筋膜

お知らせ

筋膜ってなんだ?筋膜リリースってなんなんだ?!

そんなこんなでビジネス筋膜リリースが巷にはたくさん溢れているわけですが… このブログを読んでくれてる人には、そんなビジネスに引っかかって欲しくないし 目に止まってたまたま見てくれた方にも、僕がやってることを感じとってほしいなと思うので YouTubeにあったナイスな解説動画をアップしておきます!
コバヤシヒロタ

滑らかで、しなやかに、そして力強く…

全身で600余りある筋肉を別々にコントロールするのではなく、1つとして動く感覚を探っていくことがスタート
コバヤシヒロタ

レジリエンシーを高く保とう。

ビジネスでも「レジリエンシーを高める」みたいな表現をしていることがあったりしますが、その場合、回復力が高く、柔軟かつ多角的に物事に取り組めるみたいな意味なのかもしれません。からだ(筋膜)のことと同じように考えるのは、ちょっと無理があるかもしれません。文字で理解しようとするより、視覚で感覚的に捉える方がわかりやすい…
コバヤシヒロタ

からだについての情報を知っているか否かは、結果を大きく隔てることになる

前々より「筋膜」についての記事を書いていますが、筋膜について知っていようと、なかろうとどっちでも良いことではあります。なら、どうして書くのかというと「筋膜」について理解(とは言わなくてもイメージや感覚で)できると、そのあとのからだの調子が全然違ってくることを、まさに身を以て体験したからです。 何か「いい経験」をすると…
コバヤシヒロタ

バタフライエフェクト

意識すらしないふとしたことが、大きな変化に繋がっているということですが、 私たちの暮らしの中においても、同じようなことが挙げられます。 例えば、小学生の頃背が高かったので先生から見えないように身を屈めていたら、それが大人になって椎間板ヘルニアにまで育ってしまったり…
コバヤシヒロタ

空間を司る臓器、そして、その可能性

立体的なからだの構造を保つのは、全身タイツのような特性を持つ’’筋膜’’ 臨床に臨床を重ねると筋膜の持つ素晴らしい特性には驚くばかりだ。一瞬にして全体の構造に変化が起こり、クライアントがその変化に気づけばその都度その変化は安定して定着していく。
コバヤシヒロタ

動きのなかで、全体の連動性を高めることの大切さ

これまでの話から、少し前の話に戻ろう 本当に、私たちの暮らしにトレーニングは必要なのだろうか?? ちなみに、人間以外の生き物がトレーニングをするというのは聞いたことがない それは彼ら...
コバヤシヒロタ

私たちのからだは立体的だ

改めていうまでもなく、私たちのからだは立体的である あまり自覚がないかもしれないが、個々に異なった空間を持っているということになる 実際に、その立体的なからだは、空間(これもまた立体的)を動くのだから ...
コバヤシヒロタ

私たちの暮らしにトレーニングは必要なのか

ひとは、生まれた瞬間から誰に教えられるでもなく、一年あまりの時間をかけて二足歩行を獲得する それは身近にいる「大人(親)」の動きを目で追い、動きを模倣することが始まりなのかもしれない そして二足歩行という...
タイトルとURLをコピーしました