未だ知られざる人間のからだ

私たちはまだ多くを知らない

「無知の知」とは、古代ギリシャの哲学者であるソクラテスの、「知らないことを自覚する」という哲学の出発点に向かう姿勢を簡略して表現した言葉

 

21世紀、テクノロジーが日に日に進歩していても、まだまだ知らないことがたくさんある。

 

(そもそも21世紀だからどうしたという話でもあるけれど)

 

そして今日もまた、からだの魅力に取り憑かれてしまった人を興奮させる「筋膜」についてのとびきりのトピックスが!!

 

ここ数年、筋膜リリース・筋膜はがし などの言葉で、一躍脚光を浴び始めた「筋膜」

 

これも少しでも勉強した人なら、はがすという表現は使わないだろうし、ある日突然 筋膜リリースという言葉を使ったりはしないだろうけれども、世の中は大商業時代。

 

ある時を境に、筋膜ビジネスがニョキニョキと成長してくる。

 

だけれども、筋膜という存在に対して、誰も明確に定義することができないでいる。

 

これまでは存在は知られていたけれど、ないものとして見られていたものなのだから、そのことについての見識やデータなんかはまだまだ揃っていない状態。

 

こうやって今も、骨は筋膜系が起源となっている人体で最大の結合組織であるという新たな論文が発表されるのだから!

確かに、筋骨格系は発生学的には同じ胚に由来しているけれど

 

(どうやって取り出したかわからない)この結合組織としての”骨”を見ると、なるほどなぁと思う。

 

簡単に筋膜なんとかとは言いたくないけれど、筋膜って面白い!

 

新しい知識がどんどん出てきて、これまででわかったと思われていたことが覆ったり、新たな常識で書きかえられたり、これだから人体は面白い!

からだを動かしながら新しい知識を経験していける柔軟な思考で、自分のからだも乗りこなそう!

“体幹と手脚をつなぐ基本的な動き” の応用

前回のポストで紹介したターキッシュゲットアップ

これは全身をバランスよく使うことが必要とされるエクササイズです。

 

負荷をかけることで筋力を培うことはもちろん、負荷をかけずとも全体のコーディネーショントレーニングとしても高い効果を発揮します。

 

今回は負荷を限りなく0に近ずけ、また不安定要素を加えて行いました。

 

負荷(重さ)があることで、からだは反発する力を感じながら動くことができますが、

 

不安定要素を高めることでも、からだは(異なった)負荷として認識します。

 

高いパフォーマンスを発揮しようとすると、どうしても力みが生まれてしまいますが

 

不安定性を負荷にすることにより、からだはリラックスした状態で高いパフォーマンスを発揮することを訓練することができます。

用意するものは蓋つきの紙コップ

 

今回はスタジオ近くで購入したアイスコーヒーのカップを使用しました。

 

コーヒーをぶちまけないよう気をつけてチャレンジしましょう!

体幹と手脚をつなぐ基本的な動き

前回のポストで、からだの不調にはバランスボールは??という提案をさせてもらいましたが

 

からだに不調があると言うことは、基本的な動き方ができていないということです。

 

いやいや!!と言いたい気持ちもわかりますが、この動きできますか?

 

あるいはできそうですか?

 

少なくとも「これは難しい!!」と思うような動作ではないですよね??

 

短い動画ですから、2,3分時間をいただいて少し寝転がれる場所でやってみてください。

これらは「セグメンタルロール」と「ターキッシュゲットアップ」と言われる動きです。

 

セグメンタルロールは赤ん坊が寝返りをする際に行われる動作で、背骨に順々に力を通し、床からの反発という最小限の力で最大限に動きを広げることを目的とした基本的な動きです。

 

ターキッシュゲットアップは、トルコ人がこのように起き上がるかは謎ですがそうした名前がついた動きの名称です。

 

どちらもキツイ!!と感じるようなら、動き方は間違っていると言えます。

 

あるいは明日以降、筋肉痛になるようでしたら赤ちゃんが2足歩行を習得する流れをもう一度学習することを進めます。

 

ということで、セグメンタルロールからターキッシュゲットアップまで一連の流れが楽々できるように動きを反復してください。

座りっぱなしがからだの不調をつくる

からだの不調はなぜ起こるのか

普段、私はスタジオで個人に対する運動指導と整体をしていて、

 

