ワークショップ

コバヤシヒロタ

和の所作でからだを整える体幹コンディショニングvol.2

「体幹」という漠然としたイメージだったものが、前回の腸腰筋で垂直面が、今回の骨盤底筋群で水平面がより具体的になったと思います。骨盤底筋群と、骨盤底々筋群・骨盤底々々筋群それぞれのフロアを崩さないように、毎日エクササイズを行なってくださいね!脳は上質な新しい刺激を好みます、なので量ではなく質をキープするのも忘れずに◎
コバヤシヒロタ

ハンモックのように柔らかく

内臓も筋肉も柔らかいですし、靱帯や腱も硬いといっても弾力があり柔らかさがあります。その柔らかい組織に「圧力」がかかると形は変わりるのですが、これらの柔らかい組織が形を変えることができるおかげで、私たちはからだを動かすことができているのです。このハンモックの機能に障害が起きると下腹部周辺に不調が起こりやすくなります。
コバヤシヒロタ

背骨について

背骨は足からの力(重力の反発)を伝え、二本の足で立つことを可能にしています。もし、背骨が正しく配列されていなければ腕はすっと上がらなくなり、歩行も困難になります。わたしたちが強さを感じる、腹筋や胸の筋肉を縮めるトレーニングは背骨の位置を前方へと引っ張るので、背骨の構造から考えるとあまり必要のない動きなのかもしれません。
コバヤシヒロタ

トレーニングの質を高めるためには…

動作に注意を払わないとき、からだはなんとなくの無意識で動いています。例えば、テーブルの上にあるカップを取るとき、腕を前方に1メートルほど伸ばして、たまごを持つくらいの力でゆっくりと握り、肘を斜めに折り曲げながら口元にゆっくりとした速度で持ってきて、首の傾きと腕の傾きを微調整しながら、コーヒーを飲もうなんて考えません。
お知らせ

満員御礼:和の所作で整える体幹コンディショニング

月の27日、四万十市のスタジオ イプで行う「和の所作で整える体幹コンディショニング」のワークショップはおかげさまで定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきます。
お知らせ

【1//27開催】和の所作で整える体幹コンディショニング

ワークショップでは、さまざまな武道や芸道に隠された日本古来からある、からだの使い方を通して「体幹を感じながら、からだを整え、柔軟性やバランス能力、パワー、関節可動域の向上を目指します」からだの使い方・整え方に興味のある方はぜひご参加ください。
お知らせ

大晦日の禊

ワークショップでは、呼吸を通しインナーマッスルをONにして体幹と四肢がスムースに連動するために(筋膜の特性に合わせた)エクササイズを行います。期待できる効果は、見た目にも体感でも変わります!自分のからだは知っているようで意外と知らないもの。からだを知り尽くしたトレーナーが、からだを上手に乗りこなす方法をお伝えします。
コバヤシヒロタ

難しいトレーニングを楽しくわかりやすくするのがトレーナーの仕事です

体幹トレーニングというのは、脚が木の根のように地面をしっかり捉え、枝葉に当たる両手や頭は自由に動かせるように、根と枝葉をつなぐ幹に当たる胴体は安定して力を伝えられる位置を保持することができ、呼吸や会話もいつもと変わらず行うようになるために、わざと不安定な状況下でカラダをコントロールするトレーニングのことです。
お知らせ

ワークショップのお知らせ@スタジオIPU, 四万十市

ワークショップではどんなことをするのか?簡単に言うと「和の所作を使って柔軟性やバランス能力、パワー、関節可動域向上を図ろう!」という感じです。体幹ってなんなのかよくわからない方、からだを確実に変えたいという方にオススメします。気になるお値段...この内容でこの価格は衝撃です!損は絶対させません。
タイトルとURLをコピーしました