「脳」をアップデートすれば1分でからだは変わる

からだが変わるのは一瞬です

からだを大きくしたい!絞りたい!など

 

物理的にどうにかしたい場合、変化はなかなか訪れませんが

 

からだを動かすこと、機能的なことに関して言えば、変化は一瞬で起こりえます。

 

なぜなら筋肉と骨格を動かしているのは、脳-神経系だからです。

難しい漢字でも、覚えるときは一瞬ですよね??

 

初めて通る道でも、帰り道で迷うことなく帰ることができますよね??

 

意識して動かす以上に、感覚から入ってくる情報にからだは支配されていますし。

 

それらを脳は休むことなく処理をし続けて、恒常性を保とうとします。

 

寒いと動きが鈍くなり、暖かいと動きが緩慢になる。

 

これも温度がからだに与える影響です。

 

感覚的なことがからだに与える影響を理解すると、いろいろなことへの理解が深まります。

 

例えそれが本当に理解できていなくても、からだは反応するのです。

 

これは僕のオリジナルアプローチ、三半規管のワークと呼んでいます。

 

ただ筋肉を動かすのじゃなく、脳-神経をハックすることでからだの動きを変える。

 

からだのがっこう@くろしお健康エクササイズクラブ、元気なシニアが集まる運動教室の1年後が楽しみです。

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ 気がつけばもう9月はもくぜん!! この夏は暑かったけど、暑かった分だけ秋の訪れが早くなるのでは、、、? 涼しくなった分、あたまもからだも動かしやすくなりますね! この秋から …

高齢者のためのエクササイズ【股関節の可動域を改善する】

股関節の機能改善 転倒の原因にもなる股関節可動域の低下、脚力の低下ですが、 タオルを使ったエクササイズで、可動域を簡単に改善し、脚力を向上させることが可能になります。 関節可動域が広がることで、脚力も向上するので、運動を …

からだに不調を感じる方へ

正常と異常 からだが痛かったり、動きがどこかぎこちなかったり、なんだかしっくり来なかったり… からだが不快に感じるときというのは、何かが正常に機能していないということです。 一方で、よほど調子が良いときを除い …