「体幹」を正しく理解する②

体幹を正しく理解する①より

お腹を縮めることで不調が作りだされる

「体幹」というと、割れた腹筋がその指数になるように思われていますが…

からだの外側が変化すると、内側も同様に変化するので

お腹をぎゅっと縮ませた状態でいると、その内側にある内臓をぎゅっと圧迫します

圧迫された内臓は、押しつぶされることになり、正しく機能できなくなります

さらに重力がかかることにより、お腹よりうえにあるものの重さが加わります

お腹の内側の空間も、その空間にある消化器系も上から押しつぶされたようになります

腸は消化吸収だけでなく免疫を司る臓器ですから、長期的な視点で考えるとそうしたことにも影響が現れることが予想されます

妊娠中の方は内側のスペースが圧迫されることでお通じが出にくくなりますが、これはわかりやすい例ではないでしょうか

また、お腹(からだの前側)は縮めることができるのですが、からだの後ろ側は、背骨があるので縮めることができず、前後での張力に違いが出てきます

前側は縮み、後ろ側は伸ばされた状態になり、背骨はぐわんと前に被さるようになります

当然、背骨の一番上にある頭も前方へ倒れるので、結果的に背中が引っ張り出されるような姿勢になります

一番上にある頭が前方へ傾いてしまうので、骨盤を後ろに傾けることでバランスをとろうとするので、お腹がぽっこりしてしまう…

そしてさらに腹筋運動をしてお腹に収縮のパターンを記憶させ、腰痛や肩こり、さらには頭痛や股関節や膝の痛みも生み出してしまうのです

重力は骨格に影響を与えていますから

あたまと脚を繋いでいる背骨を伝って、本来あるべきポジションからずれた骨格に重さがのしかかり、痛みそして不調を生み出しているのです

痛みや不調は、筋力が不足しているから起きるのではありません

もちろん全ての場合がそうだとは言いませんが…

自分の重さ(重力)を受けるべき状態にいないこと、あるいは器官が正しく機能をしていないことを知らせるからだからのサイン(兆し)なのです

 

からだを動かしているのは、骨です

筋肉ではありません

筋肉はからだの中で骨がばらけてしまわないように繋いでいるだけなのです

 

からだで考えると難しく思うかもしれませんが、同じように空間を内在する構造物の「家」で考えるとわかりやすいのではないでしょうか

家を支えているのは、壁でもなく天井でもなく「柱」ですよね

家を建てるときは、棟上が済んでから内装にかかります

また耐震補強をしようとする場合も、壁を分厚くすることはせず、家の骨組みである柱と梁に対して筋交いを行うことが一般的ではないでしょうか

腹筋を固く縮めることで、からだの機能が正常に動かなくなる

このことからも、腹筋を固くするのが「体幹」トレーニングだというのは、誤った認識だと言えます

では本当の意味での「体幹」とはいったいどういったものなのでしょうか

 

ワークショップのご案内

11月のワークショップスケジュール

11月18日(日) @四万十市産業祭

❶子育てをしていてからだに疲れが溜まっていると感じる方(肩こり・腰痛など)
❷スポーツや武道を楽しんでいる方(筋力アップ・バランス能力向上)
❸農林水産業をしている方(セルフケア・疲労回復)

料金は各500円で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

11月21日(水) @四万十市立中村小学校
●小学生を対象にしたランニングワークショップ

中村小学校の児童
*参加には条件があります

11月23日(金) @土佐清水市
●脂肪燃焼運動教室

料金は無料で、土佐清水市在住で”国保”加入者のみご参加いただけます
詳細は土佐清水市役所 健康推進課までお問い合わせください

 

11月23日(金) @土佐清水市
●気持ちよく暮らすためのセルフケアエクササイズ教室

料金は2000円(シニア割あり)で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

11月25日(日) @Conditioning Studio BODYWISE
●間違いだらけの体幹トレーニング
*日頃トレーニングをしている方や、専門的な知識を持っている運動指導者向け
*他のワークショップとは異なり、より少人数で専門的な内容になっています

料金は4000円で、どなたでもご参加いただけます
お申込みはこちらから

 

