体幹

お知らせ

間違いだらけの体幹トレーニングから一歩先へ

トレーニングというのは訓練ですから、明確な目的を立てた上でそれを達成するために行われるものです。仕事でもOJTというトレーニングがありますが、実際の仕事と異なる内容ならおかしい!と考えることができますが...それが自分のからだのこととなると、トレーニングの目的設定が○○秒とか○○○回となるのに違和感を感じないようです。
コバヤシヒロタ

自分のことは自分でやろう! 〜高齢者を対象とした運動教室@高知県黒潮町〜

育った町で春から始まった月イチの運動教室も今日で6ヶ月が経過 この町の住民の半数はオーバー60だけど、畑をしてたり漁に出たりまだまだ元気!! 実際、この運動教室の参加者の平均年齢はオーバー70 最高齢は85歳だったと思う。 自分が85歳になった時、同じように運動教室に来るだろうか...
お知らせ

最初にあたまが固まり、次にからだが固まる、そうして不調が生み出される。

決まったエクササイズを決まった回数・決まったセット数、形だけを真似したところで、それはただのパフォーマンスです。私たちは考える生き物で、思考が行動を作り出し、行動が習慣を作り出します。習慣を改めようとすると、思考から変えていく必要があり、そのためには...
コバヤシヒロタ

からだにはたくさんの叡智が備わっている

僕がいつも言っていることですがからだにかかる負荷に対して、いくつもの動きの選択肢を備えることができるだけの知恵を身につけてください。知恵というのは、こうなった時はこうするという一問一答のようなマニュアル的なものではありません。いくつもの情報から、その場面に合わせた最適な解を導き出すことを言います
コバヤシヒロタ

なんとも挑戦的なタイトルのワークショップでした、間違いだらけの体幹トレーニング。

本来、体幹が持つ機能というのは「状態を安定させること」です。 英語でいうと stabilize で、 日本語の体幹トレーニングに当たる英語は Stability training です。 どんな状態でもからだを安定させるために、必要なことを如何に効率よく(楽に)行えるかがポイントになります。
お知らせ

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ 気がつけばもう9月はもくぜん!! この夏は暑かったけど、暑かった分だけ秋の訪れが早くなるのでは、、、? 涼しくなった分、あたまもからだも動かしやすくなりますね! この秋からのワークショップ&グループエクササイズをお知らせします。
コバヤシヒロタ

動きの中の恒常性

自分では想像し得ないほどに、からだは動きます。 からだが快適になると、からだで感じること、感じて考えること、考えて行動することが変化します。 あなたのからだにいいことは、あなたの周りにもいい影響を与えるのです。
お知らせ

ワークショップのお知らせ @土佐清水市

肩・腰・膝の不調や痛みは自分で良くすることができます。そう言い切れるのは、僕自身20代の頃に腰椎椎間板ヘルニアを患ったことがあるから。医師にはずいぶんなことを言われましたが、手術せずに治して今に至ります。ヘルニアや坐骨神経痛など病名が付いていても同様です。自分自身の経験に加え、そうした症状の方々との臨床経験があります。
コバヤシヒロタ

からだについて学び、実践し、日常に活かすエクササイズ教室

こうした機会を設けてくれるのはとても有り難く、トレーナー冥利に尽きます。と同時に、こうした機会をこの場限りで終わらしてしまうことももったいなく感じるのです。日常に活かすことを考えるともっとオープンな場にしないといけないように思います。
タイトルとURLをコピーしました