時々スタジオを飛び出して、あちらこちらでグループでの運動指導をしていますが

 

今日、行った先で「からだの調子がよくないがやけど…」といった相談を受けました。

 

話は、もともと腰痛や肩こりがあって、最近では肘まで痛むようになったので

 

『これはいよいよ本気でからだの調子を整えることを頑張らないといけないな』と思い始めていて、相談をしてくれたようです。

日頃はデスクワークが中心で、運動といえば週に1,2回 1時間ほど、

 

移動はもっぱらドアtoドアの車移動で、仕事中もほとんど座っているそう。

私たちも広義では「動物」ですから、動くことでその生命を全うすることができます。

 

犬や猫をはじめ、動物がじっとしているのを見ることがありますか?

 

わたしたち人間も、子どもの頃は落ち着きがないほど動き回ります。
(やがて社会性を身につけ、人間らしくなるようですが…)

 

つまり、動かないことでからだは不調を引き起こし、

 

からだから脳に「このままでは良くないよ」とサインを出しているわけです。

では、不調を無くしていくためにできることは何があるでしょうか。

 

からだを動かして運動をする時間を増やすといっても、8時間働いたあと毎日運動をするのはなかなかハードルが高く思えます。

 

なぜなら普段そんなにからだを動かしていないから。

 

普段できていないことを、頑張ってやろうとしても3日で終わる可能性の方が高いでしょう。

 

かといって何もしないのなら、ずっとからだの不調が続きます。

 

むしろからだは脳へと改善を求めるので、不調の度合いはどんどん上がっていくことが予想されます。

 

大抵の場合、からだの不調があると「あ、やばい!!もう歳だし…」と考えて守りに入りますが、守りに入って安静にしていて改善することは稀です。

むしろ、からだを動かす選択をした方が改善がみられます。

 

からだを動かすといっても、いきなり毎日朝晩のジョギングを始めるとかそういった急激な変化ではなく、

 

座っている時間を減らすため、1時間に1回はトイレに向かうとか

 

階段を使って違うフロアのトイレにするとか、ドアtoドアの移動を少し改めて離れた駐車場を利用するとか

 

仕事で使っている椅子をバランスボールに変えてみるとか

 

室内ばきで履いているスリッパを靴タイプに変えてみるとか

 

まずは微かでも良いので「からだを動かす」意識づけでできることから始めてみるのが懸命です。

これまで時間をかけて、からだの不調の原因を育ててきたんですから

 

ちょっとやそっと、そう簡単には大きな改善は得られないかもしれませんが、これまで無意識だったものを意識的にすることで大きく変化することもあります。

 

ちなみに、今日の相談の回答は「職場の椅子をバランスボール(55cm)に変えてください」でした。

新しいことへの挑戦

気持ちよくからだを動かしたい!

もともと “音” が好きで、いつでも “音” がある暮らしをしていました。

 

テレビより、音楽。

 

それも多様な音源を聞いていました。

 

クラシックも聞いていましたし、ヘビーメタルも聞いていました。

 

もちろん今もエクササイズをするとき、セッションをするときも “音” がかかっているんですが

ある日、誰かが表現した “音” ではなく、自分も “音” で表現したいと思い

 

DJ 始めました

 

その歳で?!なんて聞こえるかもしれませんが、新しいことを始めるのにタイミングも何もありません。

 

あるのは、自分で勝手に作ってしまっている「壁」

 

その壁を乗り越えるのも自分、壁をぶち破るのも自分、壁を作らない選択をするのも自分です。

 

思えばシリアに渡る前にもDJをしたいなぁなんて思っていたので

 

10年越しに想いを形にしたってことになります。

 

思い至ってから実行まで時間がかかりすぎた分、これからは積極的にやってきたいですね。

 

いろいろなジャンルがありますが、からだを気持ちよく動かせるよう、エネルギッシュでアップテンポなMIXがどうやら好きなようです。

 

エクササイズをするとき、ドライブをするとき、瞑想をするときなんかは結構ハマってくれると思います。

 

mixcloudにアップしているので、よかったらチェックしてみてください☆

生きることは食べること。

あなたにとって「生きる」ってどういうことですか?

あれになりたい、こんなことがやりたい!!

