ワークショップ

コバヤシヒロタ

「体幹」を正しく理解する③

つまり "体幹" とは息を止めて、お腹を固くする動作をすることではなく 呼吸に合わせながら、楽にからだの隅々まで内側の圧を伝えられる状態で動くことなのだ
お知らせ

ワークショップのご案内

11月18日(日) @四万十市産業祭 ❶子育てをしていてからだに疲れが溜まっていると感じる方(肩こり・腰痛など) ❷スポーツや武道を楽しんでいる方(筋力アップ・バランス能力向上) ❸農林水産業をしている方(セルフケア・疲労回復) 料金は各500円で、どなたでもご参加いただけます お申込みはこちらから
お知らせ

"四万十市"の 暮らしに合った体幹エクササイズ

本当の体幹というのは、私たち日本人がもともと持っていた身体感覚だったんです 着物をはじめとした和装に秘められた、体幹をONにするからだの使い方 体幹をONにするからだの使い方を秘めている国技、相撲から学ぶこと 自然の中にある万物に作用する物理の法則 そうしたことも合わせてワークショップではお話しします!
コバヤシヒロタ

体幹を感じることができると、知らないうちにからだが変化する

今回のワークショップでは、構造が崩壊したいように、姿勢に気をつけながら暮らしに取り入れることができる体幹エクササイズです。 その体幹を感じながら、からだに変化を感じることができる”しまんとの暮らしに合わせた体幹エクササイズ” とってもお得な内容なので、お誘い合わせの上ぜひご参加ください☆
お知らせ

四万十市産業祭にてワークショップを行います

11月18日、四万十市安並運動公園にて行われる四万十市産業祭において、『体幹から、からだ全体のバランスが整った状態になると、仕事に趣味そして日々の生活の中で、からだが楽で動きやすくなる。"しまんと"での 暮らしに合った体幹エクササイズ』と言うテーマでワークショップを行います!
お知らせ

間違いだらけの体幹トレーニングから一歩先へ

トレーニングというのは訓練ですから、明確な目的を立てた上でそれを達成するために行われるものです。仕事でもOJTというトレーニングがありますが、実際の仕事と異なる内容ならおかしい!と考えることができますが...それが自分のからだのこととなると、トレーニングの目的設定が○○秒とか○○○回となるのに違和感を感じないようです。
お知らせ

最初にあたまが固まり、次にからだが固まる、そうして不調が生み出される。

決まったエクササイズを決まった回数・決まったセット数、形だけを真似したところで、それはただのパフォーマンスです。私たちは考える生き物で、思考が行動を作り出し、行動が習慣を作り出します。習慣を改めようとすると、思考から変えていく必要があり、そのためには...
コバヤシヒロタ

からだの不調は筋トレなんかしなくても良くなります!!

からだの不調は筋トレなんかしなくても良くなります!! むしろ誤った方法で筋トレなんかをしたりすると逆に悪くなることすらあります。 自分のからだのことを知らないでトレーニングをするのは、 地図を持たないで知らない街を歩くことと同じようなもの、、、 まずは一番良く知っている誰かに聞くことが近道だと思います。
コバヤシヒロタ

なんとも挑戦的なタイトルのワークショップでした、間違いだらけの体幹トレーニング。

本来、体幹が持つ機能というのは「状態を安定させること」です。 英語でいうと stabilize で、 日本語の体幹トレーニングに当たる英語は Stability training です。 どんな状態でもからだを安定させるために、必要なことを如何に効率よく(楽に)行えるかがポイントになります。
タイトルとURLをコピーしました