ワークショップのご案内

11月のワークショップスケジュール

11月18日(日) @四万十市産業祭

❶子育てをしていてからだに疲れが溜まっていると感じる方(肩こり・腰痛など)
❷スポーツや武道を楽しんでいる方(筋力アップ・バランス能力向上)
❸農林水産業をしている方(セルフケア・疲労回復)

料金は各500円で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

11月21日(水) @四万十市立中村小学校
●小学生を対象にしたランニングワークショップ

中村小学校の児童
*参加には条件があります

11月23日(金) @土佐清水市
●脂肪燃焼運動教室

料金は無料で、土佐清水市在住で”国保”加入者のみご参加いただけます
詳細は土佐清水市役所 健康推進課までお問い合わせください

 

11月23日(金) @土佐清水市
●気持ちよく暮らすためのセルフケアエクササイズ教室

料金は2000円(シニア割あり)で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

11月25日(日) @Conditioning Studio BODYWISE
●間違いだらけの体幹トレーニング
*日頃トレーニングをしている方や、専門的な知識を持っている運動指導者向け
*他のワークショップとは異なり、より少人数で専門的な内容になっています

料金は4000円で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

 

自分のことは自分でやろう! 〜高齢者を対象とした運動教室@高知県黒潮町〜

運動教室に参加する動機…

育った町で春から始まった月イチの運動教室も今日で6ヶ月が経過

この町の住民の半数はオーバー60だけど、畑をしてたり漁に出たりまだまだ元気!!

実際、この運動教室の参加者の平均年齢はオーバー70😲😲😲

最高齢は85歳だったと思う。

自分が85歳になった時、同じように運動教室に来るだろうか…

きっと動機は、長生きしたいとかじゃなくて

生きている以上、自分のことは自分で!みたいなことが動機になってるんだと思う。

今度、インタビューをしてみたいな〜!

 

からだについて新しいことを知るのも喜びになっているし…

運動教室でやったことを自宅でもやりましょうね〜!と言っても

ほとんどの人が家で行うこともなく、ニコニコしながら次のレッスンに来てくれる☆

きっと僕の話とセットでからだを動かすのを楽しみに来てくれてるんだと思う◎

健康なからだでいることも大事なことだけど、月に一度の運動教室を楽しみにしてくれているのも大切なことだなとも思う。

高齢者への運動指導の場合、腹筋が割れるようになるとか、体重体脂肪がどれだけになるとか、実はあまり重要ではなくて

楽しみとか生きがいとか学びとかモチベーションの維持みたいなことが重要なんじゃないかなと思う。

 

全ての年齢が混ざりながらできる運動教室へ…

高知に戻って来て、子どもとお年寄りへの運動指導をする機会が増えた。

彼らに共通しているのは、変化を感じることができる素直なからだを持っているということ。

子どもとお年寄りというのは一見対象的なグループだけれど、彼らがからだの変化を感じることができる運動指導は、その中間にいる僕たち生産年齢層にもバッチリ有効になる。

楽しみながら、子どもたちからお年寄りまで幅広い年齢が参加できる、そんな運動教室へと育っていってくれるといいな!

からだについて学び、実践し、日常に活かすエクササイズ教室

黒潮町土佐佐賀で行われる月に一度のエクササイズ教室

運動する場所や機会が少なかったり、運動の仕方がわからなくて始めるのが難しい

そんな声を受けて、黒潮町社会福祉協議会が主体となり行なっている運動教室です。

参加してくださる方はお年を召してはいるものの、畑をやっている方もいれば、地域のボランティアに積極的に参加している方もいたり、リハビリ目的で参加してくれる方もいたりと色々な方が、健康増進を目的に参加してくれています。

 

月に一度だけなので「ただなんとなく運動をした!」ではなくて、

月ごとにテーマを設け「からだについて学ぶこと」と「学んだことを実践すること」の2つで構成されています。

 

それも全ては日常生活に戻っても実践できるようになるためです。

 

その時だけ良くなっても、効果を持続させることができなかればあまり意味はありません。

運動の仕方がわからないのは仕方がないとしても、運動する機会や場所は、自分で作れるのです。

月に一度しかない機会なので、しっかり学びからだを動かし、理解を深めてもらいたいのです。

 

 

今年度に入ってから2回に渡り「股関節の構造と動き」という内容で行なってきました。

 

3回目の今月は「脚からの力を(股関節を介して)上体へと伝える」というテーマで行いました。

重力に斥力、構造…

なんだか物理の授業のようですが、この内容をわかりやすく伝えるために僕がいます。

 

ちょっと音声が悪いのが申し訳ないのですが、興味がある方は教室の様子をご覧ください。

 

参加者の反応を伺いながら、動きながら次に話す言葉を考え、

身振り手振りも加えて、道具を使って絵を描いたり、例えたりしながら、

できるだけ参加してくれる方に伝わるようエクササイズ教室を進めています。

 