 

四万十市産業祭にてワークショップを行います

ワークショップのお知らせ

 

11月18日、四万十市安並運動公園にて行われる四万十市産業祭において、ワークショップを行います。

 

テーマは…

体幹から、からだ全体のバランスが整った状態になると
仕事に趣味そして日々の生活の中で、からだが楽で動きやすくなる。
  "しまんと"での 暮らしに合った体幹エクササイズ

 

申し込み方法などは、四万十市から詳細が発表され次第、Webページでもアップしますので、11月18日はぜひ安並運動公園へ足を運んでくださいね☆

 

からだにはたくさんの叡智が備わっている

何歳になってもからだは良くなります!!

この日、ご紹介で来てくださったのは90代の女性

10年ほど前に転倒してから、常時、脚に痺れがあって

歩行はもちろん、日常生活で杖を手放すのが難しくなっていました。

一見すると姿勢も良く、歩行が困難な様子は伺えません。

左:ビフォー 右:アフター

しかし、ワークを終えて、改めて姿勢を比較してみると違いが明確になりました。

正面からみると、施術後の方がからだがふっくらとした印象になり、

デコルテが開いたことで、後方にあった重心も前方へと移ったことがわかります。

また、左右の足の重心もより均等になった様子が見て取ることができます。

 

からだは外部からの刺激に対して反応する

セッション中、からだを触れていると「あぁ、正常だと思っていたのにこんなに凝り固まっていたのか」とたびたび仰られていました。

脳は、からだに触れられることで、快適なからだの位置へのフィードバックを受け取ります。

からだで感じたことに対して、リアクションをし続けて私たちは安定して立っているのです。

ひとは、加齢と共にからだに対する負荷をかけないように、安全に安全に過ごす傾向があります。

もちろん、そのことは正解でも不正解でもありません。

ただ、からだにかかる負荷が小さくなればなるほど、からだが起こす反応も小さくなります。

重いものを持てば、からだは大きな力を出します。

大きな力を出そうとすると、より足元が安定していないと十分な力を発揮できません。

ちなみに、雪道でスタックした場合、タイヤの空気圧を少し抜くことで局面を打開することができるのですが、

これは、タイヤの空気圧を減らすことで地面との摩擦抵抗をより得られることができるからです。

加齢ともにからだへの負荷を減らすということは、地面へと伝える力(体重×加速度)を減らすということになります。

加齢とともに動きが少なくなったなら、からだへの負荷は増やし、関節もうまく使いながら地面へと伝わる力を大きくしてあげる必要があるということです。

からだは想像以上に繊細で巧妙なつくりをしている

重さに対しての耐性をつけるのではなく、重さに対していかに楽に動くかを感じ・考えながら動くのです。

そのためには自らの足でしっかりと大地を踏みしめている必要がありますし、

不安定な足元でも、からだ(強いては頭部)を安定させて立つことができる必要があります。

高齢者を対象とした運動指導に限らず、僕がいつも言っていることですが

からだにかかる負荷に対して、いくつもの動きの選択肢を備えることができるだけの知恵を身につけてください。

知恵というのは、こうなった時はこうするという一問一答のようなマニュアル的なものではありません。

いくつもの情報から、その場面に合わせた最適な解を導き出すことを言います。

そのためには「自分のからだがどう在りたいのか」を知ることから始めたほうが良いでしょう。

その上で、自分のからだの癖(行動・思考)に気づき、その癖を正すための処方を、自らの意思で行うことが必要になってきます。

いくつになってもからだは快方へと向かうことができます。

ただし、それは自分のからだに愛着と責任、そして勇気を持って、どこかで誤ってしまった動作・思考を再プログラミングしようとする覚悟があれば。。。の話です。

子育てをする際に注意したいこと

赤ちゃんは完璧な存在

赤ちゃんは完璧な存在です。

とはいえ、一人では何もできませんから、親や周りのサポートなしには生きることはできません。

ただ、誰に教えられることなく背骨を安定させ(首が据わり)、手足を自由に動かし、

はいはいや掴まり立ちを経て二本の足で歩き、人間らしく振る舞うようになるのですから

完璧と言わざるを得ないでしょう!

