有機的なからだで有機的な作物を育て、有機的な暮らしをつくる

有機的な農業と有機的なからだ、有機的な暮らし

ずっと温めていたプロジェクトをこの春からスタートさせます!

今日食べたもので明日のからだは創られる

いつの時代からか、畑で野菜を作るときによく分からない名前の”クスリ”を使うようになり、食べものにも同じようによく分からない名前の”クスリ”を使うようになった。

それは安全性のためと言ったり、生産性を高めるためと言ったりされているが、本当に必要なのだろうか。

生産性を高めるため、根まで枯らすというのが売り文句のグリホサート(除草剤)を使用したものをあえて選ぶだろうか。

私たちのからだは、私たちが食べるもので創られる。

であれば、私たちが食べるものは、私たち自身で作ることができた方が安心だ。

 

土壌を育て、からだも育てる

種を蒔けばなんでも勝手に育つわけではない。

子どもを持って分かることがあるなんて言うが、畑をやってみると分かることがたくさんある。

何かを育てるということは、大きな労力を必要とする。

それを機械に任せ、クスリに頼ると、一見生産性が上がったように思えるかもしれないが、長期的視点から考えると実はそうではない。

事実、日本各地で耕作放棄地は広がり、ほったらかしの山林が増え、人口が減少し地方は困窮している。

地道な作業かもしれないが、からだを動かし、作物を育て、地域を育て、子どもを育てることは未来を創ることだと言えるのではないだろうか。
ある意味で、からだは絶対にじぶんを裏切ることはない。

メンテナンスを怠れば、コンディションは落ち、不摂生はそのままからだに現れる。

エネルギーが不足しても過多になっても、からだを動かすのが難しくなる。

不整地での労働は、体幹が安定していないと困難を極めるため、からだも育むことができる。

からだを動かすことがしんどいと思われているが、楽にからだを動かす方法を探るのがトレーニング的要素を持っている。

からだが大きくても、小さくても、意のままにからだを動かし、働き、休養で回復を促すことができれば一定のパフォーマンスをずっと継続することができる。

幾つになっても経験を重ねている分だけ、からだを動かすことに関しては巧みになることができる。

これはスポーツの第一線で続けることは難しいが、日常生活のなかで続けることは可能だと考えられる。

卒業することを目指す

いつかトレーニングは終わる

今月から始まった「からだのがっこう」

 

何だろう?とワクワクして参加してくださった方

 

今週でレッスンの1と2が終わりましたが

 

期待通り、楽しみながらからだを変える方法を学ぶことはできたでしょうか。

レッスンの中で、月に2回ではちょっと不安という声も聞こえましたが

 

からだを変えるのは、他の誰でもない「あなた」です。

 

レッスンに参加するから変わるのではなく

 

レッスンで学んだことを、実践することでからだは変わります。

 

車の運転をするとき、まずは自動車教習所に通いますよね。

 

毎日通う方もいれば、数日おきに通う方もいます。

 

原付免許を持って参加する方もいますし、中型免許を持ってて参加する方もいます。

 

決して安くはない金額を払って、クルマの運転を習う「がっこう」に通うわけですが

 

がっこうを卒業することで、公道で運転することが許可されます。

 

「からだのがっこう」も卒業することを目標に、1年間のレッスンに参加するのです。

 

入学したままずっと卒業できない、あるいは初めから卒業する気がない。

 

残念ですが、それではからだは変わりません。

 

がっこうも、トレーニング(訓練)も必ず終わりがあるのです。

 

保育園ですら卒園するのですから。。。

 

いつか訪れる終わりを念頭に、からだについての学びを深めることを意識してください。

学校で新しく習った漢字を「宿題」として家で復習したように

 

トレーニングの卒業を見据えて、習ったことを家で復習しましょう。

 

復習することで、わからないことがわかります。

 

わからないことが解れば、次に尋ねることができます。

 

なんとなくわかったつもりだと、新しいことに取り組むとき、必ず躓きます。

 

躓いたことに見て見ぬ振りをすると、結局なんのための「がっこう」だったのかわからなくなります。

 

じぶんの意思で、からだを変えたいと望んで参加した「からだのがっこう」です。

楽をして何かが変わることはありません。

 

変わったとしても「少し」の変化で終わるでしょう。

 

これまで色々やってダメだったこと、新しく慣れないことにチャレンジすること

 

いろいろなことがありますが、何事も大きく変化するときは「大変」なのです。

 

ただ、これまでとは違います。

 

まずひとりじゃないんです、クラスの仲間がいます、教わる場所が違います、プログラムも違います。

 

大変なことを乗り越える環境は整っているはずです。

 

ついつい忙しさにかまけて…

 

いつしか言い訳を探すようになり…

 

そんな今までのじぶんは忘れて、一所懸命になってください。

 

筋肉は裏切らない、とは言いませんが

 

からだは愛情を注いだ分だけ、意識を向けた分だけ、あるいはそれ以上に返してくれます。

 

からだを整えるということは、からだが暖かくなるということ、からだが柔らかくなるということ、からだが気持ちよくなるということでした。

次のレッスンでは、関節の可動域を拡げていくことを行います。

 

からだが整っていないと、可動域は拡がっていきません。

 

2回のレッスンを通して、じぶんのからだで感じたことを記憶が新しいうちにたくさん繰り返してください。

 

始まったばかりで、終わりはなかなか見えないかもしれません。

 

だけど、自分を信じて。

 

必ずからだを変える、自分を変えると強く思って

 

だけどじぶんのペースを見失うことなく、コツコツとしっかりじっくり取り組みましょう!

"四万十市"の 暮らしに合った体幹エクササイズ

「体幹」をテーマに暮らしに合わせたワークショップ おいしい秋。スポーツの秋。ワクワクてんこもりの1日! そんな四万十市産業祭で「体幹」をテーマに暮らしに合わせたワークショップやります!!   体幹とは。。。 ワ …

やっと始まります!!

くろしお健康エクササイズクラブ 告知してから4ヵ月が経ってしまいましたが… この11月から黒潮町佐賀地区で、高齢者のための運動教室をはじめます!! ゆっくりかもしれないけれど、少しずつ想いが形になってきている …

体幹を感じることができると、知らないうちにからだが変化する

暮らしにあった体幹エクササイズ   第2回 四万十市産業祭 “しまんとのチカラフェスタ” では武道館を会場に     3つのテーマに分けて、しまんとの暮らしに合った体 …

間違いだらけの体幹トレーニングから一歩先へ

体幹を勘違いしてませんか? 引き締まったお腹に、盛りあがった胸の筋肉 体幹もしっかりしてそう…な気がするかもしれません でも、残念ながら体幹っていうのはそんなもんじゃありません。   作り上げられた …