毎回出席してくれる方もいるし、参加できる時だけという方もいます。

今回は足が不自由だけれど、自宅で暮らしたいからリハビリを頑張りたくて!と意欲的な方が来てくれました。

ちょっとずつですが、社協の声掛けもあって参加してくれる方が増えて来たのも嬉しく思います。

からだの不調で困っている方に、ちょっとずつでも確実にわたしたちの声が届くよう

これからもゆっくりゆっくりですが、教室を盛り上げて行くことができればと思います。

高齢者のための分かりやすい機能改善エクササイズ

“新たな試み” を始めました。

今年から、黒潮町で行われている運動教室で行われるエクササイズについて

「なぜ?それが必要(有効)なのか」の理由を提示することを始めました。



 

例えば、腰痛には腹筋と背筋ということは何十年も前から言われていますが、腹筋と背筋で良くなるのなら国民病と言われるほどにはなっていません。

全国47都道府県男女50,000人に聞く、肩こり・腰痛調査(第一三共ヘルスケア)
引用:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/gaiyou/common/pdf/research01.pdf

つまり、やり方が悪いのか、伝え方が悪いのか、はたまた考え方が根本的に違うのか…

椎間板ヘルニア(L5-S1)を患った自らの経験から言うと、考え方のスタートが根本的に違います。

 

知識とは経験を伴う実体験から生まれる

私たちは地面に足をつけて暮らしているので、足(脚)の使い方が間違っていると上体に影響を受けます。

「なぜ?そのエクササイズが必要(有効)なのか」を解説する狙いとしては

その足(脚)がどのように動いているのか、機能解剖学的な知識を学び、からだを動かすことによって理論的かつ感覚的に理解することで、からだの操作性を向上させることです。

 

関節の動きと、力の広がり方

先月は、からだの中心に位置する「骨盤」についてでしたが

今月は引き続き、骨盤と連動する部分について解説し、運動を行いました。

ポイントは球関節である股関節の動き、そして股関節と対をなす肩関節との連動でした。

文字にすると難解な感じがしますが、イラストにするとわかりやすくなります。

 

その場で変化するのは当然、大切なことは家でも継続できるかどうか

運動教室に来る方の多くは60歳をやすやすと越えた方々、80代の方もいらっしゃいます。

そこで求められることは、転倒予防のためのエクササイズや機能改善的なことが多いです。

細胞分裂の速度も弱まってきていますし、筋骨隆々になろうなんて思っていません。

体力の低下などが起因となり、日々の暮らしの中で痛みや動かしにくさなどを感じることのないからだ、つまり身体機能の改善が中心となります。

こうした場合、ただ闇雲に言われた通りに行うエクササイズより、

  • どうしてそのエクササイズなのか、
  • どこに効き、
  • どのような変化が生じるのか

を感じ・考えながら行うことが、自宅で運動を継続できるかのポイントになるのです。

 

伝わりやすく、わかりやすく、そして楽しみながらできるエクササイズを

脂肪燃焼教室@土佐清水市

今年度、第一回目の”脂肪燃焼教室”を土佐清水で行ってきました。

地方にいると、運動をしないといけないのはわかっていてもなかなかできない。

地方でも都市部でもやらない人はやらないので変わりないのかもしれませんが…

都市部のように、フィットネスクラブなどがあればCMも盛んだし、目にすることで意識するようにはなると思うのです。

こちらは都市部と違って、基本的に車社会なので歩くことも少ないですしね。

老齢人口が多いことも相まって、なかなかウォーキング以上に発展することがない印象を受けます。

 

教室でやった内容を普段からもできるように!

今回の脂肪燃焼教室も昨年同様、市の健康推進課による国保事業の一環として行われました。

昨年の教室で、どうしても教室でセラバンドを使いたいことをリクエストしていたのですが。

今年はなんと!!参加特典としてセラバンドを持ち帰れるよう企画してくれたのです!

教室に参加して、やった内容がそのまま家でもできるように!

土佐清水市のやる気を感じさせる一面を見ました!やるじゃん土佐清水市!!!

