速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった

きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。

ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバーできた。

フェイントを工夫したり、チームワークで乗り切ったり子どもなりに必死に考えてがんばった。

が、どうにもならないのが運動会とマラソン大会だ。

これだけはごまかすことができないので、気付かないふりをしていた自分の実力を知る。

必死に頑張っても頑張ってもこればかりは量をこなすだけでは上達しない。

先生からはもっと頑張りましょうと言われ、別の人からは向いていないということを言われる。

自分でも一所懸命がんばってるし、忍耐力も集中力も限界を振り切るぐらいまでになってるのに。

それでも上達しないということは、鍵になるのは「考える力」なんだろう。

 

考え、感じて答えがわかる

ひとりひとりが違うんだから、からだの動かし方だって一人一人違うはず。

ポイントを押さえた動きのアドバイスと、シンプルなエクササイズ、騙されてるみたいだけれど

終わってみたら本当に楽に走りが変わってる。

 

からだを動かすことが苦手でも、からだを動かすのがイヤだと感じることなく

楽しみながら上手くなる、速くなる、そんなワークショップをやってます。

今年は11月12日(土)と12月10日(土)の2回のみ。

お申し込みはこちらまで▶︎ 高知県立幡多青少年の家 Tel: 0880-44-1001

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル⑤

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル③では呼吸についてふれ、

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル④では動きの連動についてふれました。

今回はそれらは実際の暮らしではどうなっているかについて具体的に見ていきましょう。

呼吸は「吐くこと」から始まる

それは僕たちがこの世に生を受ける瞬間、1気圧という空気圧が横隔膜を強くノックします。

重力の影響から逃れることはできない、それなら重力をうまく利用して最小限の労力で最大限の効果を得たいわけです。

ということは、おなか周りを固めて横隔膜を動かすことない肩や胸部を動かす呼吸は非効率的なのです。

おなかを意のままにコントロールして、からだを最小限の力で内側から安定した状態にすることができると、おのずと他のことに注意を向けることができます。

体幹トレーニングというのは体幹を「固い」状態にするためのものではなく、体幹と四つの手足(四肢)が「安定した」状態で双方向に、多面的に(複雑に)力を伝えることができるようになるために行うトレーニングです。

 

暮らしの中の基礎を大切にする

 

この「始まり」の部分がしっかりと認識できていれば、暮らしの中でその人に必要なトレーニングが見えてきます。

船に乗る人、オフィスで座ることが多い人、運転時間が長い人、しゃがみこむ時間が長い人、子供と一緒に体を動かす機会が多い人、かかとの高い靴で歩くことが多い人、長時間パソコンに向かう人、競技生活をしている人、怪我から復帰してリハビリをしている人、こんなにも生活スタイルのに全く同じポーズをしていて体幹が鍛えられる…?とは考えにくいのではないでしょうか。

tumblr_metck0SSbq1qm3r26o1_500

 

競技生活をしていないから体幹トレーニングは不要でしょうか?

子供を抱きかかえたり、おんぶしたりすることはからだにどれだけ負担になっているでしょうか?

多種多様なライフスタイルがある私たち一般人こそ、体幹(CORE)の意味を改めて考えてみる必要があるのではないでしょうか。

私たちの日常にある「立つ、歩く、座る」の動きの質が変われば、おのずとパフォーマンスは上がり、生活の質(Quality of Life)は変わります。

 

BODYWISEで人生を変えるセッションを

RESERVA予約システムから予約する

2016年はピラティスでキレイなからだになろう

昨年から始まった「美活ピラティス」 今年も美活ピラティスseason3が始まりました◎ ピラティスに限ったことではなくカラダは激変しません 少しずつ気づきがあって、変化があって 日々の積み重ねだけがカラダを変えていきます …