そうやって夢を実現することも「生きる」ということだと思います。

でも果たしてそれだけでしょうか。

もっと身近で、もっと自分に関わりがある暮らしを作ることも

日々を「生きる」ことになるんじゃないでしょうか。

私たちは、何をしなくても日々お腹が空き、食事をしてエネルギーを補給し、からだを動かしエネルギーを消費し、また食事をし、時には排泄をし、1日の終わりにはからだを休めて…という日々を繰り返し行なっています。

そして気がつけば10年が経過していて「えっ!」と驚くことも。

その10年も大きな怪我や病気もなく過ごせたのなら良いのですが、場合によっては怪我や病気を患ったり、不調に苦しむことになることも。

もちろん全ては不測の事態でそうなるとはいえ、繰り返されるルーティンに潜むきっかけは積もり積もって、あるとき堰を切ったように何かしらの変化を起こす可能性も秘めています。

実に回りくどい言い方をしましたが、日本では医食同源という言葉があ理、英語圏でもyou are what you ateといい表現があります。

食べたもの、つまりからだの中に摂取したものでからだはできているということです。

直ちに影響はないとされている放射性同位体が含まれているかもしれない食品

作物には吸収されることはないとされているグリホサート

なんだかよくわからない、たん白加水分解物乳化剤、そして様々な食品添加物

あれもこれも必要以上に気にしていると食べるものがなくなると言いたくなるのもわかりますが、自分が口にする食べ物に全く注意を払わないというのもなんだかね…

だって、地面に落ちたものですら食べるのを躊躇うんですから…

「生きる」ということについていろいろな意見があると思うんですが、生きるということはひとつ「食べる」ことではないでしょうか。

生きることは食べること

つまり口にするものがどのようにできるのか知ることは大切です。

例えば、天然物と養殖物の違いはものすごく大きいです。

本来そこで生息しない種を、ビジネスのために養殖しようとすると、耐性のない種を育てるため殺菌のために膨大な抗生剤を投与することが必要になります。

つまり抗生剤がないと生きていけない種を、食品(養殖)として食べるわけです。

スーパーの店頭に並んだ時には天然と養殖ということでしか違いはありませんが、その差は劇的です。

さらにゲノム操作をする技術が導入されようとしています。

ゲノム操作というと濁されますが、わかりやすくいうと遺伝子操作です。

遺伝子操作をすることで、人為的に耐性をつけたり、肉の量を増やしたり、自然界に存在しえない生き物を作り、それが食品として食卓に並び私たちの口の中に入る可能性もゼロではありません。

遺伝子組み換えなどというと、現実からは程遠いように思うかもしれませんが、みつひかりつくばSD1号などは現実にファストフード店で使うため各地での栽培がすでに始まっています

