からだにはたくさんの叡智が備わっている

何歳になってもからだは良くなります!!

この日、ご紹介で来てくださったのは90代の女性

10年ほど前に転倒してから、常時、脚に痺れがあって

歩行はもちろん、日常生活で杖を手放すのが難しくなっていました。

一見すると姿勢も良く、歩行が困難な様子は伺えません。

左:ビフォー 右:アフター

しかし、ワークを終えて、改めて姿勢を比較してみると違いが明確になりました。

正面からみると、施術後の方がからだがふっくらとした印象になり、

デコルテが開いたことで、後方にあった重心も前方へと移ったことがわかります。

また、左右の足の重心もより均等になった様子が見て取ることができます。

 

からだは外部からの刺激に対して反応する

セッション中、からだを触れていると「あぁ、正常だと思っていたのにこんなに凝り固まっていたのか」とたびたび仰られていました。

脳は、からだに触れられることで、快適なからだの位置へのフィードバックを受け取ります。

からだで感じたことに対して、リアクションをし続けて私たちは安定して立っているのです。

ひとは、加齢と共にからだに対する負荷をかけないように、安全に安全に過ごす傾向があります。

もちろん、そのことは正解でも不正解でもありません。

ただ、からだにかかる負荷が小さくなればなるほど、からだが起こす反応も小さくなります。

重いものを持てば、からだは大きな力を出します。

大きな力を出そうとすると、より足元が安定していないと十分な力を発揮できません。

ちなみに、雪道でスタックした場合、タイヤの空気圧を少し抜くことで局面を打開することができるのですが、

これは、タイヤの空気圧を減らすことで地面との摩擦抵抗をより得られることができるからです。

加齢ともにからだへの負荷を減らすということは、地面へと伝える力(体重×加速度)を減らすということになります。

加齢とともに動きが少なくなったなら、からだへの負荷は増やし、関節もうまく使いながら地面へと伝わる力を大きくしてあげる必要があるということです。

からだは想像以上に繊細で巧妙なつくりをしている

重さに対しての耐性をつけるのではなく、重さに対していかに楽に動くかを感じ・考えながら動くのです。

そのためには自らの足でしっかりと大地を踏みしめている必要がありますし、

不安定な足元でも、からだ(強いては頭部)を安定させて立つことができる必要があります。

高齢者を対象とした運動指導に限らず、僕がいつも言っていることですが

からだにかかる負荷に対して、いくつもの動きの選択肢を備えることができるだけの知恵を身につけてください。

知恵というのは、こうなった時はこうするという一問一答のようなマニュアル的なものではありません。

いくつもの情報から、その場面に合わせた最適な解を導き出すことを言います。

そのためには「自分のからだがどう在りたいのか」を知ることから始めたほうが良いでしょう。

その上で、自分のからだの癖(行動・思考)に気づき、その癖を正すための処方を、自らの意思で行うことが必要になってきます。

いくつになってもからだは快方へと向かうことができます。

ただし、それは自分のからだに愛着と責任、そして勇気を持って、どこかで誤ってしまった動作・思考を再プログラミングしようとする覚悟があれば。。。の話です。

自分と世界の境界線を…なんていうとマニアックすぎますね。

体幹が整うと、からだは本来の姿に戻っていく

和の所作で整える体幹コンディショニングも今月でvol.3となりました。

このワークショップでは、僕がからだを通して経験したことをギュッと凝縮してお伝えしていますが…

面白いですね、vol.1 vol.2を受けてくださった方から「股関節の痛みが劇的に改善した」という感想を頂きました。

改善といってもちょっと良くなるではなく、全くなくなったようです。

腸腰筋と骨盤底筋群の動き方のおさらいをしただけなのに、

長い間不調だった股関節の痛みがなくなったこと、そのことに驚く方もいるかとは思います。

 

力は全体に伝わり、からだは全体で機能する

私たちはこれまで、部位にフォーカスしてトレーニングを行ったりしてきました。

腰痛があるから、腹筋と背筋を…という、幻想がまさにそれなのですが。。。

何度も言うように、からだは全体が同時に動きます。

そしてからだの中心にあるコア・体幹といわれるエリアからは、同心円状にかつ立体的に力が伝わります。

これまで眠っていた体幹がアクティブになった結果、股関節の機能が改善されると言うことは十分に納得ができるのです。

 