おかげ様で、参加者にとって理想的なプログラム構成にさせてもらうことができました。

 

脂肪燃焼はもちろん、それ以外のことも網羅していきます

からだが整いながら、知識を深めることができて、さらに運動効果も感じることができる。

どうせやるなら一石二鳥ではなく、三鳥も四鳥も、マルチタスクで行いたいわけです。

かといって詰め込みすぎて難しくなるのは良くある話、それでは効果が期待できないので

伝わりやすく、わかりやすく、そして楽しみながらできるように

担当者と打ち合わせを繰り返して練り上げた、土佐清水市オリジナルのグループエクササイズを行いました。

 

代表的な体幹トレーニングと言われるプランクエクササイズで、体幹を感じたり。

体幹に変化が起きることで、スクワットやランジといった動きがスムーズになったり

からだを効果的に動かして、汗をかくためにはどうすれば良いかをしっかり行えたのではないかと思います。

第2回目はここからまた進化した内容になりますので、参加者の方はぜひセラバンドで復習をして置いてもらえたら嬉しいです。

 

豊かに暮らすために”くろしお健康エクササイズクラブ” 始めます。

生きるためにいつまでも元気なからだでいること

僕が暮らす町、高知県黒潮町

ここは南海トラフ大地震が起きた場合、34mの津波が押し寄せると想定されています。

近年、津波避難タワーが町の至るところに建設され、海岸線には避難道が整備されました。

行政ができるサービスは限りがあります。

いざ地震が起きたとしても、からだを動かせないと避難することは難しくなります。

ここは高齢化が進み65歳以上の老齢人口が42%にもなっているので文字通り死活問題です。

もちろん元気な方々ばかりですが、いざという時に頼りになるのは自分しかいません。

 

いつまでも同じことを同じようにやっててもダメだ!

これまで黒潮町と連携をして、健康への意識を高めるために体操事業を行ってきました。

ロコモティブシンドロームにならないため、黒潮町独自で考案した”ロコクロ体操”です。

CATVでも配信し、地域への集会所へも伺い、すっかりお馴染みの体操となりました。

しかし、お馴染みになってしまっては意味がありません。

必要なのは体操への慣れではなくて、常に新しい運動刺激が私たちには必要なのです。

正直、体操ができたとしても避難に必要な基礎体力が備わるかというと疑問があります。

行政のやり方では同じ事業の継続は難しいようで、体操からの進展がありません。

 

体操からエクササイズ、そしてトレーニングへ

トレーニングの原理原則として以下のようなことが挙げられます。

漸進性の原理

体力の向上に従って、負荷も徐々に(漸進的に)上げていく必要があるというもの。

可逆性の原理

一定期間トレーニングを実施し効果が得られても、止めてしまうともとに戻ってしまうというもの

トレーニングを行なったところで、すぐさま身体に変化が生まれるわけではありません。

私たちが考えている以上に、ゆっくりと時間がかかるのがトレーニングの成果です。

やってすぐ簡単に成果が出るのなら、甲子園で優勝するのなんて簡単です。

本来、健康づくりなんてものは行政から「やってください、やりましょう!」なんて言われて始めるものではなく、自分から率先して行うものではないでしょうか。

待っていても何も始まらないので、体操からエクササイズ、トレーニングへと

参加してくれる方が、楽しみながら身体が変化するのを実感してもらえるようなエクササイズグループへと進化したいと思います。

 

くろしお健康エクササイズクラブ始まる

構想から7年、ロコクロ体操が始まり5年。

どうしたら幡多に住む方々にわかりやすく伝えられるか、喜んでもらえるかを常に考えてきました。

色々と考えて考えて考えて、動けなくなりそうにもなりました。

明確な根拠はありませんが、大きな流れがあって、「今が」その時だと思うのです。

地震による津波での人的被害を最小限にというのは大きな目標ですが、それだけではありません。

人口1万人ほどの小さな町かもしれませんが、子どもからお年寄り、

農業 林業 漁業と自然を相手に仕事をしている方、建設作業で肉体労働に従事している方、

オフィスでパソコンとにらめっこしている方、からだが痛むのを我慢して介護をしている方、

子育てでからだが疲れている方、病院が遠くてリハビリに通うのを諦めた方など…

たくさんの人が暮らし、いろいろな生活があります。

この自然豊かな場所で、気持ちよくからだを動かすことで、快適に暮らせるようになること、痛みや不調なく健康的に暮らすためのベース(基礎)を伝えることができれば、それがそのままQOL(生活の質)の向上につながるのではないかと思うのです。

まずは自分の暮らす町から、くろしお健康エクササイズクラブ、ぜひご期待ください。

からだで感じることを大切にして動く。

動くことは一つの療法だ。

今日は土佐清水市で、糖尿病予防教室の講師をさせていただきました。

糖尿病患者やその予備軍とされた方々が、不安や苦痛を抱くことなく暮らしていくまちづくりを目指して活動している足摺”糖”羨望の会が主催となっている事業です。

 

糖尿病または糖尿病予備軍の方々のための運動指導って何をするの?

運動指導というと、このエクササイズを10回ずつ3セットといったような厳しくてきついやつをイメージするかもしれませんが、

僕ができることは、厳しい運動ノルマを課すことではなく、からだをうまく動かす方法を紹介することです。

仮に、その日いちにち集中的にからだを動かしても、負担が大きければやっぱり運動するのはきつい…となってしまって、本来の目的である運動の継続が難しくなってしまったのでは本末転倒ですよね。

なので、どうすればからだを動かしやすくなるのか?