 

赤ちゃんはどのようにして自由を獲得するのか

私たちは二足歩行をすることで、大きな脳と両手を動かす自由を手に入れました。

大きな脳を持ち合わせたことで、出産が難しいものになりましたが、

このことで私たちは本能に加えて、鋭い観察力と高い環境適応能力を備えることができました。

赤ちゃんはただじっと寝ているだけのように思えるかもしれませんが、

生まれた時から自分のそばにいる大人の動きをよく観察し、だんだんと動作の種類を増やし、行動範囲を拡大し大人に近づこうとしているのです。

言葉遣いや仕草など、良いところも悪いところも全てのことを吸収してしまうのが赤ちゃんです。

 

自然なプロセスを大切に

時代とともに、新しいものや新しいことが増えてきます。

ひと昔前はテレビや書籍が情報収集のツールでしたが、今ではスマートフォンひとつで何でもできるようになりました。

知りたい情報へのアプローチ方法は増えましたが、同時に与えられる情報も増えました。

なかには「便利さ」を前面に押し出して、さも新しいスタンダードと言わんばかりのプロモーションをしてくるものもあります。

便利であることが悪いとも思いませんが、

子どもの立場としては、、、できるだけ自然に近い状態であってほしいのではないでしょうか。

首が据わる、腰が据わる、寝返りをうつ。

これらの動作は親が教えるものではなく、機が熟したときに赤ちゃんが自発的にする動きです。

その背景には頚椎が安定する、脊椎が安定して動くなど、赤ちゃんの発育発達の過程が明確に関わっています。

例えば、ムリに座らされて、内臓がぎゅっと圧迫されていたとしたら、、、

早く成長してほしい気持ちになるのもわからなくはありませんが、赤ちゃんは話すことができません。

からだも動きも、かたちがどんどん変化する時期だからこそ、動きを制限するのではなく

安全が確保された範囲内で、自由に動ける環境を創り出してあげてください。

 

子どもの発育のことを知りたければ、解剖学者の養老孟司さんに大きな影響を与えたとも言われる三木先生の著書が、わかりやすくてオススメです。

豊かに暮らすために”くろしお健康エクササイズクラブ” 始めます。

生きるためにいつまでも元気なからだでいること

僕が暮らす町、高知県黒潮町

ここは南海トラフ大地震が起きた場合、34mの津波が押し寄せると想定されています。

近年、津波避難タワーが町の至るところに建設され、海岸線には避難道が整備されました。

行政ができるサービスは限りがあります。

いざ地震が起きたとしても、からだを動かせないと避難することは難しくなります。

ここは高齢化が進み65歳以上の老齢人口が42%にもなっているので文字通り死活問題です。

もちろん元気な方々ばかりですが、いざという時に頼りになるのは自分しかいません。

 

いつまでも同じことを同じようにやっててもダメだ!

これまで黒潮町と連携をして、健康への意識を高めるために体操事業を行ってきました。

ロコモティブシンドロームにならないため、黒潮町独自で考案した”ロコクロ体操”です。

CATVでも配信し、地域への集会所へも伺い、すっかりお馴染みの体操となりました。

しかし、お馴染みになってしまっては意味がありません。

必要なのは体操への慣れではなくて、常に新しい運動刺激が私たちには必要なのです。

正直、体操ができたとしても避難に必要な基礎体力が備わるかというと疑問があります。

行政のやり方では同じ事業の継続は難しいようで、体操からの進展がありません。

 

体操からエクササイズ、そしてトレーニングへ

トレーニングの原理原則として以下のようなことが挙げられます。

漸進性の原理

体力の向上に従って、負荷も徐々に(漸進的に)上げていく必要があるというもの。

可逆性の原理

一定期間トレーニングを実施し効果が得られても、止めてしまうともとに戻ってしまうというもの

トレーニングを行なったところで、すぐさま身体に変化が生まれるわけではありません。

私たちが考えている以上に、ゆっくりと時間がかかるのがトレーニングの成果です。

やってすぐ簡単に成果が出るのなら、甲子園で優勝するのなんて簡単です。

本来、健康づくりなんてものは行政から「やってください、やりましょう!」なんて言われて始めるものではなく、自分から率先して行うものではないでしょうか。

待っていても何も始まらないので、体操からエクササイズ、トレーニングへと

参加してくれる方が、楽しみながら身体が変化するのを実感してもらえるようなエクササイズグループへと進化したいと思います。

 