からだに働きかけることで、意識が変わる

今回のテーマは “横隔膜” でしたが、ワークショップの前後で重さの感覚が変わったようです。


重さが変わるわけはないので、横隔膜が動いていることを感じながらからだを動かしたことが、体幹の安定に繋がって、結果として重さが変わったようになった。

つまり重さに対しての力関係において、自分の方が強くなったということです。

からだに対して働きかけることで、感覚に変化をもたらす

これが僕がボディワークを通してみなさんに伝えたいことです。

ぜひ、これまでの常識を崩しにきてください◎

意味深なタイトルにムムムと感じた方はこちらもぜひ読んでみてはどうでしょうか。

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜セッション3〜

出発まであと1ヶ月

サンティアゴ巡礼の旅の出発まであと1ヶ月を切った。

クライアントは仕事もあり、最初に計画していたようにセッションが進んでいない。

ただ日々のトレーニングはしっかりと行なっているようで、トレーニングの後からだが疲れを感じることなどはないらしい。

これまで運動習慣がなかったにも関わらず、からだに不調などがないのは素晴らしい。

ただ一度だけ、肩がけの小さなカバンを斜めにかけて歩いた日は、ものすごく腰が痛くなり、左右のバランスの悪さがもたらす影響について気づくことができたという。

旅は非日常だ。

まして日本を離れ、約40日の長い旅なので、体調を崩さないようにすることは大切だ。

日々のトレーニングも距離を伸ばして行く必要があるので、その中で体調を自分で管理することを今回のセッションでは行なった。

 

自分でからだを整える

長い旅の中で、日々の疲れを残さないようにすることはとても大切になる。

まして日本からの長距離移動を終え、出発地点に着いたらいきなりピレネー山脈を越えるセクションが待っているとなると、エコノミー症候群はもちろん、移動で凝り固まったからだでは話にならない。

ということで、今回は自分でからだを整えることを重点的に行なった。

セッションにかかった時間は約90分、自分一人で行うセルフケアの方法を伝えた。

写真は、左がビフォー・右がアフターとなっている。

途中暑くなり、服装が変わってしまっているので比較するのが難しいが、

まっすぐ正面を向いた時、足の幅が広がり、そのことで少しデコルテが広がった印象になっている。

横から見ると、前に突き出していた腰が少し後ろへ戻り、つま先加重から踵加重になったことで、ギュッと縮まっていた胸のスペースがふっくらしたことと関連づけられる。

後ろから見ると、肩が広がり、頭頂部が頭上へと引き上げられているのがわかる。からだの背面にある踵が安定したことで、地面からの反発が正しく頭上へと抜けるようになったからだ。

反対側から見ても、前に傾いていた重心が後方へと戻り、突き出していた腰が戻っていることがわかる。

 

何を基準に自分でからだを整えるのか

私たちは地上で1Gという大気圧を受けて(引力に引っ張られて)暮らしている。

地球上で暮らし、私たちに質量(重さ)がある以上、重力からは逃れることができない。

しかし言い方を変えると、重力をうまく利用することで楽にからだを動かすことができる。

つまり、この重力下で楽に動くことができる位置をからだで感じることが判断基準になるのだ。

 

からだがどういう状態なのかを意識する

私たちは繰り返す日常の中で、無意識のうちに行動パターンを自動化して楽をしようとする。

子どもの頃はあんなに大変だった自転車の運転も、慣れたら最初の苦労をさっぱり忘れてしまうし、どうやってバランスを取りながら乗っていたかなんて考えることもない。

これが、人間のすごい能力でもあるのだが、このことに気づいている人は意外と少ない。

気づいていないと、間違った力の伝達をしていてもそのままになる。

間違った力の伝え方は、間違ったからだの使い方に起因していて、結果として「痛み」や「不快感」としてフィードバックされる。

そのフィードバックに対して、改善を施さなければ、結果はさらに悪くなる。

悪くならなかったとしても、良くなることはない。

不調や痛みについて答えはからだが知っている。2/22の記事へ

旅は非日常と言ったが、旅に出るまでは日常が連続している。

出発までの残された時間、疲れを残さないようにトレーニングに勤しみながら

感覚に意識を向け、からだの使い方を今より「快適な状態」へとアップデートしていくことが、巡礼の旅を快適にするかに大きな影響を与える。