どうやって動いていくとエネルギー(糖)を貯めることなく、燃焼しやすくなるのか?

といったことを中心に、参加した方々が自宅に戻ってもできるからだの動かし方を伝えています。

自宅で継続するためには、きついではなく、楽なエクササイズじゃないと続かないし

難しいエクササイズではなくて、簡単な動きでできるものじゃないと続きません。

あれこれ特別な道具がないとできないものではなく、家にあるものや簡単に手に入るものを使って楽しくできるということが条件になります。

 

からだの変化があってこそ、運動の成果が感じられる

運動教室を終えて、圧迫骨折をしていた女性が背すじがグッと伸びていい姿勢になった

腕の筋肉が切れて上にあげることが難しかったのが、楽にあげられるようになったと参加者の方から感想を言っていただけました。

からだは動かしていないと鈍ります。

何が鈍るかというと、色々な感覚に鈍感になるのです。

やってもやらなくても変化がなく、むしろやって疲労感だけがある運動なら続きません。

しかし、変化を感じることができれば、少しずつでも日々に取り入れよう!という気になってもらえるのではないでしょうか。

からだの変化を感じることができない場合、しっかりからだの声が聞こえてないのかも…

その場合は、動きの速度を落としたり、負荷を小さくしたり、回数を減らしたり、補助を使ったりして、自分が動きを把握しながらできるよう、動きの質をよくすることを意識すると良いかもしれません。

 

life is wonderful

LIFE IS WONDERFUL

黒潮町ではふれあいサロンという、地域の集会所を使った移動型公共サービス(?)を行なっています。

僕は、その中で運動指導をさせてもらっています。

テーマは「必要最小限の道具でからだの改善が感じられるようにシンプルな動き」

この場だけでの運動ではなくて、日頃から自宅でも続けてもらうためです。

この日はじめて参加してくれたおばあちゃんはセラバンドを使ったエクササイズで姿勢も良くなり、動きも良くなったので終わってからもしばらくからだを動かしていました。

からだ(の筋肉)は運動をするためはもちろんですが、感じる機能も持ち合わせています。

蚊が腕に止まった時にわずかな変化に気づくことができますよね?あれです!

ともあれ、運動器としてのからだのパフォーマンスが高まったことで、感覚器としてのパフォーマンスも上がるはず!

からだが気持ちよくなると暮らしも豊かになりそうですね!

来週お会いするのが楽しみです◎

グループエクササイズ “からだのがっこう” 始まります!!

高知の西の方からこんにちは!

台風5号(ノルー)の影響なのか、ここ数日は雨模様のお天気のおかげで暑くてバテていたからだも少しリフレッシュできましたが、みなさんは如何でしょうか?

人のからだは70%が水分と言われていますが、暑い日が続くとからだにも支障をきたします。

個人的な印象としては、暑い日が続くことで体水分が少なくなり、その結果として姿勢が少し丸まって猫背気味(骨盤後傾+肩甲骨外旋挙上)になっているような印象を受けました。

そこで感じるからだの不調というのは、頭痛・肩こり・腕のしびれなどでしょうか。

水は飲んでも全てが吸収されることはなく、吸収されるには様々な条件がクリアされないと速やかな吸収はされません。関連画像

植木鉢に水をジョーロでいっぱいあげても、鉢の底から水が漏れ出るでしょう。

水分をからだに留めておくための条件は書き出すとたくさんありますが、ザクッと言えば、糖とミネラル、そして温度、私たちのからだでは運動習慣や、関節可動域なども影響すると考えられます。

 

このように水で創られていると言っても過言ではない私たちのからだ

そんな、知っているようで意外と知らないからだの地図(body map)に色を塗り、からだを意のままに動かせるようになるために、じぶんのからだと向き合うことをテーマとしたグループエクササイズ からだのがっこう 始めます!

からだのがっこう始まります!!

からだの特性を学びながら、インナーマッスルやバランス能力を高め、疲れにくく軸の整ったしなやかなからだづくりをしてみませんか?

二十歳から培ってきた経験をぎゅっと凝縮したBODYWISEのグループエクササイズ、

じぶんのからだのまだ知らない力にドキドキ♪ワクワク♪しに来てくださいね!

お申し込みはお電話、LINE@からお願いします。

友だち追加

からだを動かすのが苦手な方でも楽しみながら参加していただけますし、慢性的な腰痛や肩こりなど、からだの調子がイマイチ上がりきらない方にもオススメですので、ぜひこの機会にご参加ください◎

定員になり次第受付を終了させていただきますので迷っている方はお早めに!!

なお、8月は3日間限定でおこない9月からは週1回のクラスに移る予定です。

9月からのクラスの参加募集については、今しばらくお待ちください。