「脳」をアップデートすれば1分でからだは変わる

からだが変わるのは一瞬です

からだを大きくしたい!絞りたい!など

 

物理的にどうにかしたい場合、変化はなかなか訪れませんが

 

からだを動かすこと、機能的なことに関して言えば、変化は一瞬で起こりえます。

 

なぜなら筋肉と骨格を動かしているのは、脳-神経系だからです。

難しい漢字でも、覚えるときは一瞬ですよね??

 

初めて通る道でも、帰り道で迷うことなく帰ることができますよね??

 

意識して動かす以上に、感覚から入ってくる情報にからだは支配されていますし。

 

それらを脳は休むことなく処理をし続けて、恒常性を保とうとします。

 

寒いと動きが鈍くなり、暖かいと動きが緩慢になる。

 

これも温度がからだに与える影響です。

 

感覚的なことがからだに与える影響を理解すると、いろいろなことへの理解が深まります。

 

例えそれが本当に理解できていなくても、からだは反応するのです。

 

これは僕のオリジナルアプローチ、三半規管のワークと呼んでいます。

 

ただ筋肉を動かすのじゃなく、脳-神経をハックすることでからだの動きを変える。

 

からだのがっこう@くろしお健康エクササイズクラブ、元気なシニアが集まる運動教室の1年後が楽しみです。

お尻はギュッとしているより、ぷりんっとしてた方がかんたんに開脚ができる。

開脚をするということは、股関節を動かすということです。

そのために、股関節の構造について触れていきましたが、股関節の構造についてはなんとなくイメージできるようになったでしょうか。

 

では股関節に対して直接影響を与える筋肉はどんなものがあるのでしょうか

 

まずは大腰筋、背骨からぐーっと骨盤を撫でるように下へと下がり股関節にひっついています。

ついで腸骨筋、これは太く短い筋肉が骨盤の内側から始まって股関節へ。

 これらの筋肉を合わせて「腸腰筋」と呼んだりするのですが、聞いたことはあるでしょうか。

 

余談ですが、テレビや雑誌で筋肉の名前を目にしたり、耳にすることもあると思うのですが、それがどこから始まってどこに続いているのか知らなければ、知識としてはあまり役に立ちません。

東京スカイツリー、エッフェル塔、ピサの斜塔、なまえを聞いたことはあるけど、どうやったらそこへ辿り着けるか知らなければ、その場所へは行くことができないのと似ています。

 

股関節に影響する筋肉はこれだけではありません。

中臀筋と小臀筋、これらは骨盤と股関節を外側で繋いで安定させています。

内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋、大腿方形筋、梨状筋、おそらくここで名前を見ることがなければ一生知ることのないであろう筋肉たちは、骨盤の内側(深部)で股関節と繋がっています。

そして外側広筋、これは股関節と膝を繋いでいます。

 

背骨から始まり、膝まで、10の筋肉が股関節に直接的に影響を与えているということがわかりました。

 

左右を合わせると20になります。手足の指を合わせて20本ですから、それらを同時に動かすのと同じようなもの、20もの筋肉をそれぞれ意識して動かすなんて無理ですよね。

 

手足の指ならまだしも、名前も知らない、場所も知らない、あることすら知らない、動かし方も知らない筋肉を左右合わせて20もなんて無理に決まってます。

 

でも今回1つわかったことがあるのではないでしょうか。

 

股関節は、背骨から膝まで影響を与える大きな関節だということ。

 

大きな力を生み出すことのできる股関節ですが、膝や足首とちがって、関節が球体の動きをします。

 

関節が球面であるということは、安定性を得るためには複数の方向からの支えが必要になるということです。

 

複数の方向というのは、球体へと力を伝える可能性のある全方位のことになるので、日ごろ脚を決まった方向、決まった方法でしか動かさない人は、股関節の安定性が悪いということが言えます。

 

え、そんなことないよ!と思うかもしれませんが、安定というのは、固定と違うのです。

 

安定というのは、いつでも球面にかかった力をどこにでも受け流せる状態のことをいいます。

 

一方で、固定というのは、球面にかかった力を一定の方向にしか受け流せない状態のことをいいます。

 

お尻をキュッと縮めていると、縮んだ筋肉によって力の伝わり方を止めてしまうのが想像できます。

 

股関節は、背骨から膝まで影響を与える大きな関節だからこそ、

特的の筋肉を緊張させることなく、全ての筋肉がリラックスした状態で、

つまり、立ったばかりの子どものようにお尻がプリンとした状態でいたいのです。

開脚ができるようになるためには…

これまでに、開脚ができた方がいい理由を上げていきました。

 

