「からだのがっこう」動きを通して自分のからだについて色々知れる

自分のからだの地図を完成させよう!!

私たちは、自分のからだが「どのくらい」動くのか知らない。

そして「どうしたらもっと楽に」動かしたらいいか考えることは少ない。

それって自分のからだを100%使えてないっていうことじゃないだろうか??

怪我からの復帰、リハビリは何のためにやるんだろう?

毎日筋トレをしてるんだけど、ぜんぜん痩せないのはどうしてだろう?

整体にも通って、ストレッチも筋トレもしてるのに腰痛が良くならないのは何かやり方が悪いのかも?

s__77398027_0

自分のからだのこと、動きのこと、疲労回復のことなど

テーマに沿ってからだを動かしながら、少しずつ自分のからだになっていく

自分のからだのことが良く解って、自分の暮らしを大切にしたくなるようなワークショップ

それが「からだのがっこう」です。

 

からだを通して感じたことはしっかりと記憶に残る

s__77398028_0

このワークショップでは、参加者を問いません。

男性も女性も、場合によっては大人も子どもも一緒にできるような内容です。

からだの不調をよくしたい場合も、スポーツで良い成績がとれるようになりたい場合も同じです。

それは、日常にある主要な「立つ・歩く・座る」という動きをこれまでより楽に行えるようになることです。

ひとは日々当たり前にある日常的なことに対しては、だんだんと無意識になっていきます。

一方、スポーツで何か大きな大会の前日に眠れなくなったりするのは、非日常的なので意識をしている状態です。

つまり日常的に当たり前に行っている動きのクオリティが上がると、非日常の動きも同じようにクオリティが上がるということ。

そのために繰り返す運動のことをトレーニングとするんですが…

ちょっと難しくなってきましたね。ごめんなさい。

s__77398026_0

わかりやすく言うと、写真に写っているバッグを持ってからだを動かしたりして「力(の向き)」を今より感じやすくなるためのトレーニングです。

 

からだのがっこうに参加して何か変わるの?

まず参加してくださった方々はワークショップの前後で姿勢が変わります。

より無理のない感じというか、余計な力みがなくなって表情もふわっと明るくなります。

もちろん個人差はありますが、姿勢の変化に伴うからだの不調の改善なんかもあるようです。

ワークショップでは「からだの地図」を完成させるために色々な動きをするだけなんですけど、

からだのイメージが変わると現実の感じ方まで変わるなんて人のからだって面白いですね!!

となると、スポーツ選手がイメージトレーニングをしていることなんかも繋がってきますよね!

イメージは大切なんです!!そのイメージが具体的になればなるほど結果が変わってくるんです。

外国の知らない街を地図なしで歩くより、ガイドブック片手にガイドのいうことに耳を傾けて歩いた方がはるかに安心だし楽しめるでしょ?

 

次回はせなか

11月27日(日) 松山市のアクアコミュニティでお待ちしてます◎
クービック予約システムから予約する
s__80887813

この秋、新たにトレーニング機材”VibePlate”がスタジオに!!

コア(体幹)を理解する始めの一歩

まだ僕がセントラルスポーツで働いていたころ「コア」という言葉がフィットネスクラブで使われるようになり

日本コアコンディショニング協会(JCCA)が円柱状のストレッチポールを使用したレッスンが普及し始めました。

title

その後、ヨガやピラティスが普及し「体幹・インナーマッスル」という言葉が浸透するようになるも

そもそも「コア(インナーマッスル)」というのがどういったものか定義するのも言葉にするのも難しく

なんとなくカラダを固めて、ギュッと身を縮める。

レッスンを受ける時も、ざっくりとした指導だったこともあったのではないかと思います。

事実、コアという概念を定義するのは本当に難しくて、今でも伝えるのには言葉を選び、動きに集中し

セッション中はクライアントの表情やカラダの状態など様々なことに注意を払いながら伝えています。

コアについては以前、ブログにも書いたのでそちらを参考にして下さいね。

stability

 

コアを感じて、整えながら鍛える

こんなマシンを見たことがありますか?

powerplate

トレーニングにもリハビリにも大活躍ということで使う人や場所を選びません。

このPOWER PLATEというマシン近頃いろいろな施設で取り入れられていて

なんとかBODYWISEにも!と思っていたところ、VibePlateの導入という運びになりました。

デモ動画ではわかりにくいかもしれませんが、下のプレートが激しく揺れます。

どういうことかというと、地面が揺れるとカラダは常に動くので、じっと止まっていることができなくなります。

つまり、背骨と背骨をつないでいる小さな小さな筋肉や靭帯までも動いている状態です。

もちろんその動きを意識的に感じるのは難しいですが、コアを鍛えるには筋肉の量を増やしてどうこうではなく

不安定な状態でも安定したパフォーマンスを発揮できるようなカラダの使い方を意識することがコアを鍛えるということ。

その結果、揺れない地面(通常の地面)でのパフォーマンスが簡単になりカラダが安定してくるのです。

posture

文章にするとすごく難しく感じることもあると思いますが…

ひとまずものは試しということで、VibePlateでのセッションを受けにいらしてください。

RESERVA予約システムから予約する

セッションに関するお問い合わせもご遠慮なくご連絡下さい。

糖尿病予防教室@黒潮町

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 梅雨が明けたら太陽が全力で地表に降り注いでくるのが、ここ高知県西南部。 日中、窓を開けて運転しているとサウナに入っているよう …

地に足をつけるということ

こんにちは、高知でコンディショニング トレーナーをしている小林です。 先日「コンディショニングって何ですか?」という質問を頂きました コンディショニングは「こころとカラダが真ん中に在って快適な状態」に導くことではないでし …