hirotakobayashi

コバヤシヒロタ

なんとも挑戦的なタイトルのワークショップでした、間違いだらけの体幹トレーニング。

本来、体幹が持つ機能というのは「状態を安定させること」です。 英語でいうと stabilize で、 日本語の体幹トレーニングに当たる英語は Stability training です。 どんな状態でもからだを安定させるために、必要なことを如何に効率よく(楽に)行えるかがポイントになります。
コバヤシヒロタ

果たして僕は世界をあっと驚かすことはできるのだろうか??

からだを通して感じること、感じたことに対して反応すること そうしたことを共有する場としてのボディワイズでありたいし、そうした人でいたい。
お知らせ

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ

ワークショップ&グループエクササイズのお知らせ 気がつけばもう9月はもくぜん!! この夏は暑かったけど、暑かった分だけ秋の訪れが早くなるのでは、、、? 涼しくなった分、あたまもからだも動かしやすくなりますね! この秋からのワークショップ&グループエクササイズをお知らせします。
コバヤシヒロタ

動きの中の恒常性

自分では想像し得ないほどに、からだは動きます。 からだが快適になると、からだで感じること、感じて考えること、考えて行動することが変化します。 あなたのからだにいいことは、あなたの周りにもいい影響を与えるのです。
コバヤシヒロタ

恒常性と動きの多様性とからだの適応力

私たちのからだを良い状態で保つ動きであったり、環境への適応力は、恒常性(さまざまな環境の変化に対応して、内部状態を一定に保って生存を維持する現象)によって支えられています。今この瞬間も、私たちのからだは内部環境が維持されているのですが、そのシステムやメカニズムを理解し意識を向けている人はどれだけいるのでしょうか。
コバヤシヒロタ

コンディショニング セッションの様子

からだの声を聴く セッションでは、マッサージベッドを使うことが多い。 立った状態の方が、からだのバランスの変化を感じやすいのだけれど、 関節を大きく動かしたりするとき、どうしても不安定になってしまうので、 ベッドの上にごろんと横になってもらう。
お知らせ

ワークショップのお知らせ @土佐清水市

肩・腰・膝の不調や痛みは自分で良くすることができます。そう言い切れるのは、僕自身20代の頃に腰椎椎間板ヘルニアを患ったことがあるから。医師にはずいぶんなことを言われましたが、手術せずに治して今に至ります。ヘルニアや坐骨神経痛など病名が付いていても同様です。自分自身の経験に加え、そうした症状の方々との臨床経験があります。
コバヤシヒロタ

どのように動くかを感じながらからだを動かす

トレーニングはどれだけ筋肉をつけるかではなくて、 外の世界の変化に合わせてからだをどれだけ正確にコントロールできるかであるべきです。 そのためには、まず感覚を元に自分を知ることがとても有益になります。
お知らせ

5周年のご挨拶

日頃は、Conditioning Studio BODYWISE をお引き立ていただきまして誠にありがとうございます。 おかげさまでBODYWISEは、本日 7月13日を以って開業5周年を迎えることができました。 これも皆様のご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
タイトルとURLをコピーしました