普通に考えると、安心安全のために手間をかけて育てたものが安く提供されるなんてことはないんですけどね。

安さを求めるがあまり、安全性がないがしろにされているのは否めないでしょう。

生きた環境じゃないと生きた作物は育たない

例えばお米、市販のは安いけれど、無農薬でこだわって作ったものは高い。

それは需要と供給の市場原理ももちろんですが、決定的に味が食感が違うからではないでしょうか。

もちろん食べたことがなければ比べようがありませんが…

味や食感はもちろんですが、そのものが育つ環境も大きく異なります。

除草剤を使った田んぼと、除草剤を使わない田んぼでは、田んぼにいる生き物が違うんです。

除草剤を使うとどうしても生態系に負荷がかかってしまうため、タニシやヤモリ、カエルなど綺麗な水を好む生物は住むことが困難になり

食物連鎖といわれる、有機的な繋がりがなくなった環境と、それがある環境では、そのものが持つ力(エネルギー)に差が出てきます。

除草剤を使わないという選択をした分だけ、除草という肉体労働が伴いますが、農薬(化学薬品)を使わない分、安心は担保されます。

口にするもの全てにこだわって生きていくのは難しいかもしれません。

だけど、毎日口にするものは、できれば安心安全な方がいいのではないでしょうか。

からだには排出しようとする力は備わっていますが、それは万能ではありません。

少量でもコンスタントにからだに入ってくるものに対しては、蓄積する一方です。

からだの特定の部位に蓄積していき、そこがある特定の閾値を超えたところで調子を崩すことになるかもしれません。

生きることは食べること、どうせ食べるならからだに良いものを。

からだに良いものを食べるなら、からだに良いものを作る現場を知ることは欠かせません。

そしてからだに良いものを食べるだけじゃなく、からだを良い状態に保つために動けるようにいなければ意味がありません。

健やかなからだ、健やかな思考、健やかな暮らし、そして日々を生きる。

ただぼーっと息をしているだけなら生きていると言わないのではないでしょうか。

そんなことを生き物がたくさんいる田んぼで除草作業をしながら考えながらからだを動かしていました。

瞑想とエクササイズ、食育と体育、ひとのからだに携わる仕事をしているじぶんが「農」に関わろうとするのは「生きる」ことと密接に関わりがあるからに違いありません。

今年もやります親子参加型ワークショップ

気がつけば今年で5年目を迎えるこの企画

 

親子で 楽しくからだを動かす魔法

 

期間限定ではあるものの、平成から令和へと細く長く愛されているワークショップです。

主催は高知県立幡多青少年の家で、色々と試行錯誤して今年で5年目を迎えます。

先日の打ち合わせで、担当の方が今年のチラシ(案)を持ってきてくれました。

夏休みに入る前に、幡多郡内の小学校で配布と同時に申し込み開始となります。

 

多分、多分ですが今年が最後になると思いますので、みなさま奮ってご参加ください。

レジリエンシー

レジリエンシー という言葉を聞いたことはありますか?

 

もし聞いたことがあるとしたら、相当マニアックな方ではないかと思いますが

 

レジリエンシー (resiliency) はしばしば回復力・復元力などと訳されます。

 

使うシチュエーションで色々と意味合いは変化するかもしれませんが

 

ここでいうレジリエンシー とは細胞そのものの復元力・回復力を表します。

 

からだは60兆の細胞が集まって一つとして動いている生命体です。

 

それなのに特定の部位だけが衰えて、その部分だけを鍛えようなんてのはナンセンスだと思いませんか?

 

隣の組織はどうなんでしょうね?

 

からだ、いや筋肉、それよりもっと小さい単位になって細胞レベルで考えたとき、細胞がカチコチだったら…

 

イヤでしょう??

 

もちもちと弾力のある細胞、強いてはからだで居たい。

 

加齢というのは枯れていくということだから、ずっと赤ちゃんの肌のようにもちもちでは居られないかもしれないけれど、できるだけ弾力性があってみずみずしいからだで居たいと思いませんか?

 

そんなみずみずしく弾力のある細胞(からだ)はどんな動きをするか考えてみてください。

 

少なくともロボットのようにカクカク動くということはないはず。

 

であれば、柔らかく波打つように、からだに力を入れるのではなく

 

力を出して、どんどん外へと出して、外と同調して

 

そして、全体と調和を保って柔らかく動き続けることができると

 

相対的にからだのレジリエンシー は高まっていくわけです。

色々な健康方法があります。

 

筋トレ、ヨガ、ピラティス、エアロビクス、水泳、太極拳、合気道…..

 

どれが正しいとかじゃなく、どれも正しくて

 

どれも自分のからだをどれだけスムースに動かすことができるかを知るためのツールにすぎません。

 

からだが弾むように動き始めると、心も弾むようになってきます。

 

自分のからだが硬くなって疲れているなということを感じたら、

 

ゆっくりと休んだ後、からだをのびのび動かしてみてください。

 

そして水分をたくさん摂ってください。

 

からだを動かすのが難しいなと思ったら、ちょっとアップテンポな音を聴いてみたりするのもいいでしょう。

 

もちろん好きな音楽でもOK!!

 

そしてからだの中の水分を巡らせるように、たくさん息をしながらボヨンボヨンと柔らかく動いてみてください。

 

たくさん息をして、たくさん動いたら、たくさん水分をとって、しっかり休む。

 

そうしていると、からだはレジリエンシー を取り戻し始めます。

 

やってくれました!!

四国大会直前のコンディショニングでは意気込みを熱く語ってくれて、

 

僕も自己ベストが30秒更新できるよ!なんて言って送り出したのですが

 

やってくれました!!

 

自己ベストも更新!!

 

そしてインターハイ出場決定!!

 

僕は本当にサポートしかできないんですが、

 

フィジカル、メンタル共に良い状態に持っていくことができると、

 

自分の壁を突き破る力が発揮できるんですね!

 

これから2ヶ月、未到達の地点まで駆け抜けることができるように引き続きサポートをしていきます!