120072

そしてそれぞれの力のバランスが取れるポイントになると、カラダはプランクと言われる姿勢になってます。

このトレーニングでも、プランクでも大切なことは「カラダを固くするのではない」ということです。

見るだけ、読むだけ、聞くだけではわからないあれこれもあるので、わからない方は身の回りのトレーナーさんや運動指導者に聞いてみてくださいね◎

 

爆発的な力を出すためのプライオメトリック

力を出し、伝える間隔がなんとなく掴めるようになってきました。

前半の俊敏性を活かすアジリティトレーニング、からだのスムースな連動を促すコーディネーショントレーニング、そして力の向きを感じるためのアイソメトリックと、様々なアプローチでコアと四肢のつながりを感じてきたので次はいよいよ、爆発的な加速を生み出すためのプライオメトリックな要素を取り入れたトレーニングです

th_pb120057

①からだがぶれないように注意を払いながら、片足で大きく前方にジャンプをし、着地で休むことなくすぐに次の一歩を出す、ホップステップジャンプ♪という感じで足を交互に切り替えてジャンプする

②①が上手に出来たら、着地のときにさらに遠くにジャンプできるようにグッと沈み込むようにする

th_pb120058

みんな力をうまくコントロールし、バランス良く緩急をつけられるように意識して上手に行えていましたよ

 

楽なポジションでリラックスして、緩急を自在に力を出力できるようになる

初めてやる慣れない動作ばかりで「あれ?!」と思うようなことはありましたが、大切なことは「フォームを覚えさせる」ためのトレーニングではなく「自分のカラダの使い方が上手になること」です

th_pb120065

からだの使い方が上手くなってくると、力を出す方向がわかり、楽なポジションがわかります。

昨日より今日、今日より明日と、より良いパフォーマンスをするためには、自分のからだの感覚をフルに生かした反復練習が必要なのも納得ですね!

ワークショップの最後、速く走れるようになった実感があるか子供たちに尋ねたところ全員が手を上げてくれました!

th_pb120079

楽しく、そして楽に走り方が変わることを感じてもらえたことは嬉しいですね

金メダルは1日にしてならず。

ではないですけど、日々なんとなくぼーっとトレーニングをするんではなく、考えながら、感じながら、たくさんの失敗も試行錯誤で乗りきって、わからなくなった時は人に聞いたり、ワークショップに参加したりして

自分の思い描く人生を送るために必要なからだを手に入れてくださいね

th_pb120074

「からだのがっこう」動きを通して自分のからだについて色々知れる

自分のからだの地図を完成させよう!!

私たちは、自分のからだが「どのくらい」動くのか知らない。

そして「どうしたらもっと楽に」動かしたらいいか考えることは少ない。

それって自分のからだを100%使えてないっていうことじゃないだろうか??

怪我からの復帰、リハビリは何のためにやるんだろう?

毎日筋トレをしてるんだけど、ぜんぜん痩せないのはどうしてだろう?

整体にも通って、ストレッチも筋トレもしてるのに腰痛が良くならないのは何かやり方が悪いのかも?

s__77398027_0

自分のからだのこと、動きのこと、疲労回復のことなど

テーマに沿ってからだを動かしながら、少しずつ自分のからだになっていく

自分のからだのことが良く解って、自分の暮らしを大切にしたくなるようなワークショップ

それが「からだのがっこう」です。

 

からだを通して感じたことはしっかりと記憶に残る

s__77398028_0

このワークショップでは、参加者を問いません。

男性も女性も、場合によっては大人も子どもも一緒にできるような内容です。

からだの不調をよくしたい場合も、スポーツで良い成績がとれるようになりたい場合も同じです。

それは、日常にある主要な「立つ・歩く・座る」という動きをこれまでより楽に行えるようになることです。

ひとは日々当たり前にある日常的なことに対しては、だんだんと無意識になっていきます。

一方、スポーツで何か大きな大会の前日に眠れなくなったりするのは、非日常的なので意識をしている状態です。

つまり日常的に当たり前に行っている動きのクオリティが上がると、非日常の動きも同じようにクオリティが上がるということ。

そのために繰り返す運動のことをトレーニングとするんですが…

ちょっと難しくなってきましたね。ごめんなさい。

s__77398026_0

わかりやすく言うと、写真に写っているバッグを持ってからだを動かしたりして「力(の向き)」を今より感じやすくなるためのトレーニングです。

 

からだのがっこうに参加して何か変わるの?

まず参加してくださった方々はワークショップの前後で姿勢が変わります。

より無理のない感じというか、余計な力みがなくなって表情もふわっと明るくなります。

もちろん個人差はありますが、姿勢の変化に伴うからだの不調の改善なんかもあるようです。

ワークショップでは「からだの地図」を完成させるために色々な動きをするだけなんですけど、

からだのイメージが変わると現実の感じ方まで変わるなんて人のからだって面白いですね!!

となると、スポーツ選手がイメージトレーニングをしていることなんかも繋がってきますよね!

イメージは大切なんです!!そのイメージが具体的になればなるほど結果が変わってくるんです。

外国の知らない街を地図なしで歩くより、ガイドブック片手にガイドのいうことに耳を傾けて歩いた方がはるかに安心だし楽しめるでしょ?

 

次回はせなか

11月27日(日) 松山市のアクアコミュニティでお待ちしてます◎
クービック予約システムから予約する
s__80887813