開脚ができた方が、いろいろと良いことはありそうだけれども、なかなかできないのが開脚。

 

太ももの裏側だったり、内腿だったりがピーーンと引っ張られて、やる気はあるのに痛すぎて挫折してしまう。。。

 

わかるわかる、わかります。

わかるけれど、それはやり方が間違ってるんです。

 

自分自身、若いころは開脚ができるようになるなんて思いませんでしたし、

 

からだも固くて、それこそ開脚なんてできなくても何も変わらないぐらいに思ってました。

 

今思えば、そんなことだから椎間板ヘルニアで医師から最終宣告を受けることになったわけですが

 

替えの効かないからだのことを思って、真剣にからだと向き合い、試行錯誤を繰り返し、やっとの事で開脚ができるようになりました。

コントロールができなくて、最後めちゃくちゃびっくりしてますが、これが初めて股関節がぐりん!!となった瞬間です。

 

感の良い方はわかったかもしれませんね、そう!開脚というと、脚を広げる印象がありますが、

 

動かしているのは股関節です

 

つまり、開脚をするには股関節の構造を知ることが大切になるのです。

 

努力しなくても開脚ができる場合、股関節の動かし方が上手いということなんでしょうね。

 

では股関節がどのようになっているかを見ていきましょう。

骨盤に、太ももの骨(大腿骨)がしっかりとはまってますよね!

 

これが股関節(Hip Joint)です。

 

まっすぐはまっているのではなく、最後の方がグッと曲がっています。

 

下から突き上げるように骨盤と接点を持つのではなく、少し緩やかな角度をつけて結合してるのは

この骨盤と接しているドーム状の部分へ均等に力を伝えることができるようになるためなんですね。

 

ということは「脚が骨盤からまっすぐに伸びている」と考えていたら、しっかりと股関節を動かすことができていないということになりますから、開脚をするのは難しくなるかもしれません。

さらには大腿骨より下の部分の位置関係までが、変わってくることになるでしょう。

 

開脚をすることとはなんら関係がないように思えるかもしれませんが、このように解剖学的なことからは、からだの構造から動きを紐解くことができるヒントを得ることができるのです。

つまり、足から脚へと伝わってきた力は、きっちりと股関節へと伝わることで、股関節が回転することができるようになり、開脚をすることができるようになるということがわかります。

股関節を動かすということ、日常生活の中でできていますか??

 

開脚ができた方がいい理由とは

嬉しいですね!

今年、年始に書いた”開脚”についてのエントリーに反応が出てきました。

 

健康ブームですし、開脚本も結構売れているようですから、開脚できるようになりたい人は多いのかもしれませんね。

 

でも、開脚できるようになりたい動機って何なんでしょうか。

 

なんかかっこいいから??

 

なんとなく開脚できることに憧れているから??

 

開脚できた方がパフォーマンスが向上しそうだから??

 

理由は色々あっていいと思いますが「なんとなく…」という類の理由では、なんだかちょっともったいないかなと思います。

 

開脚ができるといい理由

一番の理由としては、からだを支えている下半身のコントロールができるようになることではないでしょうか。

二足歩行をしている私たちは、上半身と下半身のつながりが明確になることで安定感を得ることができます。

 

腰が痛くなるのは、腰部の筋肉をぎゅっと硬くしてしまうからに他なりません。

 

上下での力の受け渡しがスムースに行うためには、腰部〜臀部の筋肉を固くしてしまうことはマイナスです。

 

上層階に上がるために、中層階で必ず乗り換えないといけないエレベーターはあまり役に立ちませんよね。

 

筋肉は必ず「伸び縮み」できないと、その役割を果たせないので、腰部から臀部(骨盤周辺)を固めてしまうと本来の機能を発揮できないのです。

 

つまり、固めるだけではコントロールしているとは言えず、からだをうまく使えているとは言えないのです。

 

うまく使えていないということは、爆発的な力を発揮することも、安定させることもできていないということになります。

競走馬の世界では、臀部〜腰部にかけて(つまり後脚の付け根)がしっかりしている方が早く走れると言われています。

 

競走馬に限らず、私たちもアスリートをはじめ運動をする場合、脚がしっかりしている方がパフォーマンスがあがります。

 

こうした点からも、骨盤周辺を思い通りにコントロールできるようになるためには、開脚ができた方が良いということになります。

 

開脚をするために必要なことは…

からだを安定させ、爆発的な力を生みだすために開脚が有効なことはわかりました。

では開脚をするためには、どんなことが必要なのでしょうか。