くろしお健康エクササイズクラブ始まる

構想から7年、ロコクロ体操が始まり5年。

どうしたら幡多に住む方々にわかりやすく伝えられるか、喜んでもらえるかを常に考えてきました。

色々と考えて考えて考えて、動けなくなりそうにもなりました。

明確な根拠はありませんが、大きな流れがあって、「今が」その時だと思うのです。

地震による津波での人的被害を最小限にというのは大きな目標ですが、それだけではありません。

人口1万人ほどの小さな町かもしれませんが、子どもからお年寄り、

農業 林業 漁業と自然を相手に仕事をしている方、建設作業で肉体労働に従事している方、

オフィスでパソコンとにらめっこしている方、からだが痛むのを我慢して介護をしている方、

子育てでからだが疲れている方、病院が遠くてリハビリに通うのを諦めた方など…

たくさんの人が暮らし、いろいろな生活があります。

この自然豊かな場所で、気持ちよくからだを動かすことで、快適に暮らせるようになること、痛みや不調なく健康的に暮らすためのベース(基礎)を伝えることができれば、それがそのままQOL(生活の質)の向上につながるのではないかと思うのです。

まずは自分の暮らす町から、くろしお健康エクササイズクラブ、ぜひご期待ください。

難しいトレーニングを楽しくわかりやすくするのがトレーナーの仕事です

先日、宿毛市の少年野球チームで体幹トレーニングを行いました。

体幹トレーニングというのがなかなか難しい。

それもそのはず、ぱっと見が簡単そうだから細かい所に注意が向かないんです。

そして、ポーズができたら体幹トレーニングができていると思って慢心してしまったり?

だけど、仮にこのポーズができたとしても日常のいつどこで役に立つんでしょうか。

当たり前のことですが、そもそも体幹がわかっていないとトレーニングすらできません。

そこで体幹ってなんだ?!ということを疑問に思ってもらったところでトレーニング開始です。

こんなことで体幹トレーニングになるのか?!いや、なるわけがない!!もっとタフできつくてしんどいのが体幹トレーニングだ!!そうだ!きっとそうだ!!と思う方もいるかもしれません。

しかし、体幹を支えるのに外からからだを縮めて安定しますか??

体幹トレーニングなのに子どもたちは楽しくなっちゃって大変でしたが、体幹トレーニングを終えた投球フォームの変化がこちらです。

あなたはトレーニングの前後がわかりますか??

正解は最後にして、解説をしていきましょう。

 

ボールを遠くへ楽に投げることが目的なので、からだを安定させた状態で体重移動を素早く行うことができれば、ボールにうまく力を伝えることができます。

この場合、後ろ脚(右脚)から前脚(左脚)に体重が移動し、さらにそこより遠くへ右手が移動することがポイントです。

左は一見滑らかな動きに見えますが、ボールに力を伝えられているかというと軸足の右脚がお尻まで棒のようにまっすぐになっていることで、臀部と大腿部にある股関節をロックしていることがわかります。

一方で、右側は投球動作の時に股関節から上、臀部がグッとスライドして関節(テコ)が働いているのがわかります。また振り上げた左脚も高くスムースに引き上げられているので、この脚を踏み込むことで投球時の加速が増し、より右腕を振り抜く速度が上がりボールへと伝わる力が増します。

関節は骨と骨をつなぐポイントです。

例えていうなら井戸の滑車のような存在なので、テコが働く箇所が多ければ多いほど、力は少なくて済みます。

またからだは立体的で、容積を保ったものが空間を移動します。
パウダービーズでできた人型がもし歩けたとしたら、全ての粒が同時に動いている感じというと伝わりやすいでしょうか。

