速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった

きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。

ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバーできた。

フェイントを工夫したり、チームワークで乗り切ったり子どもなりに必死に考えてがんばった。

が、どうにもならないのが運動会とマラソン大会だ。

これだけはごまかすことができないので、気付かないふりをしていた自分の実力を知る。

必死に頑張っても頑張ってもこればかりは量をこなすだけでは上達しない。

先生からはもっと頑張りましょうと言われ、別の人からは向いていないということを言われる。

自分でも一所懸命がんばってるし、忍耐力も集中力も限界を振り切るぐらいまでになってるのに。

それでも上達しないということは、鍵になるのは「考える力」なんだろう。

 

考え、感じて答えがわかる

ひとりひとりが違うんだから、からだの動かし方だって一人一人違うはず。

ポイントを押さえた動きのアドバイスと、シンプルなエクササイズ、騙されてるみたいだけれど

終わってみたら本当に楽に走りが変わってる。

 

からだを動かすことが苦手でも、からだを動かすのがイヤだと感じることなく

楽しみながら上手くなる、速くなる、そんなワークショップをやってます。

今年は11月12日(土)と12月10日(土)の2回のみ。

お申し込みはこちらまで▶︎ 高知県立幡多青少年の家 Tel: 0880-44-1001

ワークショップ終了後は、すごくカラダが軽いよ!!

おかげさまであちこちでランニングWSをさせてもらってますが

 

フルマラソンを随分と早く走れる方から、本当に走るのが苦手な子供たちまで

 

参加してくれた方々のからだの使い方の変化には毎回驚かされます!!

 

12631434_1519104605052803_5119646809044460251_n
Sachiko Ballet Dance SchoolさんのアレンジでCATVの取材

 

FBやフライヤーを見てくれて、いつもどんなことをやってるの??と聞いてくれるんですが

 

12592698_1519425401687390_1526467710001473224_n

 

からだが連動してひとつの動きを作っていることを身振り手振りで動きを交えて説明したりもしますし

 

1911_1519104485052815_3716578511465863169_n

 

 

 

こうして体育館でスキップをしたり、足をもぞもぞさせたり、腕をぐるぐるさせてみたりと

 

動きのことを文字にするのは難しいので、参加してもらうのがイチバンかと

 

12647182_1519105085052755_3606932434223215087_n

 

ワークショップの内容をイメージするのは難しいと思うので、参加してくれた

 

供たちが書いてくれたアンケートを載せておきますので興味のある方はご覧下さい。

 

子供から大人まで参加していただけますし、からだの感覚は絶対に変わります

 

次回、愛南町でのワークショップは3月を予定してます◎

 

 


 

 

もしご興味のある方いらっしゃったら是非ご参加ください!こちらからご案内差し上げますし

 

うちでもやって欲しい〜!という学校関係やクラブ関係の方のご連絡もお待ちしてます◎

 

今年は初の試みとして、高知県立幡多青少年の家でもワークショップをさせて頂きました。

 

そこでの参加者のアンケートが参加したいと思ってもらえる気がしますのでご覧下さいね◎

 

image007 image008 image009 image010

image011 image012 image013


 

美活ピラティス Season2 始まります!!

ご好評を頂いている“美活ピラティス”のSeason2のスケジュールが始まります! インストラクターは国内外での経験を重ねているMayaさん 呼吸、骨盤、胸郭、肩甲骨、頭首を経て最後に全体の統合を全6セッションで行います。 …

美活ピラティスはじめませんか?

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 先日の東京滞在では友人がオープンしたスタジオを訪れてピラティスをやってきました 実は自分も過去にマットを教えてたことがありま …