有機的なからだで有機的な作物を育て、有機的な暮らしをつくる

有機的な農業と有機的なからだ、有機的な暮らし

ずっと温めていたプロジェクトをこの春からスタートさせます!

今日食べたもので明日のからだは創られる

いつの時代からか、畑で野菜を作るときによく分からない名前の”クスリ”を使うようになり、食べものにも同じようによく分からない名前の”クスリ”を使うようになった。

それは安全性のためと言ったり、生産性を高めるためと言ったりされているが、本当に必要なのだろうか。

生産性を高めるため、根まで枯らすというのが売り文句のグリホサート(除草剤)を使用したものをあえて選ぶだろうか。

私たちのからだは、私たちが食べるもので創られる。

であれば、私たちが食べるものは、私たち自身で作ることができた方が安心だ。

 

土壌を育て、からだも育てる

種を蒔けばなんでも勝手に育つわけではない。

子どもを持って分かることがあるなんて言うが、畑をやってみると分かることがたくさんある。

何かを育てるということは、大きな労力を必要とする。

それを機械に任せ、クスリに頼ると、一見生産性が上がったように思えるかもしれないが、長期的視点から考えると実はそうではない。

事実、日本各地で耕作放棄地は広がり、ほったらかしの山林が増え、人口が減少し地方は困窮している。

地道な作業かもしれないが、からだを動かし、作物を育て、地域を育て、子どもを育てることは未来を創ることだと言えるのではないだろうか。
ある意味で、からだは絶対にじぶんを裏切ることはない。

メンテナンスを怠れば、コンディションは落ち、不摂生はそのままからだに現れる。

エネルギーが不足しても過多になっても、からだを動かすのが難しくなる。

不整地での労働は、体幹が安定していないと困難を極めるため、からだも育むことができる。

からだを動かすことがしんどいと思われているが、楽にからだを動かす方法を探るのがトレーニング的要素を持っている。

からだが大きくても、小さくても、意のままにからだを動かし、働き、休養で回復を促すことができれば一定のパフォーマンスをずっと継続することができる。

幾つになっても経験を重ねている分だけ、からだを動かすことに関しては巧みになることができる。

これはスポーツの第一線で続けることは難しいが、日常生活のなかで続けることは可能だと考えられる。

からだにはたくさんの叡智が備わっている

何歳になってもからだは良くなります!! この日、ご紹介で来てくださったのは90代の女性 10年ほど前に転倒してから、常時、脚に痺れがあって 歩行はもちろん、日常生活で杖を手放すのが難しくなっていました。 一見すると姿勢も …

なんとも挑戦的なタイトルのワークショップでした、間違いだらけの体幹トレーニング。

間違いだらけの体幹トレーニング なんとも挑戦的なタイトルのワークショップです。 20年前ぐらいから「コア」とか「体幹」「インナーマッスル」という言葉が出始めました。 長友佑都体幹トレーニング20 posted with …

果たして僕は世界をあっと驚かすことはできるのだろうか??

世界は広い。 僕が知っている世界なんてちっぽけなものだと思う。 しかしのぞきこんでみると意外と深いのかもしれない。 いつだったか「世界は見ている人の数だけある」と言われた。 だとすると、僕がこれまで見てきた世界は誰も見た …

動きの中の恒常性

前回、恒常性と動きの多様性とからだの適応力について書きました。 住む場所が違ったり、人種が違ってたり、違いは色々あるけれども 外に環境に合わせて、内側の環境を変えて生涯を全うしている。というもの。   結局、何 …

恒常性と動きの多様性とからだの適応力

先日、フェイスブックにこんな投稿をしました。 なんとも抽象的でマニアックな投稿だったので 反応がなかったらどうしようかとドキドキしてましたが 15人の方が反応してくれました。 よかった。。。反応してくださったみなさまあり …

コンディショニング セッションの様子

からだの声を聴く セッションでは、マッサージベッドを使うことが多い。 立った状態の方が、からだのバランスの変化を感じやすいのだけれど、 関節を大きく動かしたりするとき、どうしても不安定になってしまうので、 ベッドの上にご …

どのように動くかを感じながらからだを動かす

トレーニングはどれだけ筋肉をつけるかではなくて、 外の世界の変化に合わせてからだをどれだけ正確にコントロールできるかであるべきです。 そのためには、まず感覚を元に自分を知ることがとても有益になります。 単純なしゃがむ動作 …