つまり、右側の方が、十分に余力を残した状態で投げているので、動きがコンパクトになっており、右脚の股関節のテコが働いたことで、脚の振り下げなどが効率よく行うことができ、腕を振る速度が早くなった。結果として、投球フォームがコンパクトでも十分な力がボールへ伝わり楽をして良い結果が得られるようになりました。

体幹トレーニングというと、からだを硬くしてぎゅっと外側からからだを硬くするトレーニングをイメージをしませんか?軸という言葉も同じで、決して曲がることのない硬い棒のようなものを想起することが多いのではないかと思います。

体幹は硬くして固めるのではなく、安定させて自由にさせてあげるべきなのです。

全力疾走をする時に、お腹をぎゅっと固めて走っても走りづらいですよね。お腹を固めることでお腹の周囲にある股関節の動きが悪くなるからです。

筋肉は骨にくっついているので、硬くすればするほど骨と骨の距離が縮まり締めすぎた金具のように動きが悪くなります。四十肩や五十肩(英名: frozen shoulder)などは顕著な例です。

 

体幹トレーニングというのは、脚が木の根のように地面をしっかり捉え、枝葉に当たる両手や頭は自由に動かせるように、根と枝葉をつなぐ幹に当たる胴体は安定して力を伝えられる位置を保持することができ、呼吸や会話もいつもと変わらず行うようになるために、わざと不安定な状況下でカラダをコントロールするトレーニングのことです。

不安定な状況でトレーニングをしたからこそ、平なグラウンドでの重心の移動が安定してできるようになったということです。

 

ということで、正解は左・トレーニング前、右・トレーニング後 でした。

明確な根拠を持って正解した方、いい観察眼を持ってますね😁

– 楽しくからだを動かす魔法 – 親子で楽しめる体感ワークショップ!!

この秋、親子で楽しめて体幹を体感できるワークショップのお知らせです。

このワークショップでは、運動が得意な子も、苦手な子も、運動不足のお父さんお母さんも、楽しみながらからだを動かすだけで、終わった時には姿勢もよくなり、疲れも少し取れて、運動神経まで良く(速く走れるように)なれます。

そんなおいしい話が、あるんです。

そして当日は、運動後のからだに回復を助けるお昼ご飯つき!

からだを動かすのが気持ちよいスポーツの秋ですから、学校とはひと味もふた味も違う体育の授業に参加してませんか?

申込用紙に詳細がありますのでご確認の上

お申込・お問合せは、幡多青少年の家 ( 0880-44-1001 ) まで

開脚ができるようになりました

開脚ができるとなんだかカッコいい!そう思う人が多いのでしょうか。

ふと気になってamazonで探すと「開脚ができるようになる」本やDVDがたくさんありました。

ぼくもいずれ開脚までのノウハウをまとめてみたいと思います。

なぜって?本もDVDも見ることなく、日々の練習もすることなくできるようになったので面白いんじゃないかと思ってね。

開脚をしようと思ったのが2016年の2月でした。

今思い出すと、アリゾナでの解剖実習に行くまでに自分自身で何かを得たいと思っていたのだと思いますが。。。

気がつけば2016年は怒涛のように過ぎ、アメリカでの解剖実習も終え2017年の半分が過ぎていました。

そんな時です。

あれ?なんかいけそうな気がする!

ソノトキハ突然キマシタ!!

どうしてそう思ったのかも不思議ですが、からだの構造とからだがどのように動くかのイメージ(からだの地図と言ってもいいかもしれません)とが重なったのかもしれません。

ぐりん!!といった心理的ショックが大きくてその後は思い切りはしていませんが(笑)


開脚ができるようになって、からだの動かし方や疲れの感じ方が変わり、からだに対する捉え方にも変化がありました。

before
after

姿勢が変われば、見えるもの、感じること、考えることが変わります。

からだを通して新しいじぶんに出会えると、今更ながら新鮮に感じました。

開脚ができるようになりたい方、からだを良くしたい方、からだに不調がある方、競技成績を高めたい方、健康を伝えるお仕事をしている方、何か力になれることがあると思うので何かあればぜひご相談くださいね。